上司との不倫がバレる理由:社内不倫をしやすい女性の特徴は?

記事の著者:Kanako

既婚者である会社の上司や同僚に、いけないとわかっていても惹かれてしまう…。その結果、社内不倫をすることに。そんなケースは、珍しくはありません。

不倫は後ろめたいことなので、周囲に関係を隠している人がほとんどです。しかし、ある日気付くと2人の関係が明るみになっていることがあります。どうして隠していたはずの社内不倫がバレるのでしょうか?

今回は、社内不倫が始まってしまうバレる理由やきっかけ、どうしても付き合いたい際に、付き合うための対策、社内不倫に走りやすい女性の特徴を紹介していきます。

目次

社内不倫がバレる理由

社内不倫すると、高いリスクを背負うので注意しましょう。

もし不倫がバレた時は、職場での立場がなくなり、訴訟問題に発展することも。

どうして社内不倫がバレてしまうのか、その理由を探っていきます。

親密な雰囲気を感じる

職場に好きな人がいると、ついつい浮かれてしまうものです。バレるはずないと思ってちょっとした、スキンシップをしてしまうこともあるでしょう。しかし、こういった行為は絶対にNG。

本人はバレないとも思っても、普段見せない笑顔や相手をかばうような行為は、周りがちゃんと観察しています。

相手が上司であった場合、やけに他の人とは自分に対して態度が違っていたり、よく面倒を見てもらっていたりすると、周りは怪しむ可能性が高いです。

デートを目撃

「ホテルの部屋から出てくる姿を見た」「明らかに私服で、2人が電車に乗って親しげに話していた。」などの目撃情報によって社内不倫がバレることは多いです。

職場近くで会わないことはもちろん、休日でも、デートをうっかり目撃されて、不倫がばれてしまうケースは多いようです。

なんとなくの直感

職場の同僚は社内不倫を直観でわかってたり、勘づいたりもするようです。

職場という小さなコミュニティーにいると、少しの変化に敏感になるものです。行動・言動・顔つき・服装など、いろいろなところに変化は現れます。

コミュニケーションが不自然

たとえ本人たちにしかわからない言葉であっても、社内メールで待ち合わせの約束をしたり、業務中に目に余るような行動をしたら、思わぬところから不倫関係の情報は漏れるものです。

たとえ言葉を交わさなくとも、アイコンタクトが増えたりすると、周囲は何となく察するでしょう。また、逆によそよそしくしすぎることも不自然に見えてしまいます。

そっけなくしたり、目を合わせないようにしたりしすぎることで、何かあったんじゃないかと疑われやすいです。

社内でのいちゃつき

イチャついているところを誰かが目撃してしまった場合、ガールズトークですぐに広まってしまうでしょう。

エスカレーターやロッカールームなど、少しの間でも2人になったところで我慢できずにいちゃついて、それがばれるきっかけになるそうです。

相手が上司の場合も、特に可愛がられたり、褒められることが多いなど、他と明らかに違う扱いをされてしまいがちですが、そうしたこともいちゃついてるように見られて、バレるきっかけになってしまうかもしれません。

内緒話が噂話へ

ついつい親友に言ってしまったり、アリバイ作りのお願いをしたりするために職場の人に不倫のことを話すことがあるかもしれません。

誰にも言わないでと約束したことも、どうしても広まってしまうものです。

社内不倫がバレたときの対策

社内不倫がバレてしまった場合、様々なリスクが伴います。もし、社内不倫がバレてしまったときはどうすれば良いのでしょうか。

バレてしまった、またはバレてしまいそうな時に行うべき対策を紹介していきます。

ごまかす

もし誰かに社内不倫を疑われてしまっているようならば、まずはごまかしてしまいましょう。疑ってきている相手が1、2人など少数の場合は、「そう見える?確かに仲は良いかもしれないけど、不倫なんてしてないよ」と言ってしまえば、それだけでその話は終わるかもしれません。

このとき、動揺したり、強く否定したりするような態度を取らないように注意してください。不自然な態度をしてしまうと、相手に嘘をついてることがバレてしまいます。

いざという時に動揺しないためにも、誰かに疑われたり、デートを目撃されてしまったりした場合に備えてあらかじめそれらしい理由を作っておくと良いです。

別々に話を聞かれた際、食い違ったことを言ってしまわないように、二人でこういう場合はどう答えるかを話しておきましょう。

信頼できる人に相談する

社内で噂になってしまったり、向こうの家族に疑われていたりして、大事になってしまいそうなときは信頼できる人に相談してみることが大切です。

友人や上司などに相談することで、自分がどうすべきかを考えることができるでしょう。一人で抱えきれないものは、誰かに話しを聞いてもらうことで気持ちが楽になります。

しかし、話す相手を間違えると、より事態を悪化させてしまう危険もあるので、相談者選びは慎重に行いましょう。

別れる

社内不倫がバレたり、バレそうになったら、潔く別れるのが良いでしょう。不倫を続けていても良いことはありません。恋しい気持ちをこらえて関係を断つことが、自分や相手、相手の家族のためになります。

また、バレてしまったとしても、「もう別れました」とはっきり言えたほうが大事にならずに済むかもしれません。つらいことですが、社内不倫のような危険な恋はやめて、新しい恋に目を向けてみましょう。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す

相手の家族に謝罪する

バレてしまったら、しっかりと相手の家族に謝罪しましょう。自分に置き換えて考えてみれば、不倫がどれほど相手の家族を傷つける行為であるかが分かるはずです。

自分のしてしまったことをしっかりと認識し、相手や相手の家族が望む要求には応えるようにしましょう。誠意を込めて謝罪をすることで、向こうが話し合いでの解決で済ませてくれるかもしれません。

穏便に解決したとしても、二度と同じことを繰り返してしまわないように、相手とは縁を切ってください。

会社を辞める

最終的な手段とも言えますが、社内不倫がバレてしまったときに一番有効な対策は、会社をやめることです。ごまかしきれないような状況になったら、この先働いていく上で様々な問題が出てきてしまいます。

その前に自分からやめてしまえば、大事になることは回避でき、また、相手との縁も切りやすいでしょう。

不倫が会社にバレた場合は、やめさせられたり、何らかの処罰がある可能性が高いので、そうなる前に自ら去るほうがいくらかマシと言えるかもしれません。

社内不倫が始まるきっかけ

禁断の愛に憧れる人も、危険な恋愛は絶対に避けたい人もいるでしょう。そんな危ない社内不倫がはじまるきっかけは一体何なのでしょうか?

一度社内不倫をしてしまったという人も、きっかけとなるようなことを事前に知って、二度と繰り返さないように気をつけましょう。

1. 配属部署が一緒になる

同じ会社といっても、配属先が違えばそうそう会うものではありません。もしも顔を合わせたとしても、頻繁に会話することはまずないでしょう。

それが、同じ部署に勤務するようになったことをきっかけとして二人の距離が一気に縮まることがあるのです。また、指導担当の上司という関係から、仲が親密になることも多くあります。

その後に色々と社内不倫が発展していくわけですが、ことの始まりが配属変えというケースは珍しくありません。

2. プロジェクトやチームが同じになる

同じ部署になることの発展形ですが、同じプロジェクトやチームのメンバーになることも社内不倫の発端になり得ます。

かなり絞られた具体的な、そして場合によっては実現困難な目標に対して協力して挑戦することになるので、より強い連帯感が発生するでしょう。

その精神的な結びつきの延長で、不倫関係に進んでいくんだとか。

3. 残業で2人きりになる

大勢の社員が居る中では、なかなか2人だけで落ち着いて話す状況はありません。しかし残業の際、他の社員たちが帰り残るは自分たち2人だけとなったら話は別です。

広いオフィスに2人しかいないということが高揚感につながり、2人の距離を縮めます。

その後に連れ立って夕食へ、そこで親睦を深め、先ほど高まった感情も手伝って、というトントン拍子が不倫が発生しやすくなってしまうのです。

4. 出張で一緒になる

遠方の出張に連れ立って行くことも、大きなきっかけの1つになります。まず移動距離が長いため、その間ずっと隣に座りっぱなしで、おのずと話をする雰囲気になり、距離が縮まってもおかしくありません。

目的地に着いても基本的には一緒に行動することになりますし、食事やホテルも当然同じでしょう。1泊2日ならともかく、数日かけた出張ならばそこまで一緒に居て仲が進展しないことのほうが不思議かもしれません。

職場の人とプライベートのようないつもとは違う雰囲気で一緒になると不倫に発展する可能性が高いでしょう。

5. 飲み会や打ち上げ

仕事中はあまり関わったことのない職場の相手と飲み会などで出会うこともあります。

みんなが盛り上がっている中では会話も弾みますし、お酒の勢いもあって急激に親密になることもあるでしょう。

酔いのせいとしてしまうのは安易かもしれませんが、アルコールに背中を押されて普段ならしないようなことをしてしまったという経験は、誰しも覚えがあることです。

その「普段しないこと」が社内不倫の始まりとなることは十分に考えられます。

6. 相談をする

仕事のことやプライベートなことなどの相談に乗ってくれる相手に恋愛感情を抱いて、という場合もあるでしょう。自分が辛い時に手を差し伸べてくれる人は貴重な存在です。

同僚であったら、同じ痛みを理解して励ましてくれます。女性は共感を得ることを好む傾向が強いので、こうした状況にも弱いです。また、上司であったら、豊富な経験から適切なアドバイスをくれたり、年上ならではの大人の余裕で包み込んでくれるでしょう。

力になってくれればくれるほど感謝とともに好意を抱き、相手が頼もしく見えてしまうということも影響しているのかもしれません。不倫相手に本気で好意を抱いてしまうのもこのようなケースが多いです。

7. 社員旅行

今まで述べてきたきっかけの内容のいくつもを備えるのが「社員旅行」。

出張や飲み会、一緒に行動といった要素が多く含まれており、この社員旅行がきっかけとなることが非常に多くあるようです。

社内不倫には特別、あるいは普通ではないような印象が付いて回りますが、その誘因自体はどこにでもあるような些細なきっかけがほとんどと言えます。

どうしても別れたくない際に、関係を続ける方法

不倫を経験している・したことのある人からすると、社内不倫は普通の不倫よりも注意しなければならないことがたくさんあるようです。

最後に、どうしても別れたくない際に、関係を続ける方法をご紹介していきます。どうしてもあきらめられない際は、リスクを覚悟で以下のことを実践してみて下さい。

もちろん、不倫は社会的に良いとされていることではないので、それをきちんと念頭に置いておくようにしましょう。

1.誰にも言わない

特に、社内不倫が始まったばかりの頃。気持ちが浮かれていると、仲のいい同僚や友人にこっそり話してしまいたくなるかもしれません。

しかし油断は禁物です。信用している人でも、うかつに不倫のことを話すのはやめましょう。

基本的に、女性はウワサ話が大好きなので、「秘密にしておかなきゃ」と抑えれば抑えるほど、人に話したくなってしまう生き物なのです。

話されたら最後、自分が知らないところで噂が広がってとんでもない結末になってしまうかもしれません。

2.社内では自然な関係でいる

職場に不倫相手がいる場合、どうしても他の人と違う態度をとってしまいがちですが、会社にいる時はあくまでもお互い自然体でいるように心がけましょう。

また、女はカンが鋭い生き物なので、あなたと不倫相手が2人きりの時に漂う独特の雰囲気で、関係に気づいてしまう場合もあります。職場ではなるべく2人になる状況を避けましょう。

仕事上でどうしても必要な場合は仕方ないですが、気持ちを抑えきれずに無理に2人きりになるのは危険です。

3.アリバイ作りは完璧に

不倫関係は、普通の恋愛とは違います。デートやお泊まり、ましてや旅行になんて簡単には行くことができません。

もしどうしても行きたい場合は、完璧な理由をつけたり、徹底的にアリバイを作ることが肝心です。

どうしても休みの日に会いたくなってしまった時は、外でしか楽しむことのできない趣味を作っておくとそれを口実に会いに行くことができるかもしれません。

また、デートの後も気を抜いてはいけません。一緒に見た映画の半券や、レストランのレシートなど、2人で会っていた証拠になるようなものは、絶対に職場や家で捨てないようにしましょう。

4.待ち合わせや社内メールは禁止

知り合いがいない場所だと思っていても、世間は意外と狭いもの。どこで知っている人に会うかわかりません。

不倫相手とデートをする時は、いかにも「待ち合わせ」という雰囲気で会うのは避けましょう。もし知り合いに会ってしまっても、言い訳ができる状況を作っておくのがコツです。

また、不倫相手と社内専用メールでやり取りするのもNG。不意に見られてバレてしまう可能性もあります。

連絡をとるのは、携帯だけにしておいたほうが賢明です。

5.同じ日に休みを取らない

社内不倫のウワサが立ってしまう原因として多いのが、二人が休みをいつも合わせていること。

どちらか一方でも家庭を持っていると、土日には会いづらいのが現実。デートするために、どうしても平日に有休を合わせて取りがちです。

しかし、2人が同じフロア内だった場合、カンが鋭い人からすると怪しく思われるかもしれません。

1日ゆっくりとデートしたい気持ちはわかりますが、2人で同じ日に有給をとるのは年1回くらいのペースがいいでしょう。

社内不倫をしてしまう女性の特徴

同じプロジェクトチームになることや、一緒に出張するなど、社内不倫が始まりやすい場面、不倫関係をうまく続けるためのコツを紹介してきました。

実際に社内不倫をしてしまう女性は不倫関係を知らされないために口が固い人や年上の男性に惹かれるなど、様々な特徴があります。

ここからは、社内不倫をしてしまう女性の特徴を5つ紹介をしていきます。

1.口が堅い

絶対に秘密を漏らさない、口が堅い女性は、職場で不倫相手として狙われやすいといえます。

肉食系女子の間逆のタイプと言ってもいいでしょう。

社内不倫は、情報が漏れたら命とり。普段から口数も少なく、黙々と仕事に打ち込んでいる女性は、不倫していることをペラペラと話すことがありません。

勤務態度がマジメな女性は、不倫に対してもマジメ。「バレたら迷惑をかけてしまう」という思いから、さらに口を固く閉ざします。

2.友達が少ない

友達が少ない女性は、男性からすると声をかけやすいもの。

同時に、放っておけないような寂しい雰囲気あり、男心をドキッとさせる存在でもあります。

そして友達が少ないと不倫のことが広まる可能性も低いため、余計に不倫関係に持ち込んでこようとする男性もいるようです。

3.地味な服装を好む

派手な女性は一緒に歩いていて目にとまりやすいので、いくら美人でも、職場での不倫関係には持ち込みたくないのが男性の本音。

その点、地味な服装を好む女性なら、一緒にいても目立ちにくいというメリットがあります。

また、地味な女性は比較的、行動も派手ではありません。少し幸が薄そうな雰囲気が、逆に男心をつかむということもありますね。

派手にアクセサリーなどをつけてない分、お金がかからないところも魅力の一つでしょう。

4.ファザコン気質

特にファザコン気質がある女性の場合は、自ら望んで不倫関係を選んでしまう傾向があります。

職場であると、上司と行動を共にする中で恋愛感情が芽生え、それが態度にも正直に出てしまいがちです。

年下の女性からそんな態度を取られれば、男性としては悪い気がせず、気づけばズルズルと不倫関係になってしまうことも。

ファザコン気質の男性には年上が好きという人が多いため、自分の面倒を見てくれたり頼りになる上司に惹かれやすい傾向があります。

5.男性経験が少ない

男性経験が少ない女性は、基本的に落としやすいもの。そんなピュアな部分が、職場の男性には不倫相手として狙われているかもしれません。

男性にあまり愛された経験のない女性は、どこか寂くて満たされない気持ちがあり、男性に優しくされたり、飲みに誘われたりすると簡単に心が揺らぎます。

いつも厳しく指導をしている上司が、優しかったり褒めてくれたりしただけでも、好意的な感情を抱きやすいです。

社内不倫バレるまとめ

普通の恋愛とは違った意味で悩みが尽きない社内不倫。

もちろん、不倫はよい事ではありません。もし不倫関係を続けるのなら、会社を辞めなくてはいけなくなったり、社会的制裁を下される可能性などのさまざまなリスクがあります。

どうしても不倫関係を続けたい際は、リスクを覚悟するようにしましょう。