両親との打ち合わせが重要!両家顔合わせの挨拶を成功させるコツ5つ

記事の著者:Kanako

結婚が決まって、これからは夫婦として幸せになりたい・・・と気を緩ませていたら両親との顔合わせで失敗してしまったなんて経験、したくないですよね。

これからパートナーと良い夫婦生活を送りたいのであれば、とにかく顔合わせの挨拶は成功させるべきです。

では大切な挨拶を成功させるためにはどうすればいいのか、コツをまとめてみようと思います。

1.自分の両親としっかり打ち合わせする

まずは、自身の親としっかり打ち合わせをしておくことが重要です。

もちろん自分の婚約を喜んでくれているはずなのに、いざ挨拶の場になると緊張によってうまく打ち解けられなかったりする可能性も考えられます。

そういった混乱を防ぐためにも、まずは自分の親と打ち合わせをしておくべきなのです。

当日のお店や、着付けの手配、細かい決定事項も多々あると思います。

それらも事前の打ち合わせで話しておけば、落ち着いた気持ちで当日を迎えることができるのではないのでしょうか。

2.当日の話題決め

婚約の挨拶、両家顔合わせの席では、当事者の本人同士もさることながら、両家の親族も緊張してしまうこともしばしばありますよね。

両家の親睦を深めるためにも、まずは婚約者同士で当日どんな話題を出すか大まかに決めておくことも必要です。

好ましいとされる話題は、「結婚式や披露宴をどうするか」や「お互いの出身地」などがよいでしょう。

自分の家に代わった風習や仕来たりがある場合は、ひとつの話題してこの場で話しておくのも一つの手です。

これらのように、二家族が打ち解け合えるような話題を想定しておくことが一番のポイントになりますよ。

3.結婚記念品等の決定

婚約時の両家の顔合わせや挨拶の席で、結婚記念日の贈呈、つまり男性から女性に贈り物をして、さらに女性がお返しを男性に授与するという流れが一般的な習わしです。

男性から女性に贈るものとして一番適しているのは指輪で、給料三カ月分が好ましいとされています。

一方女性から男性に贈るお返しは、時計といった身に着けられるものを贈るのが一般的のようです。

こういった記念品を交換するつもりであれば、事前に品物を準備しておきましょう。

少々高価なものばかりですが、デパートや百貨店を二人で相談しながら回るのも楽しみの一つとして考えてみてはいかがですか?

4.お店の決定と手土産

婚約の挨拶、両親の顔合わせで最も悩ましいのが「開催場所」ではないでしょうか。

両家の出身地や好み、そのほかにも気にしなければいけないことが多くてなかなか決まらないですよね。

料理に関しては基本的に和食・洋食・中華それぞれ決定して問題はなく、料亭やホテルなどを使うのが一般的です。

こういった挨拶の場はコース料理がほとんどなので、テーブルマナーなどを改めて習得しておきましょう。

手土産は、無理に持参する必要はありませんが、あると相手方に良い印象を与えられます。

一般的には洋菓子や和菓子を用いりますが、出身地が異なる場合はその土地の名産品などを持参すると良いでしょう。

5.当日の進行について

婚約時の顔合わせの席では、男性側の父親が当日の進行役となるのが一般的です。

最初の挨拶から、それぞれの両家族の紹介、乾杯の挨拶と締めの挨拶など何かと多忙な立場と言えます。

全体の雰囲気や時間の把握など、進行役はまさに責任重大な役割といえるでしょう。

食事会をスムーズに進めるためにも、男性側の父親と打ち合わせを念入りにしておくことがポイントです。