お客さんに恋した時の対処法:3ステップで恋愛対象として意識させよう!

記事の著者:Kanako

毎日たくさんの人と関わる接客業。中にはお客さんに恋をしてしまった!という人も少なくないでしょう。

お店としてお客さんと恋愛関係になることが禁じられていない場合は、積極的にアプローチしてみては。今回は気になるお客さんと付き合うための3ステップを紹介。またNG行動も紹介しているので、ぜひ参考にしてみて。

ステップ1:まずはお客さんに覚えてもらう

最初のステップは「店員さん」というぼんやりとした存在から「あなた」という個人になること。店員の〇〇さん、というレベルまで持っていきましょう。

お客さんに覚えてもらう

お客さんに恋をしたら、まずはそのお客さんにこちらの存在を覚えてもらうのが第一歩。おすすめはお客さんの好みを把握し「お好きなんですね」と、一言気づいていることを伝えることです。

店員さんににいつも注文する商品やメニューを覚えてもらえると、お客専としてもそれだけで嬉しくなるもの。覚えていてくれた事実が好印象につながると、来店したときに話しかけられることも増えてくるでしょう。

笑顔を向けてみる

人は笑顔を向けられると、笑顔で返そうとする心理がはたらきます。お客さんに恋した場合は、この心理を利用するのが吉。接客をするときやお会計のときにとびきりの笑顔を向けてみて。

恥ずかしがって笑顔を返さないお客さんもいますが、笑顔を向けられたという印象はそのお客さんの心の中に強く残ります。それを繰り返していくうちに、お客さんの中であなたに対する好意が高まっていくはず。

心を込めた接客をする

恋したお客さんに接客するときは、忙しかったとしても心を込めた接客をするようにしましょう。

他のお客さんと比べて露骨にひいきするのではなく、恋したお客さんをきちんと観察し求めているサービスを提供します。

たとえば飲食店であれば、お水やおしぼりを出すタイミングなどに配慮するだけで、印象に残りやすくなるかも。

ステップ2:距離を縮めて恋愛対象に

お客さんに覚えてもらえるようになったら、ここから会話や恋愛テクを駆使し店員○○さんから恋愛対象へのランクアップを狙いましょう。

チラチラと視線を送る

チラチラ見られていると、やはり意識してしまうのが男性というもの。その心理を存分に活用して、視線作戦で意識させるのがおすすめです。

例えば他のお客さんの接客中や移動中など、遠いところから彼のことを見つめてみたり。そして目が合ったらあわててそらし、なかったことにする。そんな動きをしている店員がいれば、彼も脈ありを期待して気になってしまうはずです。

こちらから声をかけて距離を縮める

飲食業であれば、お目当てのお客さんが店内で何か作業をしているということもあるのではないでしょうか。パソコンを叩いていたり、何か計算をしていたり。実はこのタイミングは、お客さんに恋する女性にとっての大チャンスです。

そっと近づき、水を注ぐついでに「お仕事ですか?」と彼に尋ねてみてください。接客対象としてでなく、自分個人に興味を持ってくれたという事実は彼の心に残るはず。

おつりを渡すときに手が触れるよう工夫

好意を伝える方法のひとつにボディータッチがありますが、さすがに接客中にお客さんに触れることはできません。チャンスがあるとすれば、お会計のときにおつりを渡す瞬間でしょう。

お客さんの手を包むようにしてお釣りを渡すと、そのお客さんはきっとドキドキしてしまうはず。さりげないボディタッチで、彼に自分を恋愛対象として意識させてしまいましょう。

この時に緊張してしまい手が震えてしまったりぎこちなくても、それも相手は可愛いなと思ってくれるかも。しかし気にかけすぎるのも不自然なので、スムーズにできそうであれば挑戦しましょう。

「あなたは特別です」アピール

店員さんに好みを覚えてもらっているというだけで既に特別感はにじみ出ていますが、それだけではまだ不十分。「お客さんの好みを覚えている」というのは業務上、義務としてやっていることだと捉えられる可能性もあるからです。

そこで効果的なのが、彼への差し入れやおまけなど。飲食業であればプレゼントとして彼の好きなお菓子を差し入れたり、お土産として手渡してみたり。アパレルなどであれば、試作品などを渡してみては。

そして「特別ですよ」という一言を加えるのを忘れずに。店員さんからの特別なプレゼントは、強く印象に残るはずです。

ステップ3:デート、そして告白へ

ステップ2で恋愛対象へランクアップできたら、ゴールは目前。最終ステップではデートと告白を成功させ、彼の恋人としての立場を確かなものにしましょう。

連絡先を渡す

連絡先を渡すと言っても、個人として渡すのでは不自然さが残ってしまいます。まずは「新作のスイーツが入荷したら連絡したいので」「〇〇さんにぴったりのブラウスが入荷したんですよ」など、あくまでお客さんと店員という関係を崩さずに。

お店のショップカードやパンフレットの裏に連絡先を書いて渡せば、この時点で脈ありだった場合連絡が来る可能性は充分あるといえるでしょう。

何度かやり取りを繰り返し日常的に個人的なやり取りをすることができるようになったら、次は店員・客関係を超えたやり取りにステップアップしていきます。休日の予定や趣味を聞いたりして、彼のことをもっと知りたいという姿勢を見せていってください。

デートに誘う

何度か連絡を取り合いお互いのことを知ってきたら、次はデートに誘ってみましょう。

この時点で、彼の好みはなんとなく把握しているはず。「彼の好きそうなシナモンロールを発見した」など口実をつくり、彼を個人的に誘い出しましょう。何度もデートを重ね、彼からも誘われることが増えれば、両想いはすぐそこです。

告白へ

何度もデートに乗ってきてくれ、そして彼からもデートに誘われている時点で既に脈あり。この段階にいる人は、彼とカップルまでもう秒読みという段階ではないでしょうか。

彼に告白してもらうよう仕向けるもよし、自分から告白してしまうもよし。自信を持って好意を伝えてみてください。きっと彼も笑って受け入れてくれるはずです。

お客さんに恋をした時のNG行動

お客さんに恋をすることは接客業であれば珍しいことではないかもしれませんが、お客さんからすれば珍しいことかも。

あまりガツガツとアピールをしすぎると、引かれてしまう可能性も低くはありません。ここではNG行動を紹介するのでぜひ覚えておいて。

始めから好きアピールをする

たとえ一目惚れであったとしても、仲良くなる前から好き好きアピールをするのは逆効果。相手のお客さんもびっくりし、警戒心を持ってしまいます。

たくさん話しかけたりと距離を縮めるのは大切ですが、はじめのうちは他のお客さんにも同じようにし、特別に話しかけているわけではないことを示しましょう。そうすることで、相手に怪しまれることなくスムーズに距離を縮めることができるはず。

プライベートに踏み込む

これも上記と同じ理由ですが、お客さんは近づいてくる店員に対して少なからず警戒心を抱いているもの。

この警戒心を拭うためにも、2人で遊びに行くことができるほど仲を深めるまではプライベートに踏み込みすぎないようにしましょう。

始めは他愛のない話で話しかけていき、2人でデートに行くようになったら仕事の話や恋愛の話など、徐々にプライベートに踏み込んでみて。

思い切って告白してしまうのも◎

Omiai

お客さんに恋をして恋愛関係になるまでには、相手が友人である時に比べてはるかに長い道のりかもしれません。そうした中でやっと恋愛関係になることができたのなら、自分から告白をしてみては。

もし失敗してしまっても大丈夫。世の中には素敵な男性・女性がたくさんいるので、新しい恋を探してみて。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す