子どもの意見も聞こう!離婚後の子供との面会で確認しておきたいこと

記事の著者:Kanako

離婚する際、子供と、離れて暮らすその子供の親とのことで、次のようなお悩みがあるのではないでしょうか?

離婚後も父親と子供を会わせた方がいいの?
会わせるなら、どの様に会わせたらいいの?
問題がある父親でも子供に必ず会わせないといけない?
会わせないなら養育費は受け取れないの?・・・などなど

ということで、今回は離婚後に子供と離れて暮らす側の親と、その子供との面会、つまり子の面会交流について取り上げます。

先ほどの悩みの例についてはもちろん、面会交流の基礎的なことやポイントについても載せています。

離婚時などの面会交流の取り決めの際、必ず参考になると思いますので、是非ご覧ください。

面会交流権とは?

面会交流権」とは、離婚後、子供と一緒に暮らしていない方の親が、子供と個人的に面会したり、電話で話したり、文通などしたりして、子供と触れ合うことが出来る権利です。

以前は明文規定がなかったのですが、現在は民法766条に面会交流についての条項があります。

かつて明文規定がなかった頃、子供と離れて暮らす親からの面会交流請求について、裁判所は以下の様な内容の判断をしています。

「子供の福祉に反しない限り、親権者にも監護者にもなれなかった親に、面会交流を行う機会の権利を認めるべき」

上記の様な判断がされて以降、実務上において面会交流する権利は、子の福祉を害することがない限り、当然に認めるべきとされました。

面会交流は親側だけの権利だと思われがちです。

しかし、子供が親と面会し、親から愛情を注がれることは、子供の人格形成の上でも必要不可欠であり、とても重要です。

面会交流は、その両親の愛育を求める子供側の権利でもあります。

子供の面会交流の決め方

まずは、夫婦の間で子供の面会交流についての話し合いを行います。

話し合いの際には、面会交流の設定の有無はもちろん、内容や条件などを話し合うことになります。

子供との会う回数

月に一回程度の面会を認める取決めが多いです。なお、面会回数は1年以上の間隔を空けて設定することはできません。

1年以上の間隔をあけると、面会交流に制限をかけている事になるからです。

子供の受け渡し方法

面会中は一緒に住んでいる親が必ず付き添う、一定の年齢に達したら子供だけで会わせるなど、具体的な面会方法を取り決めましょう。

また、子供の受け渡し場所はその都度決めてもいいですが、親同士の関係が悪い場合は、きっちり決めておいた方がベターです。