夫婦別姓手続きの方法・メリット・デメリットまとめ:やっぱり男女平等がいい!

記事の著者:Kanako

夫婦別姓は日本では未だ馴染みが薄く支持率も低めです。日本では約96%の既婚女性が結婚と同時に夫の名字に統一しています。

しかし、フリーランスの仕事などに就く若い世代の女性からの「結婚する前の姓でいたい」と希望する声も少なくありません。

現在の日本の法律では、やはり夫婦別姓をとるのは様々な問題に直面し、難しい道と言えます。それでも、諸事情でどうしても結婚後も夫婦別姓をとらなければならないとしたら、どのような方法があるのでしょうか。

メリット・デメリットも含めて紹介していきます。

夫婦別性とは

その前に、そもそも夫婦別姓がどういうものなのか知らない人も多いはず。

夫婦別姓とは、どちらかの姓に名字を統一することなく、お互い結婚前の名字を保持しながら家族形態を作ることをいいます。

現在、夫婦別姓といわれるものは2種類。

1つは、非法律婚。結婚の手続きをせず、生活は一緒にしたりする、いわゆる事実婚です。

2つ目は、選択的夫婦別姓。結婚する夫婦が同姓にするか別姓にするか選べる制度のこと。制度としてまだ正式に認められていませんが、近い将来、この選択権が与えられるかもしれません。

夫婦別性にする方法

事実婚による夫婦別姓の実現

近年増加傾向にある事実婚は、役所に婚姻届を提出しなくて良いため、夫婦別姓が実現出来ます。

メリットとしては、個人の自由に婚姻関係を結ぶ手軽さが挙げられます。

しかし、役所で手続きをふんでいないことから、事実婚で子供が生まれても「非嫡出子」扱いとなるため、扶養家族控除や多くの各種手当が受けれらないという大きなデメリットが発生します。

年金の問題も関わってくるため、一生に関わる事実婚は慎重に検討しなければなりません。

通称夫婦別姓

通称夫婦別姓とは、役所へ婚姻届を提出して戸籍上は同姓となりますが、職場では結婚前の姓を名乗ることを指します。

フリーランスで仕事をしている女性にとっては、同じ姓を名乗り続けることで不遇を受けず、大きなメリットを感じることでしょう。

しかし子供がいる場合、夫婦どちらかの姓を名乗らなければならないため、子供に対して大きな影響を与えてしまうことが最大のデメリットとして挙げられます。

夫婦別性のメリット

男女平等だと実感出来る

結婚することを「お嫁に行く」といいます。これは、女性に対してのみ使われますよね。

結婚後には、戸籍・キャッシュカード・免許証・パスポートなど全ての変更手続きが待っています。この煩雑な処理も女性のみが行います。

夫である男性は、結婚をしても何の苦労もありません。女性だけが格下の扱いを受けます。

夫婦別姓をとることで、女性はこういった手続きから解放される上に姓を変えなくても良いことから、男女平等だと実感出来ます。

女性の社会進出の助けとなる

世界に比べて、日本は女性管理職の数が少ないことで有名です。女性議員の数も少ない、職場では女性だからと雑務を任される、昇進しないため給与があまり上がらない、家事や育児は女性が行うなど今でも、日本は男女不平等社会です。

日本の現行の民法上「婚姻後はどちらの姓を名乗っても良い」とされていますが、ほとんどの夫婦が男性の姓を名乗っていますよね。

これが男女別姓に改正されたら、古い慣習から解放されて少しずつ女性の社会進出が成されるでしょう。

社会に於いてのみならず、家庭内でも西洋諸国等のように、夫婦それぞれ平等に家事を行う日も夢ではありません。

夫婦別性のデメリット

不倫しやすい

一般的な夫婦は、婚姻後夫婦同姓となります。女性が男性の姓を名乗るようになることで、男性は家族を守る責任感を持ちます。「自分には家庭がある」という自覚を持つため、節度ある行動をとる人が多いでしょう。

しかし、夫婦別姓だと夫婦間の絆が強くないため、結婚しているという自覚があまり持てなくなります。女性であれば姓が変わらないために、結婚しているかどうかが分かりません。

この状況では、不倫が急増していくのも納得できます。

離婚率上昇の可能性

先に挙げた通り夫婦同姓であることで、男性は自分の名字を名乗る妻子を守りたいという責任感を持ち、女性は夫に守られている安心感が芽生えます。しかし別姓になるとどうでしょうか。

また、まだ日本では夫婦別姓が浸透していないため、子供が疎外感を感じて孤立する危険性も挙げられます。

こうして家族間の姓が違うことから絆が薄れていき、ただでさえ高い日本の離婚率に拍車をかける可能性があります。