婚約中に浮気された時の5つの対処法

記事の著者:Kanako

婚約中に浮気をされてしまう…幸せを前に大変ショックなことですが、少ないことではありません。

婚約解消すべきなのか、信じていいのか究極の選択だと感じる人も多いでしょう。また、裏切られた気持ちが強く、どうしても許せないと思ってしまう人もいるのではないでしょうか?

今回は、そんな婚約中に浮気される理由と対処法を紹介します。

婚約中に浮気をする男性心理

周りから見たら婚約は幸せの絶頂とも言える時期。そんな時期になぜ男性は浮気をしてしまうのでしょうか?

以下では、婚約中に浮気をする男性の心理を5つ紹介します。

不倫はしたくない

結婚をして不倫をしたら、今まで以上に大きな問題になります。そのため、まだ結婚をしていない段階で最後に遊びたいと考える人もいます。

このような人は、今まで多くの人と遊んでいた傾向にあります。そのため、結婚を決まるより前はモテていた人に要注意です。

結婚に迷いが生じた

婚約となると、それまでただ付き合っている期間とは違い、結婚が現実味を帯びてくるものです。

そこで「本当にこの相手と結婚してよいのか」と急に迷い始め、ヤケになって他の女性に目移りしてしまうことがあります。

このような精神的に不安定な時に、元カノと連絡をとってしまう、ずっとかわいいと思っていた女性と浮気をしてしまう、といったケースがあるようです。

責任から逃げたい

男性が結婚前に浮気をする原因として、結婚という責任から逃げたいというのが大きくあります。

女性からすると、身勝手すぎると思うでしょうが、これから自分が一生養っていくというのが、結婚を意識し始めてからプレッシャーに感じてしまう人がいます。

しかし、責任から逃げたいという男性は、浮気相手との関係は一時的なもので結婚時には、戻ってくることが多いです。

結婚間際や、結婚しても浮気をしているようであれば本人に直接、浮気の証拠を見せましょう。また、浮気に感づいていることを匂わせるのも良いかもしれません。

癒しを求める

男性は結婚に対して大きなプレッシャーを感じる人が多くいます。そのため、現実逃避をするように癒しを求めます。

このような場合、多くの男性は元カノのもとへ行くでしょう。そのため、別れた元カノと連絡を取っている男性は要注意です。

マリッジブルー

マリッジブルーとは婚約をした後に、本当にその結婚相手で良かったのだろうか…と不安になってしまうことです。

女性に多いのですが、男性にも見られます。精神的に追い込まれ、相談した異性の相手と浮気をしてしまうなど、悪い状況に陥ってしまうこともあるのです。

婚約中に浮気されてしまう原因

余裕を持ちすぎる

もう結婚するからといって野放しにしてしまうと、かえって逆効果な時もあります。

寂しい時や人にすがりたくなる時はありますが、いかにも相手を放置し過ぎるのも結婚前に浮気される理由の一つです。

出来れば恋人同士の頃と同じような感覚で接してあげることが大切でしょう。

「最後の独身生活」を理由に浮気

よくある言葉で最後の独身生活だからといって遊んでしまう人がいますが、とても幼稚な考えな方です。

自分の事しか考えていなくて、浅はかな行動で相手を傷つけてしまうことを全く考えていません。

そんなことにならないように、独身最後だからとハメをはずさないように!ときっちり伝えておきましょう。

結婚式などにとらわれすぎる

結婚という晴れ舞台に必死になりすぎて、相手に対して普段の思いやりが行動に欠けてしまってはいませんか。

結婚式のために自分磨きに夢中になったり、結婚式のプランニングに没頭してしまったりすると、男性はあまり乗り気ではない場合もあります。

女性は幼い頃から美しいウエディングドレスを着たい憧れで頭がいっぱいですが、たまには恋人へ心配りをしてあげましょう。

結婚が決まったからと横暴な態度はタブー

女性は結婚が決まって、式の日取りや新居決めなどにテキパキと行動してしっかりものなイメージがありますが、あまりにも横暴な態度で挑む女性が少なくありません。

男性はあくまで通過点に過ぎないという考え方を持っており、結婚後にだんだんと自分が結婚したんだと感じてくるのです。

無理を言い過ぎるのもよくないので、恋人の時と同じような感覚で接することです。

元恋人に連絡をしていた

結婚する前に一度だけ連絡してみたくなって、そのまま浮気してしまったケースなどがあります。

結婚したらもう会うことはできないから少し連絡してみよう、という軽はずみな行動が結婚前にバレてしまったらとりかえしがつかない事です。

そうなる前に婚約者の身辺は調べておいたほうがいいかもしれませんし、結婚前の婚約者に弁護士や探偵を雇ってリサーチする人もいます。

もしも心配ならそういった機関を訪ねるのもいいかもしれません。

身体の相性があわない

なんらかの理由でパートナーと結婚が決まったけど、相手との身体の相性が合わないという人もいます。

包容力もあって経済的にも問題はないけど、セックスの相性があわない。そんな時、結婚前に最後と思って快楽を求めてしまうようです。

対処法という対処はあるかわかりませんが、こういった理由で浮気する例もあります。

婚約中に浮気された時の対処法

浮気の内容と証拠を集める

婚約中はまだ独身の身とはいえ、許されざる行動です。浮気を行ったことについてはうやむやにせず、きちんと話し合い、納得するまでは折れないようにしましょう。

気持ちはお前だけだからと流されてしまって、浮気癖が治らず離婚してしまっては悔やみきれません。浮気相手ともきちんと破局しているのか、このままズルズルとならないように徹底的に浮気の理由を説明させ、謝罪をしてもらいましょう。

また、浮気の決定的な証拠が無い状況で相手を責めてはいけません。証拠を集めましょう。些細なことでも、多くの証拠を集めることが大切です。

婚約破棄で慰謝料を請求する

どうしても納得できず、浮気で婚約破棄になってしまった場合には慰謝料を請求しましょう。

結婚式や結納金などすでに結婚に向けて用意していた金額に加えて、浮気された側は通常の交際期間中とはちがって精神的ダメージはとても大きいです。

話がまとまらないと思ったら弁護士や探偵に相談するのもよいでしょう。婚約破棄のときに、浮気の証拠の有無によって慰謝料がもらえるかが変わります。そのため、しっかりと証拠を集めたうえで婚約破棄をしましょう。

相手とじっくり話し合う

上記で説明したように、結婚してしまったらもう遊べないから羽目をはずしてしまった、というケースも少なくありません。

家庭を持ってこれから一生添い遂げるプレッシャーのあまりに、遊びに走ってしまう人もいます。

その遊びで許すか許さないかはあなた次第ですが、結婚後に思い出して辛くなったりして、後悔してしまっては幸せな結婚生活が送れません。

しっかり相手と話し合って、これからどうするべきか決めましょう。

家族も交えて話し合いをする

婚約して間もないのに浮気されてしまったら、1人で抱え込まず誰かに相談しましょう。

「婚約中に浮気発覚なんて恥ずかしくて誰にも言えない」と考え込んでしまうかもしれませんが、周りに相談することが大切です。

二度としないと誓うと言われてもその場しのぎの可能性がありますから、誰かに相談することで客観的な意見を聞けるでしょう。

浮気をされた側も悲しみますが、そのご両親や家族にも悲しい出来事ですので、この先あなたが耐えていける事実なのかきちんと見極めてくれるはずです。

婚前誓約書を交わす

婚約中に浮気されて許したけれども、次は同じようなことがないことを相手に約束してもらいたい、と強く願うなら「婚前誓約書」を交わしましょう。

婚前誓約書に二度と過ちをおかさないことを約束してもらい、結婚に挑むことが最善の婚約を継続する方法です。

もしも破った場合などによる慰謝料も記載して痛い目に合う事をきちんと見せつけましょう。

結婚生活はそのくらい重要な事柄ということを相手に認識してもらういいきっかけになるかもしれません。

その誓約書が法的に有効なのかも事前に弁護士などに相談するほうがより効果的でしょう。

浮気をした彼を許せないなら

今回は、婚約中に浮気をする男性の心理と実際にされた時の対処法について紹介しました。

婚約するにあたっては、彼氏もそれなりの覚悟をしていたはず。それなのに浮気をするなんて許せなくて当然です。今回紹介したように、浮気をする男性の心理はどれも勝手なものばかり。

Omiai

婚約中にも関わらず浮気をした彼を許せず、他の人と結婚したい!という人には気軽に出会うことができるマッチングアプリがおすすめ。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す