日取りは大安で!両家顔合わせの場所選びのポイント5つ

記事の著者:Kanako

いざ顔合わせをするとなっても、どういった場所で行えばいいかわからないですよね。

顔合わせは基本どこかのお店の予約を取って行うものですが、なかなかいいお店が決まらないかもしれません。

今回は、お店を選ぶときに基準にするポイントを5つご紹介します。

1.お互い話し合う

顔合わせのお店選びをするときに、相手から「もう決めておいたよ」なんて言われては、驚きますよね。片方が勝手に決めてしまったために喧嘩になるカップルは多いです。

こういった結婚に関わるものは、2人に関わること。

自分で勝手に決めるのではなく、相手ときちんと話し合って決めることが大切です。

費用の負担に関しても、誰が支払うのかを事前に決めておかないと、トラブルの原因になります。お互いにきちんと意見交換して、認識の擦り合わせをしておきましょう。

2.気配りが必要

お店の場所も、大きなポイントです。

顔合わせは、結婚する2人が新生活を始める場所で行う場合が多くあります。でも、片方の両親からは近くて、もう片方の両親からはものすごく遠いというのは避けたいところ。

両家の移動距離を考えると、中間地点で行うのが1番かもしれません。

また、結納は男性から女性に対して行うものとされているので、女性側の意向に沿うという考えも頭に入れておくと良いでしょう。

3.静かな個室がおすすめ

どのようなスタイルでも、他人に邪魔されない個室をを選びましょう。家同士の挨拶ですから、1度きちんとした席を設けるべきです。

挙式や披露宴をあげる予定がない人もいますよね。それならなおさら、きちんとした席を設ける必要があります。

特にお嫁さんのご両親を安心させてあげるためにも、個室を選びましょう。

4.日取りは大安&時間はお昼

最近では細かく気にされることは減りましたが、昔は「大安吉日正午」に顔合わせをすると良いと言われていました。

大安などが書いてあるカレンダーもありますので、参考にしてみてください。

両家のお休みに会う日を探すのは、とても大変です。でも、縁起が悪いよりは縁起がいい方がいいですよね。

もし相手のご両親がご年配の方なら、こういった昔なじみの風習を取り入れると、良い印象を持ってもらえるかもしれません。

5.好き嫌いやアレルギーをチェック

たとえば、洋食が苦手とか、生ものが駄目だとか、食べ物の好みというのは人それぞれです。

また、最近は食物アレルギーを持っている人が増えています。

せっかくのお祝いの席残念ですから、自分を含め、出席者の好き嫌い等はリサーチしてからお店や料理を決めるようにしましょう。