意味を見出せない・・・結婚式ってめんどくさいと思ってしまう理由5選

記事の著者:Kanako

好きな人と結婚をするとなったら、真っ先に考えることは、やはり結婚式。

こんな結婚式をしてみたい、あんな結婚式憧れる等、様々な意見がありますが、中には結婚式がめんどうくさいなと思う人もいるようです。

では、何故結婚式がめんどくさいと思うのでしょうか?その理由を見てみましょう。

1. そもそも費用がかかるから

結婚式を1つ挙げるだけで、かなりの費用がかかることは想像できます。

わざわざ、自分のために友達が高いご祝儀を払うということも気を遣うから嫌だし、1回のためだけに何百万も払えないと色々考えていくうちに、結婚式がめんどうに感じるように。

そのため、相手が「結婚式をしたい」と言ってきても、なかなか乗り気になれないという本音もチラホラ…。

2. 結婚式の会場について考えるのが億劫だから

結婚式には、自分の好きなようにできるという魅力もありますが、同時に決めなくてはならないこともたくさんあります。

それは、会場を決める所から招待客や余興など、細かい所まで決めていかなくてはなりません。

どちらかがどんな結婚式にしたいかという具体的なプランがあるならまだ良いですが、新郎新婦ともにノープランだと、1つのことを決める時間が、かなり、かかることに…。

それによって、結婚式自体が面倒くさくなってしまうようです。

3. そもそも結婚式をやる意味が見出せないから

「何故、わざわざ結婚式をする必要があるの?」と結婚式を行う行為自体に、疑問を持つ方も中にはいるようです。

結婚式をやる意味としてよく挙げられることは、両親に感謝の気持ちを伝えることや皆に報告してお祝いをしてもらいたいという理由があります。しかし、わざわざ結婚式を挙げなくても、それはできることではないかと思うよう。

他の方法があるにも関わらず、わざわざ高いお金を払って、色々考えることはめんどくさいということも、結婚式が煩わしく思う理由の1つのようです。

4. あまり目立ちたくないから

結婚式の主役は、もちろん新郎新婦。

多くの方から祝福されるため、当然、目立つことも多くあります。

しかし、元々目立つことが苦手なタイプの人だと、結婚式を挙げること自体が嫌になってしまうよう…。

どんなに抑えようとしても、目立つことは必須。さらに、その分、費用もかかっていると思うと、やっぱりうんざりしてしまいます。

どんなに意識しても目立ってしまうなら、最初から結婚式をしない方が良いと思っている方が多いようです。

5. スタイル維持がしんどいから

特に新婦さんに多いことですが、ウェディングドレスを綺麗に着るために、スタイルの維持をしなくてはならなくなり、それがしんどいと思うと結婚式が嫌になるようです。

ましてや、結婚のお祝いに様々な人から食事に誘われたりすることもありますが、その度に体重やスタイルのことを気にしなくてはならないとなると、そもそも結婚式をしない方が気楽なのではないかと思ってしまうことも。

確かにドレスのことを考えずに、気楽な気持ちでお祝いをされた方が、当事者としても気楽かもしれません!

結婚式を挙げる挙げないは人それぞれ

少し前までは、結婚式を挙げることは当たり前だという風潮でしたが、最近ではナシ婚という言葉が出てくるくらい結婚式を挙げないことも普通になってきました。

皆さんの周りにも、もしかしたら結婚式をする気がないという方もいらっしゃると思いますが、それにはちゃんとした理由があります。

そのため、無責任に「結婚式した方が良いよ!」なんて言わないようにしてあげましょう。