まずは自分を見つめよう!離婚直前から関係を修復する方法5つ

記事の著者:Kanako

夫婦関係が悪化してしまい、離婚直前まで話が行ってしまった場合、夫婦関係を修復するにはどうしたらよいのでしょうか。

下手をするとそのまま離婚という事にもなりかねません。

そこで今回は、そういった事を避けるために、離婚直前から夫婦関係を修復する方法についてお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

今の問題は長期化しているものか考える

あなたの今抱えている悩み事が、一時的なものであるのか、根本的なものなのかをよく考えなければいけません。

たとえば、離婚理由でもっとも多い「性格の不一致」というのは、もう2人がどんなに努力をしてもどうしようもないことです。

しかし借金や浮気など、生活の中で起きてしまった事件は、一時的なものかもしれません。

一時的なものは思い切って乗り越えると腹を据えれば、離婚という事態は避けられるかもしれません。

冷静に話し合う

離婚を言い渡されても、それを望まない場合には、まずどうすればいいのでしょうか。

まずは相手の言い分をしっかりと聞き、自分が反省すべき点はきちんと謝罪、改善することが離婚回避に向けての第一歩です。

自分自身の気持ちを落ち着かせれば、相手の気持ちの落ち着きもとりもどさせるきっかけになります。

その上で、相手に対して、自分なりの考えを丁寧にかつ冷静に伝えるようにしましょう。

自分にも原因があると自覚する

慢性的な暴力、いわゆるDVなど一部の行為を除いて、不貞行為にしろ短絡的な暴力にしろ、そこには必ずする側にもされる側にも理由があるはずです。

例えば浮気を例にすると、あなたの異性としての魅力を維持する努力を怠ったことによるセックスレスが原因で、別の異性に心が奪われてしまったかもしれません。

その場合、当然浮気を実行したほうに非はありますが、もともとの原因は、居心地の良い環境を作れなかった二人に問題があるのです。

夫婦としてのコミュニケーションを図る

夫婦である以上、意見が食い違うのは自然なことです。

ただ、喧嘩をした後に一切それを改善しようと努力しない、相手とのコミュニケーションを拒むというのは絶対によくありません。

つまらないプライドによってこれ以上溝を深くするようなことがないよう、言葉にし、相手と接触を増やして相手に気持ちを伝える必要があります。

相手に対して好意を伝える

離婚直前なのですから、当然二人の間の溝というのはかなり深いもののはずです。。

それを少しずつ埋めていくには、相手に対して好意を表現する以外にありません。

相手のささやかな行為に感謝を伝えることや、相手の行為や頑張っている姿をほめることなどがあげられます。

相手を肯定する言葉を何度も繰り返し伝えるうちに、相手の頑なだった心も和らいでいきます。

そういった小さな行為から信頼が生まれ、相手の気持ちが変わるというミラクルが起きるかもしれません。