他のみんなはどのくらい?母子家庭の生活費とやりくりのコツ

記事の著者:Kanako

母子家庭の生活費って、いったいどのくらい必要なの?どのくらいでみんなやりくりしてるの?

母子家庭のあなたも、これからもしかして母子家庭になりそうなあなたも、ちょっと気になるところですよね。

母子家庭になった時のお母さんの平均年齢は33.0才で、末の子どもは4.7才だそうです。

お母さんもまだ若いし、子どもも未就学のことが多そうですね。お母さん自身の平均年間就労収入は181万。

月額にすれば15万ということになります。今回は母子家庭のいくつかのパターンをとりあげて必要な生活費をみていきましょう。

母子家庭パターン1:正規社員で手取り13万6千円

収入

給料:136,000円
児童扶養手当:35,000円
児童手当:10,000円

支出

家賃:31,000円
電気ガス水道代:11,000円
携帯代:5,000円
食費:25,000円
託児所代:6,000円
子供と本人の保険:12,000円
雑費:10,000円

収入合計 181,000円  支出合計 100,000円

この方の場合は、会社に併設の託児所があるそうです。母子家庭でなくても、小さいお子さんのいるお母さんには最高の環境ですね。

家賃や光熱費も安くおさえられているので、赤字にならないよう。

パターン2:正規社員で手取り15万円

収入

給料:150,000円
児童扶養手当:27,000円
児童手当:10,000円

支出

家賃:40,000円
電気ガス水道代:14,000円
通信費:5,000円
携帯代:10,000円
食費:25,000円
学校関係:10,000円
ガソリン代:10,000円
通勤用駐車場:5,000円
車ローン・保険:37,000円

収入合計 187,000円 支出合計 156,000円

車が欠かせない、地方のほうに住んでいる方です。

赤字になったことはないとみたいで、削れるところがご自分の食費くらいで、かなり節約を心がけておられるみたい。

母子家庭になるときは、実家を頼ることができれば、経済的にも精神的にも良いです。

パターン3:パート・アルバイトで手取り8万円

収入

給料:80,000円
児童扶養手当:42,000円
児童手当:10,000円

支出

家賃:60,000円
電気ガス水道代:20,000円
携帯代:10,000円
食費:20,000円
保育料:17,000円
子供と本人の保険:12,000円
ガソリン代:18,000円
子どもの習い事:5,000円

収入合計 132,000円  支出合計 162,000円

こちらの家計はかなりの赤字。

足りない分は日払いのキャバ嬢をしてまかなっておられるとか・・・

節約や貯金のテクニック

1.手当は可能な限り貯金にまわす

児童扶養手当や児童手当、別れた配偶者から養育費をもらっているなら、できるだけ貯金にまわしましょう。子どもと2人、もしくは3人暮らしの場合、食費もさほど必要になりません。

子どもは大きくなるほどに教育や食費にお金がかかってしまいます。毎月の家計簿は赤字にならないように、給料額に見合った生活を心がけましょう。

2.お給料をもらったら、まずは仕分ける

お給料日には、この作業を必ず実施してください。一月に使う生活費の仕分けです。

袋ごとにおおよその光熱費、食費、日用品、子ども費などをあらかじめきちんと分けておき、あまったお金がある場合は、貯金しておきます。

この作業をすることで、つい気が緩んで使いすぎてしまうことを防げます。

3.まずは光熱費を節約

光熱費は、毎月決まって発生するいわば固定した出費になります。

普段から電気のつけっぱなしをやめ、使わない電化製品はプラグを抜くなどの徹底した節電、お風呂のため湯は、洗濯に使うなどの節約を心がければ、1ヶ月、1年と確実に節約することができるのでおすすめです。