婚約中の妊娠はできちゃった婚?判明後の対応の仕方5つ

記事の著者:Kanako

彼との婚約期間中に妊娠してしまった場合、できちゃった婚になるのか気になるところではないでしょうか。婚約中に妊娠してしまうと周囲からどんな風に思われているのかなと悩んでしまうことも。

そんな婚約中の妊娠はできちゃった婚なのかどうかと、その後どう対応すべきかをまとめてみました。

どちらにせよ、妊娠することは嬉しいことではないでしょうか。幸せなことではありますが、妊婦の負担が大きいのも事実です。できるだけ負担が大きくならないように、妊娠初期からケアしていきましょう。

周囲に入籍日を伝えている

周りの人に入籍日や結婚式の予定などを事前に伝えている場合は、できちゃった婚と思わない人も多いでしょう。

婚約中に妊娠することについて考え過ぎる必要はありません。

入籍日を思い出の日にしたかった場合や、どちらかの誕生日や記念日にしたくてまだ入籍していないという方も中にはいます。

また入籍し、結婚後を予定して妊活していると早くできてしまった、という嬉しい結果がでることもあります。

結婚式の時に妊婦さんだと

結婚式の時に妊娠していたことが分かったら、できちゃった結婚と思う方も少なくはないようです。

周りからはできたから急いで入籍して結婚式を挙げたのかな、と憶測されてしまいがち。

周囲からするとできちゃった婚と思われてしまうかもしれませんが、どんな形であろうと婚約することは決まっていたのなら、誰に何をいわれようが関係ないと思うようにしましょう。

肝心なのは相手と望んだ妊娠をしたかどうかなので、喜んで報告しましょう。

婚約中に妊娠したらすべき対応

婚約中に妊娠をした場合には、結婚式などが決まっていたらすぐにプランナーさんに報告しましょう。

妊娠中の結婚式には妊婦用のドレスなどの準備がありますので、早めに連絡をしておいたほうがいいでしょう。

また、新居も子供が増える事を考慮した住居に変えたほうがいいので、早めに行動したほうがいいでしょう。

そういった対応も安定期に入っていないうちに忙しく動くと危険なので、周りの親や夫に協力してもらいましょう。

事情がある方も

今では晩婚化が進み、結婚が決まっていても不妊治療中だったり、母体を考えて早く子作りする方が増えています。

そういう方もやむを得ず順序が違ってできちゃった婚と称されてしまいがちですが、なんらかの事情があって妊娠されたかもしれないということを理解しましょう。

子供を授かる事は喜ばしいことですし、できちゃった婚が決して非難される時代ではありませんので胸を張って報告しましょう。

妊娠したことを後ろめたく思わない

婚約中に妊娠をしてしまったらできちゃった婚のように思われそうですが、ストレスを感じないようにしましょう。

めでたくご結婚されるのに妊娠中に悩んでしまっては母子ともに良くはありませんし、せっかくの授かった命なので後ろめたく思うことはありません。

突然の妊娠に驚いてしまうのは当然ですし、正直素直に喜べないかもしれませんが、それは人生の中で最も輝かしいできごとです。

パートナーとしっかり向き合って生まれてくる赤ちゃんを守りぬきましょう。