専業主婦のストレスとその解消法:美味しいものでストレスにさよなら!

記事の著者:Kanako

専業主婦のストレスは尽きません。朝は家族のだれよりも早く起きて、夜はだれよりも遅く眠る。自分の時間もあまりなくて、心が疲れてしまいます。

今回は、そんな専業主婦ならではのストレスや解消法をご紹介。

ストレスの解消法にはいろんなものがありますが、ネットの占いサービスを使って話を聞いてもらうということも一つの方法です。

LINEトーク占いなら、普段使っているLINEアプリからそのまま占い師とやり取りができ、人には話しにくいような悩みでも気軽に話せるはず。価格も1分100円からとリーズナブルなので、ぜひ試してみてください。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

専業主婦のストレスの原因

1.家事を手伝ってくれない

本来、家事は家族が協力して行うものです。しかし、専業主婦は一日中家にいるのだから時間も手間もかけた家事ができて当然、という暗黙の了解があります。

「家の中は常に綺麗で、料理もいつも手作り」といったような過度な期待をかけられることは非常に苦しいです。また、家事を少しも手伝わない夫に、家事について文句を言われるというストレスもあります。

2.「専業主婦ならやって当たり前」という周囲の視線

専業主婦=仕事をしていないのだから家のことはすべてやって当たり前、といった考えを多くの人が持っています。

そのため、毎日食事を作り洗濯をして掃除をすることも当然とされ、感謝を述べられることも褒められることもほとんどありません。

また、直接言われることは少ないかもしれませんが、「専業主婦って楽でいいわね」「一日家でいるなんて暇じゃないの?」といった言葉をストレスに感じる人もいます。

常に子供と向き合う大変さや自分の時間をとれないストレスなど、専業主婦には専業主婦なりに悩みを抱えているのに上記のようなことを言われると「一体自分の何を知っているんだ」という気持ちになりますよね。

3.育児で自分一人の時間が取れない

専業主婦だからこそ子供の成長をずっと見ていられる、というメリットももちろんあります。しかし、ひとりの時間がほとんどないのも事実。トイレに行くのにもついて来られたり、寝静まったと思ったらまたすぐ起きたり、子供につきっきりになります。

大人とのように会話できないので、しっかり話そうと思うととても時間が必要です。また、自分の友達と会う予定もこども次第となります。このように育児が理由となって、自分の思うように行動できずストレスが溜まるというケースも多いです。

4.ママ友との関係

人間関係のストレスはいつになっても尽きないもの。特に、ママ友同士の人間関係は子供の人間関係にも影響してくるので、より慎重になっていまい、負担がかかります。

少しでもママ友と関係こじれると関わるコミュニティも小さくなってしまうため、自分の位置や他人のことが一層気になってしまうので、大きなストレスとなるのです。

5.夫との関係

休日もずっとゴロゴロしていて何もしない、妻が家事をするのが当たり前だと思っている、一生懸命料理を作ってもごちそうさますら言わない、など実際に生活を共にするようになってから分かる本性もあります。

ちょっとでも文句を言いかけると、うるさいと耳をふさぎ聞いてくれない場合もあるようです。

6.家計が苦しい

家事をしっかりとこなし家庭を守っているのだから、たまには友達とお茶をしたり、趣味に時間を使う時間も必要です。しかし、自分の自由に使えるお金がない…なんてことも。

夫から預かった給料を食費や家賃などの生活費に割り振ると、自分のために使うお金が残らなくなってしまいます。すると、せっかくできた自由な時間も好きなことができないで終わってしまいます。

時間ができてもお金がなくて好きなことができないということは、とてもストレスです。

7.生きがいを見失いそうになる

主婦となって勉強や仕事に追われるストレスがなくなったと思ったら、生きがいを失って、何をしたらいいかわからないというストレスが現れます。

いざ専業主婦になってみたら新たなストレスだらけで、理想像として描いていた結婚生活とは期待はずれ。また、仕事を始めたいけど、子供もいるし何をしたらいいのかわからない、と悩みっぱなしになってしまいます。

専業主婦のストレス解消法

1.美味しいものを食べる

とにかく美味しいものを食べる、という人が多いようです。月に一回や週に一回など、頻度を決めておけば楽しみに向かって頑張ることもできるし、食べた時の幸福感が増します。

高級な食事に行くことはできなくても、コンビニのちょっと高いスイーツや、有名なお菓子屋さんのケーキなどのちょっとしたものを食べてみるのも良いかもしれません。

2.体を休める

ストレスが溜まった時はしっかりと体を休めてみましょう。休みの日などに子供を夫に任せて、自分は心ゆくまで寝てみたり、温泉に浸かってみたり。

入力と睡眠だけでも十分に心身ともに癒されますが、整体に行ってみることもおすすめです。整体では、体の歪みを取るとともに自律神経を整えて、ストレスを軽減することもできます。

整体院のカラダファクトリーは、子供と一緒に入店できてストレス軽減や骨盤矯正など様々なメニューを取り揃えているので、ぜひ一度プロの施術を味わってみてはいかがでしょうか。

3.運動する

ストレスが溜まって、心ばかりが疲れてしまうことも多々あります。体にも同じくらいの負荷がないとバランスが悪い、という理由で運動を始める人も多いです。

お金がかからないものならランニング、多少お金をかけてもいいならジムやヨガがおすすめ。とくに、ヨガなら激しい運動はしないので、長い間運動をしていない専業主婦の人でも始めやすいでしょう。

4.資格や免許を取得する

趣味として、資格や免許を取得するために勉強を始める人もいます。最近は資格でもジャンルが幅広く、自分が好きなものや得意なものを選んで始められることが特特徴です。

また、資格や免許は仕事にも繋がりやすいので、専業主婦から新しく仕事を始めたくなった時にも役立つこともポイント。

5.ストレスを感じていることについて誰かに話す

誰しも、日頃抱いている悩みを誰かに話すことができないと、自分で溜め込んでしまってストレスがたまってしまうもの。

そんな状況に陥らないためには、自分の悩みを誰かに話すことがストレス解消にはとても効果的です!しかし、家族以外との交流が少ない専業主婦にとって、家でのストレスを発散できるような相手を探すのは難しいかもしれません。

そんな時におすすめなのが、電話占いに相談してみるという方法。LINEトーク占いでは、1分100円~という安心価格で、家にいながらも専門の鑑定士に悩み相談をすることができます。

いつも家にいて、家事や子育てに追われる毎日のちょっとした息抜きに電話占いを試してみては?スッキリして悩みから解放されること間違いなしです。

LINEで今すぐ相談[スマホのみ]

6.仕事に出てみる

子供が幼い時には厳しいかもしれませんが、ある程度手がかからなくなったら働いてみることも一つの方法かもしれません。パートなど週1から働ける仕事や、短い時間からでもシフトに入れる仕事などであれば、子育てとの両立も十分可能でしょう。

仕事を始めてみることで、ママ友以外の新たなコミュニティができますし、自分が自由に使えるお金も手に入ります。また、家庭という閉鎖的な環境から出ることで、社会に貢献しているという実感も得ることができ、自分自身の生きがいを見つけやすくなるかもしれません。

専業主婦のストレスまとめ

専業主婦ならではのストレスをご紹介しましたが、ずっとストレスを溜めているのは良くない状態です。相談ができる環境やリラックスができる環境を準備してしっかりとストレスは解消してください。

全国各地に店舗を構えるカラダファクトリーは、整体・骨盤矯正を中心としたボディメンテナンスを行ってくれるサロンです。家事育児に追われる女性におすすめなメニューもあるうえ、子連れでも安心して通えるのがポイント。

自分の好きな時間帯に予約もできるので、自分へのご褒美としてカラダファクトリーで身体をリラックスさせてみてはいかがでしょうか。