不倫が辛いときに心を軽くする方法5選

記事の著者:Kanako

もう辞めたいと思ってもなかなか辞められない不倫。世間体はよくありませんが、つらいことはたくさんありますよね。

特にお正月や夏休みなどの長期休み、クリスマスやバレンタインデーのイベントのときは、自分が不倫相手なのを実感してしまい、つい気分も沈んでしまいがちではないでしょうか。

今回は、不倫がつらいときの対処法を5つご紹介します。略奪するか別れるかなど、つらくなったら何かしらのアクションを起こして次に進みましょう。

不倫はなぜつらいの?

そもそも不倫はなぜつらいのでしょうか?

不倫がつらいと考えている女性に共通する悩みを集めてみました。

そもそも相手のことが好きだから

まず大きな理由に不倫相手の彼のことを好きになってしまったことが挙げられます。

不倫相手に少なからず好意やあったり、体の相性がよかったりなど、なかなか手放せない相手と巡り合ってしまうと、不倫をやめたいのにやめられないというつらさに陥りやすいです。

この悩みを持っている方は、なかなか次の恋愛へ進めず不倫が泥沼化する恐れがあります。

自由に会ったり連絡できない

不倫の関係は公にできるものではありません。会いたいときに会ったり、好きなときに手をつないだり、普通のカップルならできることでも不倫ではできません。関係を隠すためにデートの場所も制限されるでしょう。

また、電話やメール、LINEも好きなときに好きなだけできるわけではなく、バレないようにやらなければなりません。会いたい気持ちや寂しい気持ちを我慢しなければならないため、不倫はつらいのです。

相手のことが好きであればあるほど、こうした不自由さに苦しめられてしまいます。

将来の見通しが立たない

将来の見通しが立たず、この人と不倫関係を続けて大丈夫なのか不安でつらくなるタイプです。

不倫相手は「好き」という言葉を投げかけてくれるけど、本当に奥さんと別れてくれるかは分かりません。このまま彼の不倫相手のままだと、自分は将来結婚できるのか悩みに悩む日もあるでしょう。

この場合は勇気を振り絞って相手と真剣に話し合った方がいいかもしれません。

誰にも相談できない

不倫や浮気など人に言えない恋愛をしている方は、誰にも相談せずひとりで溜め込んでしまいつらくなってしまう人がたくさんいます。

たしかにどんなに信用している友人などでも、万が一バレてしまったらという不安が募りなかなか話ができないでしょう。相談した相手が自分を軽蔑するのではないか、がっかりさせてしまうのではないかと考える人も少なくありません。

また、仲の良い友人であればあるほど、不倫について反対する可能性は高いです。自分のことを心配して、不倫はやめるようにと説得してくるかもしれません。

バレるんじゃないかという不安

不倫の代償はとても大きいです。自分も相手も既婚者でW不倫だった場合、双方の家族を不幸にしてしまう重大な罪です。

そんな重みのある不倫という恋愛を気付けば何ヶ月や何年と続けてしまい、バレてはないけどいつかバレたらという不安に日々駆られるのはつらいことでしょう。

罪悪感に駆られるうちは、まだ不倫をやめられる可能性はあります。

不倫がつらいときに心を軽くする方法

次に不倫がつらいときに心を軽くする方法をみていきましょう。

誰にも言えないからこそ、自分で心を軽くする方法を知って前へと前進しましょう。

1.報われないから燃え上がっているということを楽しむ

いけないとわかった上で好きになってしまった不倫相手ですが、その相手との関係は、不倫関係でなくてもそんなに盛り上がったものでしょうか?

人間、手に入らないと思うと燃えるもので、つらいつらいと思いながらも、実はそのつらさを楽しんでいるのかもしれません。

その事実を認識し、いっそのことつらさを逆手にとって楽しんでみてはいかがですか。

不倫をテーマにした映画を観るもよし、不倫を唄った歌を聴いて浸るもよしです。悲劇のヒロインを楽しみましょう。

2.次のデートの計画をする

関係の悪いところだけに目をむけて悲しんでいても、どうしようもありません。

会えない時間があるからこそ、次会うときのために楽しいことを計画できます。

一緒に観たい映画の上映時間を調べたり、一緒に行きたいレストランの情報を集めたり、ちょっとエッチなことを妄想したり。

次に会うときに向けての自分磨きとして、エステやネイルに行ってもよいでしょう。

3.マインドコントロールで乗り切る

実はこれがいちばん有効かもしれません。

どんなにくよくよ考えても不倫という事実は変わらないので、休みの日に会えないことはどうしようもないことです。

変えられない事実と立ち向かうより、どんな事実がふりかかってきても折れない心を養いましょう。

不倫のイヤな面ではなく「人を好きになることができた」「こんなに好きになれる相手と出会えた」ことに感謝し、心を穏やかにしてくださいね。

4.はっきりさせようとしない

不倫関係のつらいところは、未来がみえず、はっきりした約束が取り付けられないことと言えるかもしれません。

ならばそもそも、はっきりさせなければよいのです。未来のことなど、不倫関係でなくてもそうそうわかりません。

はっきりできないことをはっきりさせるのに注力するより、はっきりしないままで楽しむことを考えましょう。縛られない関係が楽だな~ぐらいのポジティブさが必要です。

5.前進する計画を立てる

どうしても諦めることができなければ、諦めなければよいのです。

会えない時間を利用して、不倫関係をまっとうな関係にできるための計画を立てましょう。

奥さんにどうやって納得してもらうか?離婚した場合に彼が背負う慰謝料や養育費はいくらか?自分の親にはどうやって説明するか?結婚式はする?新居はどこにするか?

悩んでいても仕方ありません。ネットを駆使して情報収集し、分かりやすいようにまとめておきましょう。

いつかその情報が役に立つときがくるかもしれません。

諦める方法はある?

前向きに頑張ろうと思っても、やはり罪悪感や未来の見えない不安に駆られて何もできないという人もいるはず。そんなときは諦めるという行動を取ることがとても大切です。

しかし、諦めるといってもなかなか踏み切れないのが不倫の悩みでしょう。ここではそんな不倫を諦めて次に進むための方法についてみていきましょう。

1.新たな恋愛を探す

不倫相手が家族との予定を優先させているなら、こちらも別の関係を優先させてもよいはず。またW不倫の場合なら、もう一度自分の家庭を見直して仲を深めようと考えてみるのもいいでしょう。

いつまでも不毛な不倫関係を続けているより、新しい恋愛を探してみましょう。恋愛まで発展しなくても、ちょっといいなと思える男性と食事の約束をしてもいいでしょう。

2.接触できない環境をつくる

本当に不倫相手の彼との関係を断ちたいのであれば、もう彼と接触できない環境を作りましょう。

LINEはブロックするだけでなくブロックリストから削除まですれば、友達として復元できなくなります。連絡を絶っても不倫相手が家まで来そうな場合は、いっそのこと住居を変えるのもひとつの手です。

大ごとだと思うかもしれませんが、不倫はあなたの人生を大きく振り回すものとなりかねません。不倫相手と出会う前の平和な日常に戻りたいのであれば、彼と会うことがないように徹底しましょう。

3.傷つく人たちの気持ちを考えてみる

一度不倫相手とあなたの周りの人たちのことを考えてみてください。

W不倫の場合、お互いに家庭があり子どもまでいたら、奥さんやお子さんたちはこのことをどう思いますか?結婚を祝福してくれた親や友達はこのことを知ったらどう思いますか?

2人の不倫の真実を知って、喜ぶ人は誰一人いません。誰にもバレないに不倫をやめることで、周りの人を傷つけずに終われます。

ひとりでつらい気持ちになるのは分かりますが、冷静になって一度考え直してみてはいかがでしょうか。