「察して」は最悪?!旦那に愛されない奥さんの特徴5つ

記事の著者:Kanako

結婚当初はラブラブだったのに、最近では夫といてもケンカばかり。夫の愛情を感じられない!と悩む女性は案外多いのではないでしょうか。

夫婦ふたりの問題について一概に言えませんが、「あ~それじゃあ愛されないよね」と納得の女性の特徴があることも事実です。

旦那に愛されない奥さんの特徴をまとめてみました。

1. 察することを求めすぎる

いくら結婚して付き合いが長くなったとはいえ、相手はエスパーではありません。自分の細かい要求をすべて察してもらおうというのは無理です。

どうしてわかってくれないの!どうしてやってくれないの!と不満を持つ前に、それをしてほしいと相手に一度でも話していますか?説明したことがあるとしても、相手には適切に伝わっていないかもしれません。

所詮夫婦は他人です。以心伝心を期待しすぎずに、ことあるごとにコミュニケーションをとって説明することを心がけましょう。

2. 男性を尊重しない

謙遜は日本人の美徳ですが、度を越すと見苦しい場合があります。特に外で旦那さんの悪口や、いかにできないかを強調した話し方をしていませんか?

相手への敬意は人間関係の基本です。敬意を欠く対応をされれば、された方があなたを軽んじるのも必然といえるでしょう。

たとえ事実であっても「旦那の給料が低い」「家事を何もやらない」などと公言する妻は、夫からの愛をどんどん失っていきます。

3. 愚痴や悪口が多い

仕事に家事に育児に、結婚生活の負担が女性に偏りがちであることは事実です。

それは夫婦間で話し合って改善していくべきですが、問題なのはそのことについてあまりにも愚痴や悪口が多いことです。

分担がうまくできておらず女性側に負担が多いことを自覚している男性は多いはず。自覚はしていても解決できず、ともどかしい気持ちでいるにもかかわらず、毎日が文句のオンパレードでは正直うんざりしてしまいます。

4. だらしない、汚い

関係が長くなれば彼の前ではリラックスしたくなるというのが本音。特に子どもが産まれれば自分の身の回りのことは後回しにならざるを得ません。

しかし、ものには限度があります。裸で家の中をうろうろしたり、無駄毛の処理を全くしなくなったり、入浴や歯磨きなどの最低限の身支度を怠ったり。

これは男性側にも言えることですが、あくまで一緒に暮らしているのは別の人間であり、共同生活です。最低限の礼儀や身だしなみは保ちましょう。

5. 感謝の気持ちがない

家庭内での役割が定着してくると、その役割をこなしてくれることが当たり前になり、感謝の気持ちをつい忘れてしまいます。

それどころか欲すら出てきて、もっとこういうことができる相手だったらよかったのに、と不満すら言うようになります。

もっと給料の高い旦那さんだったら、もっと家事をしてくれれば、もっとかっこいい見た目だったら…。言い始めればキリがありません。

そんなことを言ってお互いがイヤな気分になるよりは、今やってくれていること、今できることに目を向けて、お互い感謝の気持ちを表現し合うのがよいでしょう。