【事前にチェック】結納の流れで事前に知っておくべきこと

記事の著者:Kanako

結婚の話をしている中で、「結納」という言葉を目にしたり聞いたりしたことはありませんか?

結納とは、結婚をする前に婚約を調えるための行うもので、両家が関わる大切なものになります。

やるべきか、やらないべきかを決めるのもそうですが、実際どうすればいいかわからないのは尽きないものです。

一体どんな準備をすればいいのか、実際どんな流れになるのか、結納に関する基礎知識をまとめてみようと思います。

結納とは

結納とは、先ほども言ったように、結婚する前に行う「婚約の儀式」のことです。

両家が婚約の約束を交わして、結納金もしくは結納品を納め合います。結納の時期は結婚式の3~6ヵ月前に行うのが一般的です。

地域や家庭によってしきたりが違うこともあるので、事前に相手の家との相違がないか確認しておく必要があります。

また、男性側から女性側に結納金の金額を相談することは望ましくないとされていますが、そもそも結納金を収めるしきたりに人身売買を思い浮かべる人も多いようです。

そんな堅苦しさが敬遠されたのか、年々結納を行わない人が増えており、全国的にみて3割ほどしか実施していません。

結納というのはとても繊細で、難しいものが多いです。

もしやると決めたなら、きちんとした手順をしっかりと調べたうえで計画を立てましょう。

結納の手順

現代では、ホテルや料亭などで行われる「略式結納」が主流となっているところが多いです。

他にも「正式結納」というものもありますが、今回はこの略式結納に着目点を置いてみようと思います。

●準備と対策

1.準備を始める前に、まずはお互いの両親のことや様々な情報を交換しておくことがポイントです。

当日の流れをスムーズに進め、より良い雰囲気にするためには、こういった細かいところもこだわりましょう。

2.結納の日取りと場所ですが、日程は結婚式の3~6ヵ月前の吉日を、時間はできるだけ午前中が望ましいので確認しながら決めてください。

場所は、交通の便が良いホテルか料亭を個室を選びましょう。事前に予約を取る時は、店側にあらかじめ結納で使うことを伝えておくことを忘れないでくださいね。

3.口上(結納の形式にのっとったセリフのようなもの)をあらかじめ準備するのも一つの対策です。

本来暗記が望ましいと言われていますが、形式的な言い回しが多かったりするので用意をしておいて損はありません。

さらに、緊張で言葉が飛んでしまった時のための対策としても使えるので、ぜひ試してみてください。

●当日の流れ

当日は女性側が先に着席し、男性側が遅れてくるのが一般的と言われているようです。

仲人(仲立ちする役割の人)がいない場合は、新郎側の父親が進行役となり、始まりの挨拶を取ります。

挨拶が終わると新郎側から新婦側に対して結納金(もしくは結納品)が渡され、新郎父もしくは新郎本人が口上を述べるのでこの時に原稿を用意していれば利用してください。

そのあとは新婦側が結納金(結納品)の目録を確認し、受書を渡して新婦父もしくは新婦本人げ口上を述べます。

新郎側は受書を確認して再び口上を述べ、結びの挨拶となるのです。新婦側は進行役を務めてくれた方にお礼の言葉をつたえるようにしてくださいね。

長丁場のように感じますが、全体通しても約15分ほどで終了します。

そのあとに記念撮影を行うこともあるようなので、一生の思い出として残しておくのもいいかもしれません。