お一人様生活が問題!?40代女性の結婚を妨げてる7つのこと

記事の著者:Kanako

結婚は30代までに、などと、女性の結婚では、年齢が多く言及されます。40代になってからの結婚は、なかなかハードルが高いと言われることも。

でも、どうして40代になってからでは大変なのか、疑問に思う人もいますよね。

今回は、40代になってからの結婚が難しくなる理由を7つご紹介します。

1.生活クオリティ

40代まで手塩にかけて築いた生活は、それ相応にハイセンスなものになっている場合が多いものです。

結婚すれば、その居心地の良い場所がなくなってしまいます。いざ結婚するとなると、せっかく築いたものが崩れてしまうと考える女性もいるでしょう。

また、その世界に入っていけない男性の側の躊躇もあります。あまりに素敵すぎる生活が、あなたのご縁を遠ざけてしまっているかもしれません。

2.1人がうまい

休みの日には1人で美術館に出かけ、帰りには行きつけのバルで顔見知りの店員との会話を肴に食事と酒を楽しむ。

長い休暇となればふらりと外国に出かけ、一人旅を楽しむ。趣味は最近始めたオーガニックフードの研究……。

気がつけば、なんとも充実したお一人様生活。

そんな女性はとても素敵ですが、男性にしてみれば、入り込む隙を見つけるのが大変な相手です。

1人時間のコーディネイトが上手すぎるのも、問題かもしれません。

3.負けない女

男性に負けるまいと必死に働き続け、それなりのポジションを手に入れた40代。

知らず知らずのうちに身につけた負けず嫌いの性格が、恋愛でもつい顔を出し、衝突してしまう……なんてこと、ありませんか。

恋愛では、多少のミスには目を瞑る寛容さも必要です。

ましてや結婚となれば、より寛容さが求められます。お互いの欠点を受け入れ、共同生活者にならなければいけないのです。

負けない女、強い女でいすぎずに、ときには肩の力を抜いてみてはいかがでしょうか。

4.モテてる匂い

40代独身女性、しかも見た目もイケてる方なら、年上からも年下からもお誘いが多いはず。

そこでつい、私ってモテてる、という勘違いをしてしまっているかもしれません。

それはもしかすると、お酒や食事に誘うのに、ちょうど都合のいい女というだけかも。

モテてる女雰囲気を出してしまっているのは、ある意味イタイ女です。謙虚さが大人の色気にかわる年齢でもあります。

控えめにすることをぜひ心がけてみてくださいね。

5.自分流が確立している

長い間1人暮らしをしていると、しだいに自分流が確立されてきますよね。それは決して悪いことではありません。

でも、あまりにその決まりが多すぎると、他の人はやはり合わせるのが大変になってきます。

すべてを受け入れてくれる稀有な相手と出会えれば、それはとても幸せなことですが、なかなか難しいもの。

結婚すれば、お互いに認識の擦り合わせをしたり、譲歩をしたりする必要が出てきます。もしかしたら、少し相手に合わせるように努めてみると効果的かもしれませんよ。

6.自信がない

今までに色々なことを経験してきて、少し自信をなくしすぎている女性もいるかもしれません。でも、相手の男性は、今のあなたを求めているのです。

昔のことを引きずりすぎて態度に現れてしまっては、なかなか踏み込めません。

今のあなたで大丈夫。過去を引きずる必要は、必ずしもあるわけではないのです。

自分に自信を持って、堂々とするようにしてみてはいかがでしょうか。

7.仕事が命

今までの自分を支えてきてくれた仕事を、何よりも優先する物差しとしてしまう女性に多いです。

あまり仕事を優先しすぎるのも考えものかもしれません。

自分がいなくても立派にやっていける女性に、あえて結婚を申し込むには、それなりの覚悟が必要です。

少し隙を見せたり、余裕があるなら相手を優先したりしてみましょう。

物差しをほんの少し変えるだけでも、効果的なはずですよ。