タイミングとマナーが大切!職場で結婚の報告をする時の方法・コツまとめ

記事の著者:Kanako

無事に結婚が決まったあと、職場への報告が必要ですが、難しいのがタイミングです。
職場はオフィシャルな場ですので、社会人としてのマナーを守って報告しなければなりません。
特に女性は、今後の働き方にも影響することなので、タイミングや順序、内容も大切になります。

では、どのようにして報告するべきなのか、注意点などをご紹介しましょう。

1.まずは上司に報告

最初に報告すべきは職場の直属の上司になります。
プライベートな事なので、業務時間帯は避けたほうが無難です。
結婚式はどうするのか、日取り、招待についてしっかり伝えましょう。

また、今後の働き方についても伝える必要があります。
勤務形態や退職について、名字に関しても上司と話し合う必要がありますので、直接口頭で伝える事が大切です。
相手を尊重している事を、忘れずにきちんと表現しましょう。

その後は上司にアドバイスもらい、行動を決めていってください。

2.既に知っている同僚には念押しを

上司より先に、仲の良い同僚に話をしている場合が多いと思います。
その場合は、上司に報告する前に社内での公表をしないよう、念を押しておく事を忘れないようにしましょう。
一番避けなければいけないのは、噂で上司に伝わってしまう事です。

人づてに伝わってしまうと、余計な誤解を招く事になりかねません。
円満に話を進めるために、情報漏洩に気をつける必要があります。

3.職場結婚の場合

同じ日の同じタイミングで報告をするのがベスト。
それぞれ、自分の上司に同じタイミングでの報告を心がけましょう。
その後、二人で一緒にお互いの上司にご挨拶をします。

お互いの上司への報告日が違ってしまったり、あまりにも時間帯がずれてしまうと、上司間の情報伝達により誤解を招く恐れがあります。
時間をぴったり合わせる必要はありませんが、あまり誤差のないように計画しましょう。

4.報告のタイミングは式の3ヶ月前

一般的には、報告は結婚式の3ヶ月前までにしておきます。
披露宴や2次会などの関係もあるので、日程や招待する人のリストが固まった時点で報告しましょう。
最近は結婚式に職場の人を招待しない事も多いので、その場合は正直に上司に伝える必要があります。

また、友人として一部の人を招待する場合もあると思いますが、その場合は、招待しない人への配慮も忘れないようにしましょう。

5.結婚後の仕事について

仕事を続けていく場合は、結婚をしても頑張りたいという意思表示が大切です。
これからも頑張っていくという意気込みが伝わると、印象も良くなります。

結婚を機に退職するのであれば、今までの感謝の気持ちをしっかりと伝えましょう。
仕事の引き継ぎについても、不足のないように上司と相談し、スケジュールをきっちり組んでから退職に望む必要があります。