程よく相手を褒めよう!離婚の話し合いのコツ

記事の著者:Kanako

できれば簡単に、夫婦2人だけの話し合いで離婚を成立させたいと考える方は少なくありません。

実際に、夫婦だけの話し合いで離婚を成立させる「協議離婚」を選ぶ夫婦は80%を超えており、なるべく裁判所を利用せずに解決しようとする人が多いことが分かります。

離婚の話し合いを行う場合、どのようなことに気をつけるなら、養育費や慰謝料などを自分に有利に持っていくことができるでしょうか。

一方的だと思われない条件交渉

専業主婦である場合やパート勤務や派遣勤務で仕事をしている場合など、離婚後金銭的に困ると考えられる側にとっては、養育費や慰謝料などは現実的にも最大の交渉ポイントになります。

そのようなときには、相手に「一方的な要求だ」と思わせないように交渉するのが重要になります。

例えば、慰謝料は相手の言い値で納得する分、養育費はこちら側の主張を通すことや、貯金は相手に渡して住居はこちらがもらうなど、お互いが平等であるという印象を与えながら交渉することが効果的です。

ハードルを下げて条件交渉

子どもがいる場合の離婚の話し合いの中でも、重要な部分である養育費。養育費を取り決める話し合いにもちょっとしたコツがあります。

例えば、子どもが2人いるので養育費には月に最低10万円は受け取りたいと考えている場合、敢えて「二人だから6万円×2で12万円はもらいたい」と言います。

そして相手側が12万円は無理だということになってから、「私も仕事を頑張るから、10万円はなんとかしてね」と言う風に本来の要求額に持っていくことができるのです。

このように、敢えて高い要求を始めに提示することで、本来の要求を通しやすくするのです。

相手にとっても「自分の主張が通った」と感じることができますので、お互いが満足できる結果へと導くことが可能です。

相手を褒める

夫婦が離婚をするときは「相手に我慢ができないから離婚をする」というケースがほとんどですが、最後の我慢だと思って相手をほめることで交渉を思い通りに持っていくことが可能です。

たとえば、「親なんだから養育費払ってよね」と言うならば、売り言葉に買い言葉で相手も「そっちも親なんだからなんとか育てていけば」となってしまうかもしれません。

ですが、「子どもには良いお父さんでいてくれてありがとう。本当に子どもの幸せのためにいつも頑張ってきたんだと思う。これからも良いお父さんとして養育費を払ってね」と言うならば、本当は良い父親でなかったとしても、うなずかざるを得なくなってしまいます。

環境を整える

不快な部屋では、お互いにイライラとしてしまい、話が平行線をたどることになってしまいます。良い話し合いを行うためには、話し合うための場所を準備することが必要です。

心地よい温度と湿度の部屋で、話し合うようにしましょう。

また、自分側の味方を連れていくことは避けましょう。母親や兄弟、その他の人など、明らかに自分サイドの人間を同伴するなら、相手も頑なになってしまい、良い結論には至らなくなってしまいます。

公平さを保つためにも、2人だけで話し合いましょう。