体の相性が悪い?結婚生活が楽しくない原因と解決法

記事の著者:Kanako

結婚が長くなればなるほど、出会ったころの新鮮さはどこかにいってしまい、相手との関係が楽しくなくなるものです。ある程度は仕方がないですが、その退屈さがいずれ離婚につながることも。

なるべく早めに結婚生活の楽しさを取り戻して末永く幸せでいたいですよね。

結婚生活が楽しくない原因と解決法をまとめてみました。

1. 旦那が無口でしゃべらない

一般的に男性より女性のほうがよくしゃべり、しゃべることによってコミュニケーションをとると言われます。むっつりと終始黙っている父親像はもはや前時代的ですが、それでも話すことが得意でない男性が多いことも確か。

話しかけても生返事で会話が続かず、家族の問題を話し合いたくても何も言わない。そんな状態では、とても楽しい結婚生活とはいえません。


少しでも話してもらえるように、こちらからできるアプローチもあります。

旦那さんが興味のありそうな話題をふってみる、旦那さんが話している間はさえぎらない、旦那さんの話を否定したり非難したりしないことです。まるで子どもに接するような心構えですが、案外有用です。

2. マンネリを感じてきた

長年連れ添った夫婦が、付き合って数か月のカップルよりマンネリ化するのは当然のことです。

お互いを理解し、リラックスできる空間を作れるようになったと安心してほしいものですが、やはり刺激のない生活は退屈なもの。刺激を求めて浮気…なんてことにならないよう、早めに手を打つ必要があります

普段の生活を変えることはちょっとしたきっかけで簡単にできます。

いつも行かないレストランにドレスアップして行ってみる、家具の配置を変えてみる、髪型や化粧を変えてみる、ふたりで旅行に行ってみる。ベッドでいつもしない体位をしてみたり、おもちゃを使ったりするのもよいでしょう。

3. 体の相性が悪い

夫婦間のセックスの問題は思った以上に深刻です。金銭感覚や生活のリズムが完璧に合っていたとしても、セックスに対する考え方や相性がズレると、それだけで離婚の原因にもなります。

とはいえ、これはなかなか難しい問題です。もともとセックスが好きではないとか、性欲が強くて毎日したいとか、変えられない好みや趣向があるからです。

まずは話し合うことが重要です。この問題に関しては、放っておいても第三者が解決してくれるものではありません。自分の要望と相手の要望をすり合わせ、歩み寄れるところは歩み寄るようにしていけば、なんとかやっていけることもあります。