マリッジブルーによる婚約破棄の原因と回避する方法:過去を振り返る

記事の著者:Kanako

マリッジブルーとは、結婚が決まり幸せの絶頂期にいながらも様々な不安や環境の変化でストレスが生じ、軽くうつ状態になってしまうことをいいます。

せっかく婚約したのに婚約破棄になってしまったという体験談も少なくないです。しかし、マリッジブルーになったからといって焦る必要はありません。

結婚は人生を大きく変えるイベントなので、本当にこの人でいいのかと迷ってしまうのは当たり前のことです。重要なのはどのように婚約破棄を回避するかです。

そこをどう乗り越えるのかはあなた次第です。もう一度彼との今までの思い出を冷静に振り返ってみることで、考えが変わってくるかもしれません。

それでもどうしても悩みが解決しない場合は「LINEトーク占い」で占ってもらいませんか。業界最安値な上、ラインを使っている人なら誰でも簡単に始められます。

マリッジブルーで婚約破棄する原因とは?

以下では、マリッジブルーで結婚が破談する原因をご紹介。

自分たちの状況に当てはまってしまっているものは無いか、確認してみましょう。

すべてにおいてマイナス思考になってしまう

恋人とのささいなすれ違いで言い合いが多くなってしまい、だんだん上手くいかないのかなと悩み始めたら軽くうつ状態になってしまったりする場合もあります。

なぜ結婚するに当たってうつ状態になるかというと、環境の変化は人間にとって非常にストレスを与えるからです。

結婚するのにストレスを感じるなんておかしいと思う方もいるかもれませんが、結婚で住所が変わったり仕事が変わることで大きなストレスと幸せが入り混じります。

この感情が上手くコントロールすることができなくなって、マリッジブルーののち破談してしまったというケースがあります。

結婚相手に嘘をつかれた

結婚相手とは深い絆で結ばれていると思いきや、結婚直前で嘘が発覚してしまった場合です。

嘘にもよりますが、ギャンブルをやめてなかったり、借金がバレたり思わぬ嘘があって破談してしまったということも。

多少の嘘なら理解できますが、結婚生活に影響がありそうな嘘をつかれてしまっては通常でも破談するかどうか迷うところです。

それがマリッジブルーの最中にわかったときには、スムーズに破談してしまうことがあるようです。

金銭面で不安になった

彼が結婚が決まっているにも関わらず、転職したいといってきた。

月の生活費のやりくりでとんでもない金額を提示された、など結婚前に金銭感覚のズレが発覚してしまいマリッジブルーに陥って破談してしまったというケースもあります。

お金の価値観が合わなければ結婚生活は困難なものとなるでしょうし、そういった不安から破談に至る場合も少なくありません。

親や義実家と意見が合わなかった

幸せと同時に環境の変化が控えている中、孤立無援になってしまった場合もマリッジブルーから破談になりやすいようです。

親族と揉めてしまったり、パートナーまでもが自分の側に立ってくれず、孤独な婚前生活を送ってしまった結果、破談になってしまったというケースがあります。

親の意見はとても重要ですし、共に関わっていかなければならない問題でパートナーが一緒に動いてくれなければマリッジブルーも悪化してしまいますよね。

ささいなケンカが続きマリッジブルーに

結婚前は結納や親族への顔出し、結婚式に追われて多忙になることがあります。

そのなかで結婚する当事者が揉めてしまい、合わないと判断して破談になってしまったというケースもあります。

結婚を決める前に焦らず相手の性格を見極めて自分の最後のパートナーとしてふさわしいか判断したほうがいいでしょう。

マリッジブルーによる婚約破棄を回避する方法

以下では、マリッジブルーによる婚約破棄を回避する方法をご紹介していきます。

マリッジブルーに悩まされている方は、ぜひチェックしてみて下さいね。

過去の異性関係を整理する

もっとも多いトラブルは、異性関係の問題です。いざ結婚の準備を始めると異性関係がちゃんと整理されておらず、元恋人と関係が続いていたり、言えないような秘密を抱えていたりと土壇場でも揉めて婚約破棄になってしまうケースです。

今までの関係をズルズル続けられるほど結婚生活は甘くありません。きちんと過去の異性関係はきっちりさせておきましょう。

もしそういった事が大沙汰になると、婚約破棄の慰謝料も請求される可能性もありますので注意しましょう。

結婚式のプランは一緒に進める

お互い仕事をしながら結婚式の準備をするため、負担が偏ってしまうと衝突が増えマリッジブルーになる方が多く居ます。

焦って進めてしまうと時間に追われ、結婚式までの幸せな時間がケンカの毎日になりかねません。

2人の大切な結婚式ですから、時間にゆとりをもって一緒にプランニングしていきましょう。

お互いの意見を尊重し進めることで、その時間も大切な思い出になるはずです。

理想と現実は違うことを理解する

付き合っていても、婚約してやっと分かる性格もあったりします。二人の歩幅をまさに一緒にしていくスタートラインが婚約ですので、これから理解をしなければいけないことがたくさんあります。

結婚したらこんな風にしたかったのに、彼と意見が合わない。最初に言っていたことと話が違うことなどといったことがたくさん出てきます。

結婚の理想と現実は100%合うわけではないことを頭にいれ、歩み寄る努力をしましょう。

ケンカした時のルールを作る

もしも些細なことで婚約相手とケンカをしてしまったら、一度落ち着きましょう。家族や友達に相談してみることも大事です。

一旦距離をとるのも良いでしょう。些細な事で別れようと思う相手なら、結婚を急ぐ必要はありません。

どんな困難も乗り越えていかなければならないのが結婚です、一度婚約したから後戻りはできないというような自分の人生を棒に振るうような考えはやめて一回頭を冷やしてみましょう。

親族との関係は前もって築いておく

結婚の挨拶までほとんど彼の両親とあったことがないという場合、親族と折が合わないということになりやすいです。

結婚を見越している場合は、交際期間中から定期的に彼の両親と会って、あらかじめ関係を築いておきましょう。

結婚の挨拶で始めて会ったという場合は、その後密なコミュニケーションをとるように心がけ、実際の夫婦生活が始まる前にトラブルが起きないように仲良くなっておきましょう。

過去の思い出を振り返る

マリッジブルーは、新しいスタートラインに立つための心の準備期間です。

思わぬアクシデントで恋人と意見が合わなかったときに、このまま結婚してもいいのかなと悩むことがあります。

そういった時は、恋人との馴れ初めをもう一度思い返してみましょう。

一緒に歩んでようやくたどり着いた結婚です。昔の写真やメールなどを読み返して、楽しかったあの頃を思い出してみましょう。

もう一度二人のことを考えることで、心が穏やかになり、素敵な人生が目の前にあると考えて前向きに進むことが出来るでしょう。

本当に結婚していいのか悩んでしまったら

とあることをきっかけに、彼との結婚が本当に正しいのか悩むようになってしまったという人は占い師さんに相談してみませんか。

自分の両親や友人だと相談してもあなたをよく知りすぎている上、自分の願望なども入ってくるため、客観的なアドバイスをしてもらえないという場合があります。

そこで思い切って第三者に相談してみるのも一つの手でしょう。また、占い師さんたちは何万人もの相談を乗ってきているため、的確なアドバイスをもらえるはずです。

特に「LINEトーク占い」なら、誰もが使っているあのLINEを使って、占ってもらえるため気軽に始めやすいです。リアルタイムのチャットか電話の2つのうちから選べます。

価格も業界最安値です。LINEトーク占いなら、実際にどういう行動すればよいのか具体的にアドバイスをくれるため、実践しやすいです。

また、チャットであれば文章として残るので何度も見返すことができます。

占ってもらうことで、どれが自分にとって幸せな未来なのか確認してみませんか。後悔しない人生を送るためにぜひ試してみてください。