年収400万の夫と結婚した後の生活:お小遣いは夫婦合わせて3万円!?

記事の著者:Kanako

20代後半から30代前半にかけて、平均的な年収は400万円前後と言われています。

つまり、現実的に結婚相手になり得る平均的な男性とイメージすることができます。年収400万円の夫との結婚生活は、どのようなものになるのでしょうか。

今回は、年収400万円の夫と結婚した後の生活についてご紹介します。

年収400万円の夫との結婚生活

結婚生活となると、1人暮らしに比べるとかなり出費が増え多くの家庭が節約を考えるはず。

しかし、具体的にどのくらい金額を何の費用にあてていいのか分からない、どの節約方法が効果的なのか分からないという人もいるでしょう。

今回は、年収400万円の夫と結婚した場合の、各費用の目安とおすすめの節約方法を紹介します。結婚生活をしていくときの参考にしてください。

家賃は8万円、他の固定費を合わせて15万円が目安

生活にかかる固定費ですが、家賃としては8万円程度に抑えるのがいいでしょう。

他にも保険代の支払い、水光熱費や携帯料金、ネット通信費などを合わせて、どんなに多くても「15万円」程度をひとつの目安にします。

年収400万円であれば、手取りの月収は20万円後半になることが多いので、半額弱は生活に必要な支出になることをあらかじめ考慮しておきます。

食費の目安は4万円

年収400万円であれば、毎月の食費の目安として「4万円」としましょう。

自炊だけでは疲れてしまうこともあるので、月に数回は外食することも考えると、自炊で3万円前後、外食で1万円以内に抑えるのがポイントです。

夫の昼食に愛妻弁当を持たせるなど、食費の節約を心がけると、夕食には主菜に副菜2品、汁物をつけることができるのではないでしょうか。

マイホームは2,300万円までにする

年収400万円であれば、実際に手取りとなる額面は約330万円となります。

そのなかで生活水準を落とすことなく返済できる「返済負担率25%」を考えると、ローンとして年間に返済する金額は約83万円です。

これは、住宅ローンとして2,300万円まで借入できるということです。

住宅の規模やこだわりなどを夫婦や家族で話し合い、必要ないところをできるだけ節約していけば、幸せなマイホーム生活も十分に営むことができるのではないでしょうか。

お小遣いは夫婦で3万円が目安

家賃や食費など、生活に必要となる支出を差し引いて、残ったお金の中からお小遣いを割り振っていくことになります。

雑費となる支出や将来に備えた貯蓄などを考慮して、お小遣いは「夫婦で3万円」までにしておきましょう。

昼食にかかる費用は、お弁当を持参して節約するなどしていけば、自分で使えるお金も維持することができるはずです。

子どもの成長に合わせて共働きも考える

夫の年収が400万円でも、生活のなかにいろいろな工夫や節約を取り入れることによって、専業主婦としての十分な生活をすることができます。

一方で、将来を考えると、子どもの学費や老後の生活など、少しでも貯蓄を増やせるように、共働きすることも夫婦で検討しておきましょう。

子どもがある程度大きくなったら、正社員として復帰することはもちろん、年収100万円程度のパートタイムでも、将来設計には大きく役立ちます。

子ども服にはフリマアプリ

子どもの服ならフリマアプリを使って購入してみましょう。新品で買うより安く買うこともできますし、子どもが大きくなって切れなくなった場合は、逆に販売することもできます。

また、近くのショッピングモールなどでたまに行っていたりするフリーマーケットなどで服を購入するのもおすすめです。

子どもはすぐに大きくなりますので、子ども服はできるだけ手軽に済ましたいですね。ブランド品を買うのもいいのですが、それよりはフリマアプリなどを使った方が予算的にお安く済みます。

もしかすると子どものブランドが服がフリマアプリで出品されている場合もあります。

新品で買うより中古で買い中古で売れば差額で考えると新品を買うより低予算で子どもに着させることができる可能性もあります。上記のようにすると子どもの洋服代を節約できるでしょう。

携帯代を見直す

支出で意外と料金が高いのが携帯料金だと思います。携帯料金を見直すことで節約できるでしょう。

3代キャリアのドコモ、au、ソフトバンクなどが有名ですが、今なら格安SIMがあります。こちらを使うと月の使用料が3,000円以下で使用できます。

格安SIMですとたくさんの会社で行っているので家族にあった携帯料金設定を選べば現在より安く携帯を利用することができるのです。

中には、youtubeなどの動画が見放題のオプションがある会社もあります。そして、SNSの通信料が無料という会社もあるのでぜひ検討してみてください。

携帯代金はとても家庭を圧迫する要因ですので考えてみてはいかがでしょうか。

光熱費の節約

光熱費の場合、月に節約できる額は少なくても、年間など長い目で見るとかなりの節約になります。

電気をこまめに消すなど基本的な節約も大切ですが、家電の買い替え、節約グッズを取り入れる、契約を変更するなどより効果的なものがおすすめ。

例えば、家電の購入にはお金がかかりますが、最新の家電は消費電力がすくないため、年間にすると数万円単位で電気代が安くなったというケースもあります。また、フィルターの掃除を行う、設定温度を見直すことも電気代の節約につながります。

ガス代、水道代に関しても、残り湯を洗濯に使う、ため洗いをする、など基本的に知られている節約術も効果的です。その他にも、節水シャワーヘッドを活用して使用する水の量を減らす、除菌フロートによってお風呂の残り湯をきれいにするなど、アイテムの活用をしてみてはいかがですか。

年収400万の夫と結婚した後の生活まとめ

年収400万円の夫と結婚した後の生活のポイントは、毎日の生活の中では節約に心がけながら、月に1度はご褒美として息抜きを楽しむこと。家族そろっての外食や、あまりお金のかからない範囲で遠出するなど、気分転換と思い出づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

しかし、高収入男性と結婚したいけれどなかなか出会いがないという方もいるはず。そんな方には、楽天オーネットがおすすめ。

楽天オーネットは大手ネット企業の「楽天」が運営する結婚相談所(2018年11月に親会社が変更されました)。ネットでお相手男性のプロフィールを検索でき、あなたの希望にあったデータマッチングが特徴。もちろん人によるサポート体制も充実しているので安心です。

楽天オーネットの特徴

  • インターネットで婚活プラン&料金シミュレーションが無料でできる
  • ネットでお相手を検索できる
  • データマッチングやコーディネートサービスが充実
楽天オーネットの結婚チャンステスト