離婚後に復縁する方法:復縁が成功しやすい夫婦の特徴とは?!

記事の著者:Kanako

離婚したものの、後悔や未練が理由で復縁を望む人は少なからずいます。

一度離婚した夫婦が復縁するというのは、離婚後に違う相手と再婚するよりもハードルが高いもの。しかし、2人の関係性や方法によっては決して不可能なことではありません。

今回は、復縁までのステップや、どんな夫婦が離婚後の復縁を成功しやすいのか紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

離婚した夫婦が復縁するきっかけ

別れてから1人の寂しさを痛感

離婚をしていざ一人で生活をするようになってから、これまで当たり前のように家にいた夫の存在がなくなったことに寂しさを感じ、復縁を考えるケース。

別れた理由は何であったとしても、一度は誓いを交わし愛し合った相手です。公園で家族で遊ぶ光景を見たり、実家に帰って家族の温かさに触れたりすると、「家族っていいな」と思ってしまいます。

再婚がうまくいかなかった

離婚後、新しい相手を見つけ再婚する人も多くいます。その新しい相手とうまくいかず、「別れたパートナーがやっぱり良かった」となって再婚に至る場合もあります。

別れたとはいえ、考え方や価値観など、既に分かっているというのは大きなメリットでしょう。「再婚」というプロセスを経ているからこそ、相手のありがたみを理解でき、より相手を大切に思うことができます。

子どもに復縁をお願いされた

「パパはどこ?」「ママはどこ?」と子どもに言われたら・・・。この子にとってやっぱりパートナーが必要なんじゃないかと考えてしまいます。

子どもがかわいい、気になって復縁するというのはもちろんありますが、親が自分の役割や相手の役割を再認識して、復縁という場合もあるでしょう。

子どもに悲しい思いはさせたくない、親ならきっと誰しもそう思うはずです。

離婚した夫婦が復縁するまでの方法

冷却期間をしっかりと置く

離婚後は、少なくとも半年以上の冷却期間を置きましょう。

離婚を通してあなたの生活はかなりガラッと変わったはずです。離婚後は引っ越し作業や新たな生活のリズムの確立など、肉体的にも精神的にも負担が大きくなります。

復縁をするとなるとお互いの気持ちが整理されていること、冷静になっていることが必要です。離婚後間もないと上記のような状態にあるため、なかなか建設的な話し合いはできません。

一度は距離を置き、相手のことを冷静に「一人の人間」として考えられるまで期間を空けましょう。

連絡を取り合う

冷却期間を置いたら、連絡を取ってみましょう。

別れてからも最低限の連絡を取っていた2人であれば、連絡はしやすいでしょう。目標は、事務的な連絡以外も取れるような関係を築くことです。

そのような関係が築けてから、実際に会う約束や話し合う約束をしましょう。

子どもの手を借りる

子どもの力を借りるのも有効な方法です。

離婚の一番の被害者は、実は当事者2人ではなく子どもの場合もあります。子どもが年齢が幼いほど、両親の離婚を寂しがり「会いたい」と思っているでしょう。

そこで、あなたが元夫と復縁したいと思っていることを伝えることで、子どもが仲介となって復縁の話を進めることができます。

離婚後に復縁できる夫婦の特徴

離婚の際に泥沼化していない

別れを決意した理由が「お互いの成長」など建設的な離婚の場合、時間が経った後に復縁といったケースも多いです。

スッキリと別れられた場合、離婚してしばらく経った後に、互いの成長した姿を見て、もう一度この人と一緒にやってみようかなという気持ちが芽生えるのです。

逆に離婚が泥沼化してしまっているような場合は復縁は難しいでしょう。相手に負の感情を持っているようなことも多く、復縁しようという気もおきないのではないでしょうか。

お互いが尊敬し合っていた

離婚後も、よき友人として、あるいはパートナーとして連絡を取り合ったり、協力するような関係性の人も多くいます。

こういった方は、お互いの長所を認めあっていて、よき理解者でもあるのです。何か問題があって離婚した場合も、その「問題」が解決されるように前向きに取り組みます。

その結果、もう一度やり直そうか、と復縁できる可能性が高いでしょう。

お互いに子どもを大切に考えている

特に夫が子どものことを大切に考えている場合には、かなり復縁しやすくなります。

さらに、子どもが2人の再婚を願っているのであればなおさら復縁できる可能性は高いでしょう。

なんだかんだ子供のことを考えると、両親2人が揃っているのがベストです。子供を口実にして元旦那に近づき、復縁するケースもあります。

連絡が取れる関係が続いている

復縁するにあたっては、いつでも連絡を取れる状態であるかは大きなカギとなります。

離婚してからも経済的なことや子どもに関することなど、必要最低限は連絡を取っているような関係であれば復縁の可能性は高いでしょう。

本当にあなたのことを嫌いであったり憎んでいる場合には、連絡すら取っていないからです。

離婚した夫婦が復縁する方法まとめ

一度離婚しているという事実を踏まえ、冷却期間は必ず半年以上は設けましょう。その後もすぐに復縁を迫るのではなく、継続して連絡を取り合える仲を築いていくことが必要です。

子どもがいる場合には、子どもの力を利用するのも一つの方法。相手も子どものことを大切に思い、心配している時にはなおのことこの方法は有効です。

一方で、離婚からの復縁は簡単にはいかないのが実際のところ。周囲からの目や子どもに与える影響など、自分にはどうにもできない要因が複雑に絡んでいるからです。

そんな時、あなたの悩みをLINEトーク占いを利用して話してみてはいかがでしょうか?元旦那とヨリを戻したい、という話はなかなか知人・両親にはできないですよね。

LINEトーク占いであれば、深夜であってもスマホ1台で簡単に相談できます。値段も初回は10分間無料。ぜひ一度、あなたの胸の内を相談してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]