結婚が羨ましいと思う瞬間:嫉妬を溜め込まず結婚への一歩を踏み出そう

記事の著者:sakurascafe19729

幸せそうな夫婦を見ると、どうしても結婚を羨ましく思ってしまうもの。友達の結婚式やSNS投稿を見て嫉妬してしまう女性も多いはず。「幸せは結婚することで2倍になる」そんな言葉が浮かんでくる人もいるでしょう。

しかし他人と比べることなく自分が幸せになる方法を第一に考えることが大切。羨ましい気持ちを溜め込むのではなく、彼氏に結婚をアピールする、新たな出会いを探すなど自分も結婚できるように行動してみましょう。

結婚が羨ましいと思う瞬間

以下のような瞬間に他人の結婚を羨ましいと思ってしまう人が多いです。

幸せそうな夫婦生活を見たとき

結婚が羨ましい瞬間と言えば、旦那さんとラブラブの姿や幸せそうな家庭をみたとき。

「私も結婚して幸せな家庭を作りたい」「結婚っていいものだな」などと感じ、結婚に憧れてしまうでしょう。結婚をすると大好きな相手との子供を持つことができ、家庭を作れます。これは結婚していないとできないこと。

結婚したい理由に、幸せな家庭や家族をつくることを挙げる人も多いです。家庭ができることで責任感も強くなり、仕事でもやりがいが生まれるという人も多くいます。

友だちのSNS投稿を見たとき

結婚する相手にも寄りますが、結婚して時間に余裕がある主婦は多い。SNS等のタイムラインに見かける「今日、ランチしてきました」の文字。

その他にも主婦率の高いハンドメイド工作やお出かけ等の投稿を多く見かけます。実際に、日中銀座や新宿でショッピングしている方は主婦が多いです。

結局のところこれは時間に余裕があるからできるこす。子供がいない主婦であれば尚更。「結婚して自分の趣味に時間を使いたい」と思い、結婚が羨ましく感じます。

孤独死を連想したとき

結婚する理由の一つに、将来の不安がないことが挙げられます。独身生活では楽しいことも多いですが、寂しさを感じるときもあるのが事実。また、孤独死を連想して将来的な不安をどうしても考えてしまいます。

結婚したところで、将来絶対に一人じゃないとは言い切れませんが、安心感が生まれます。将来的なことを考えると結婚が羨ましい、と思ってしまうのです。

友達の結婚式に出席したとき

友達の結婚式に出席し、友達とその結婚相手のキラキラとした姿を見たときに羨ましいと感じるでしょう。

結婚式は、一組のカップルのために大勢の人々が集まって祝福をする晴れ舞台。自分も素敵な結婚式を挙げたいと羨むのも無理はありません。

嫉妬心から解放される方法

他人の結婚を羨ましいと感じ嫉妬心を抱いても、自分が辛くなってしまうだけ。嫉妬を溜め込まず、素直に羨ましいことを認め自分も結婚できるように行動してみましょう。

羨ましいという気持ちを受け入れる

自分が独身の状態で幸せそうな結婚を羨ましいと思ってしまうのは自然なこと。そこで羨ましいという気持ちを無理に押し込めてしまうと、ストレスが溜まってしまします。

羨ましいと思っている自分を素直に認め、周りに「羨ましい」と発散してしまいましょう。押し込めてモヤモヤしている状態よりも落ち着き、心に余裕を持つことができるはず。

彼氏がいるなら結婚をアピール

結婚への羨ましい気持ちを解消できる一番の手っ取り早い方法は、自分自身も結婚してしまうという方法。

自分も友達と同じフィールドに立てば、「羨ましい」という気持ちも消えることでしょう。彼氏にそれとなく会話を切り出してみたり、あなた自身が家事を普段やらないのであればやるようにしてみたり、結婚後の生活を意識した行動をとってみましょう。

新しく結婚相手を探す

結婚が羨ましいと感じたら、あなた自身も結婚できる方法を探しましょう。おすすめは、結婚を求めるユーザーが多くあつまる楽天オーネットで結婚相手を探すこと。

楽天オーネットは、会員数は業界最大級、成婚退会数も平成で12万人以上と実績がある楽天グループの結婚相談所。データや顔写真によるマッチングの他に、会員同士の婚活パーティも行われていて、自分合う方法で出会いを探すことができます。

サポート体制が整っているため、本気で婚活をしたい人には特におすすめ。

楽天オーネットの結婚チャンステスト

恋愛以外の別のことに打ち込む

あえて恋愛以外のことに打ち込んでみるのもおすすめ。あまりにも結婚に対して執着すると、男性は引いてしまい、逆に結婚を遠のけてしまうこともあります。

そうなってしまっては元も子もないので、そうならないように恋愛からいったん距離を置いてみましょう。趣味や仕事に打ち込んだり、新しい習い事を始めたり、自分を高めることができそうなことに挑戦してみるのが良いです。

そうすれば、必然的に人間としての魅力が増し、男性から「結婚したい!」と思われるような女性になれるかもしれません。

SARAS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。