離婚のベストタイミング&見極め方5選:離婚を決断する前にするべきことは?!

記事の著者:Kanako

結婚して夫婦生活を送っているといろんな問題があるでしょう。

そして、今までに夫婦間の問題や、育児問題、両親との関係などといった問題が原因で、一度は離婚を考えた事がある人は意外に多いのではないでしょうか?

しかし離婚を考えたことはあっても、いざ実際に離婚しようとなるとなかなかの勇気が必要。

今回はそんな離婚を考えたことがある人たちのために、離婚の前に考えてほしいことや離婚のベストなタイミングを紹介します!

離婚したいと思っているけれど本当にするべきなのか分からない、夫に伝えたいけどどう伝えていいか分からない、という方はココナラの電話占いで相談してみてはいかがでしょうか。

ココナラの電話占いでは、占い師があなたの悩みを親身に聞き、現在の状況や相手の気持ちなどを占いながらあなたにピッタリのアドバイスをしてくれます。今なら3,000円分のクーポンを利用できますので、ぜひ試してみてください。

電話占いココナラに相談

離婚を決断する前にすべきこと

1.相手がどう思っているのか確認する

離婚をしようかと考えるにあたっては、相手がどう思っているのかを事前に確認するというのはとても大切なことです。

離婚というのは当然、どちらか片方だけがしようと思っていてできるものではありません。相手が納得して離婚に合意して、初めて離婚が成立するのです。

相手がどのくらい離婚をしたいと思っているか、あるいは、あなたが離婚したいと思っている要因を相手も認識しているのか、といったことはその後の話し合いに進め方にも大きく影響します。

なので、まずは相手の気持ちを確認することが重要です。

2.離婚を決断する前に時間をおいてみる

離婚というのは、人生においても重要な決断になるので簡単に決められる問題ではありません。そして、離婚したいと相手に伝えてすぐに離婚できるということはほとんどないでしょう。

相手に離婚したいという気持ちを伝えていたい状態で突然「今すぐ離婚しよう」と伝えた場合、相手は混乱に陥りさらに2人の関係が崩れてしまったり、中には暴力的なケースに発展することもあります。

離婚しようとしているのでしたら、すぐに決めるのではなく、相手に離婚したい気持ちを伝えたうえで、半年なら半年と期限を決めておいて、それでも2人の関係が改善しないようであれば離婚するという方法をとるのがオススメです。

どんなに離婚したいという気持ちが強くても即決するのではなく、相手にその意思を伝えたうえで一定の期間をもうけるようにしましょう。

3.相手が変わってくれるのを待ってみる

離婚を見極めるタイミングの方法として、相手に離婚したい旨を伝えてから、相手が離婚したくないという時には、相手が変わってくれるのを待ってみるというのも一つの手です。

相手は「離婚したい」といわれて初めて気付く事もたくさんあるはず。

今までの態度や、相手を思いやる気持ちであったりと自分の行動を見つめ直すチャンスを与えてみても良いかもしれません

ここであなたに心がけてほしいのは、相手のことをまっさらな気持ちで見るということ。一度離婚を考えた相手のことは「どうせ〇〇だろう」と決めつけてしまいがちです。

しかし、それでは相手が変わろうとしていることにも気づけないかもしれません。相手の努力を見逃さないようにするためにも、感情的にならず冷静に相手と向き合いましょう。

4.「本当に離婚したいのか??」自分の気持ちを整理してみる

離婚を考え出してから離婚するタイミングを見極めるには、自分の気持ちを一回整理してみるということもとても重要です。

今は離婚したいと思っているとはいえ、一度は愛し合って結婚した相手。自分が相手に対して本当にどう思っているのか、自分が変わって上手くやっていくことが出来ないのかをもう一度しっかり見つめ直してみてもいいかもしれません。

離婚したいという感情は一時的なものではないか?相手の好きな部分はどこなのか?どんなところが嫌なのか?など、改めて考える時間を作りましょう。

5.離婚後の生活の準備をしておく

離婚を考え出してから、相手と色々話し合った上で離婚することが決まったと仮定した場合の離婚のタイミングとしては、お互いが新しい生活の準備ができてからになります。

離婚が決まったからといって、すぐにお互いが新しい生活を始められるわけではありません。どちらかが出て行くのなら新しい新居への引越しが必要になってきます。

なので正式に離婚が決まったら、お互いの新生活の準備が整ってから離婚することをおすすめします。

離婚のベストなタイミングはいつ?!

離婚したい、と考えている方の中には「今すぐ離婚するのがいいのか?」「子供の成長を待った方がいいのか?」など、どのタイミングで離婚するのがいいのかと悩んでいる方も多いでしょう。

以下では、離婚のベストタイミングはいつなのかご紹介します。

相手が離婚に同意してくれると確信した時

離婚はお互いの合意が絶対条件です。そのため、あなたが離婚したいと思っていることをきちんと相手に伝え、それを納得してもらう必要があります。

もちろんあなたが離婚したい!と思ったタイミングで離婚できるのが一番ですが、相手との関係の様子を見ながら話せそうな時期を見計らうことが大事です。

離婚を切り出すにあたっては、時間帯や場所などを含めいくつかポイントがあります。以下の記事を参考にしてみてください。

  • 成功率90%以上!離婚の切り出し方7つ
  • 熟年で離婚する場合:退職金をもらってから

    熟年夫婦の離婚となると、離婚後の収入の中心は年金となることが多いでしょう。しかし最近の社会状況を見ると、年金が安定してもらえるとは言い切れないのが現状です。

    そこで離婚後の財産分与に夫の退職金が含まれるか否かは、その後のあなたの経済状況に大きく影響しますよね。

    そこで熟年夫婦で離婚を考えている場合には、夫の退職金から慰謝料や財産分与を見込んだうえで、夫の退職時期に合わせて離婚するのがオススメです。

    子供が未成年の場合:小中高の入学前に!

    子供が幼い時に親が離婚となると、子供にも精神的負担がかかりますし、学校での苗字問題や転校といったさまざまな問題が絡んできます。

    そのため、子供が小さいうちに離婚するのはあまりオススメできません。しかしどうしても離婚を選択するのであれば、できるだけ子供へのフランが少ない方法を選びましょう。

    離婚を機に、他の町へと引っ越して新しい生活をスタートさせる人も多いはず。通い慣れた学校を転校するというのは、親が思っている以上に子供にとって負担となります。

    そこで、幼稚園から小学校に上がるタイミングや小学校から中学校に上がるタイミングなどがオススメです。

    子供がいない場合:結婚してすぐの方がベター

    結婚してすぐであれば、子供がおらず親権や養育費の問題などが絡まないため、2人の問題として対処できます。

    上記のような問題が絡んでくると、離婚の手続きも一筋縄にはいかずに長引くことが多いです。そのため、離婚を少しでも考えている場合には、子供を作る前に別れた方が後のためにもいいと言えるでしょう。

    また、結婚してある程度年数が経っていたとしても同様に、別れのタイミングをダラダラと引き延ばすのは良くありません。夫婦の期間が長いほど、慰謝料や財産分与の問題が複雑になるからです。

    相手の不倫・暴力が原因の場合:証拠を集めてから

    相手の不倫やDVを理由として離婚を望む場合、離婚裁判となることが多いです。その際に重視されるのが、相手が当該行為をした十分な証拠があるかということ。

    立証できないと離婚判決を得ることや、慰謝料を獲得することが難しくなってしまいます。そのため、ベストなタイミングとしては、証拠をそろえられた時と言えるでしょう。

    しかし、十分な証拠を集めることよりも、あなた自身を守ることの方が圧倒的に重要なことです。

    精神的苦痛や夫のDVに耐えられなくなる前に、たとえ決定的な証拠が見つけられなくても警察や福祉事務所に相談しましょう。

    まとめ

    離婚したいと考えたら、まずは相手の気持ちを確認してみてください。そして相手の気持ちを知ったうえで、可能であれば離婚の決断まで半年ほど時間を空けましょう。

    その期間で相手の変化を見たり、自分の気持ちを整理するなどして離婚するタイミングを見極めていきましょう。

    時間をおいても相手と離婚したい意思が変わらず、離婚を決断する方もいるかもしれません。その時は、しっかりと考えて出した結論であるはずなので、実際に離婚の手続きについて考えましょう。

    時間をおいても離婚を決断すべきなのか分からなかった…という方は、周りの知人に相談するのも良いですが、占い師に頼ってみてはいかがでしょうか?

    ココナラの電話占いでは、占い師があなたの悩みを聞いたうえで、多様な占術の中からあなたに合った方法で鑑定してくれます。そして、あなたが今後どのようにしていくべきかアドバイスをもらうことが可能。

    電話占いは自分の空いている時間に、スマートフォン1台で鑑定してもらえるため忙しい方にもオススメです。離婚に関して悩んでいる方はぜひ一度、ココナラの電話占いで相談してみてはいかがでしょうか。

    電話占いココナラに相談