逆に理想的?!性格の不一致で離婚する前に確認しておくべきこと5つ

記事の著者:Kanako

離婚の理由は様々な理由がありますが、性格の不一致で離婚というケースが増加傾向にある様です。

子供が居なければ通用するかも知れませんが、もし子供が居る場合はもう少し考えてみて下さい。

離婚は子供への悪影響が大きく、結果後悔する事が多いからです。

性格がぴったり合っていないのが合っている場合もある

性格が真逆で合わないと思う方は、実を言うと最高の夫婦になれる可能性があります。

自分の持たない物を相手が持っているという事は凄い事で、特に新婚の夫婦が性格が合わないから離婚しようと思うという場合は、もう少し視点を変えて考えてみましょう。

若いうちは分からなくても、長く居る事で気付く事もあります。結婚してすぐの場合は、もう少し一緒に居てみてから考えても良いと思います。

離婚の正当な理由として通用するか

離婚は、婚姻を継続できない程の大きな理由がない限り成立するのが難しく、性格が合わないという理由だけで正当に離婚するのは難しいかもしれません。

そもそも、なぜ結婚したか?という事にもなります。

子供が居る場合は、デメリット部分が多いので、よく考えた方が良いでしょう。夫婦双方の理由で離婚するのは勝手ですが、子供には何も罪はありません。

これから長く生きていく上で、小さいながらに普通に生きている大人以上にハンデや心の傷を負う事になります。

世の中には様々な理由で仕方なく別れる夫婦もいます。

理由の中には子供を守るためというものもあり、仕方なく離婚するケースもありますが、それほどまでに大きな問題なのかをあらためて考えましょう。

性格が合わないなら環境を変えるのも手

性格が合わないという事は、ある程度、自分・もしくは相手が変われば良いという事。では性格はどうやって変えるのか?考え方を変えるのはとても難しいと思います。

最も簡単な方法は環境を変える事です。環境が変化すれば人は変わり、性格も変わる言っても良いでしょう。

子供がいるのであれば、子供を中心に生活する事で環境が変わります。スポーツや習い事を一緒に初めて見るのも良いでしょう。

離婚にはお互いの同意が必要ですが、お互いに性格が合わないと考えていても、修正する努力はしたのでしょうか?もう一度冷静に考えてみましょう。

絶対この人ととは無理…と諦める前にちょっとしたきっかけで変える事も可能です。

共感できるものひとつでいいから見つける

人生は長い、何も無いと刺激が無い…この人といてもつまらない、私は幸せじゃない。と思っている人は目標を持ちましょう。

又、生きる上でパートナーとの共感できる事があれば、性格の不一致という言葉は消えるでしょう。何も無いから何もしないのではなく、生きる上で共通で目指す物を考えましょう。

そこで苦しみを一緒に乗り越えたり経験を共有する事で良い夫婦の絆

自分が変わってもいいと思えるか

何を言っても変わらない相手には、何を言っても無駄です。その事で毎回ストレスを感じている事がもったいないと思います。

だったら自分が変わろう、多少相手に合わせて生活してやろうと思えるなら、夫婦の関係は改善の余地があります。