5万円からで大丈夫!結婚式をやるお金がない時の解決策5つ

記事の著者:Kanako

「結婚式は、人生最高の幸福の日」という方が多くいらっしゃいます。

せっかくならとびっきり素敵なものにしたいですよね。でも、そんな祝福の日をお金のせいで出来ないというのは寂しいものです。

そんな寂しい日にならない、結婚式をやるお金がない時の解決策5つをご紹介したいと思います。

1.挙式または写真撮影だけを行う

婚姻届を提出するだけではちょっとさみしいというのなら、挙式だけ行うという方法もあります。

小さな愛らしいチャペルでの挙式に新郎新婦の衣装代やヘアメイク、写真などがついて5万円ぐらいから行うことができます。

挙式のみも大歓迎というホテルや専門式場も少なくなく、お得なプランを用意しているところもあります。

また、挙式はしなくてもいいけれど、記念に写真は欲しいというのなら、写真だけの結婚式というテもあります。こちらも衣裳やヘアメイクなどがついて5万円ぐらいから。衣裳を数着着て撮影しても楽しいかもしれません。

2.少人数ウエディングにする

挙式だけではなく、ちゃんと披露宴もしたいという人は、少人数ウェディングにしてみるのはいかがでしょうか?

ホテルや結婚式場の少人数プランは20名で50万円くらいからになっており、これに衣裳や引出物などをプラスしても100万円以内で収まるはずです。

3.トワイライトウエディング・ナイトウェディングにする

夕方からの結婚式について、料金を割り引いたり、キャンドルなどでトワイライトならではの演出をサービスしてくれる会場があります。

夕方スタートの結婚式は招待客の貴重な休日を丸々潰すことがなく、夕方から夜というシチュエーションを生かしたロマンチックな演出も可能というメリットが多くあります。

しかし、遠方からの出席者が多い場合は、宿泊の負担が増大する恐れという、お客様に対してのデメリットがあるのもまた確かです。

その点を注意すれば、通常の丸一日かかる結婚式よりも、社会人に対してもお財布に対しても嬉しい結婚式になります。

4.結婚式は直前を狙う

結婚式は、希望の会場を希望の日取りで押さえるためには1年くらい前から予約をしないとだめな場合もありますが、オフシーズンで日取りもそれほどこだわらないというのであれば、3カ月前の予約でも十分間に合います。

3カ月くらい前になると、会場側もなるべく予約を埋めたいので、価格を引いたり、お得なプランを出してきたりすることがあります。日取りにこだわらない、準備期間はあまり必要ないというのなら、4~3カ月前に会場予約して即結婚式、という方法もおすすめです。

5.ブライダルローンを利用する

一生に一度の思い出と呼ばれるだけあって、昔流行っていたジミ婚よりも、最近は料理のランクやオプションを沢山つけたこだわり婚をする人達が増えてきました。

しかし結婚式は前払いしか受け付けていない所が多く、親がいない、もしくは親族をあてにすることができず、自分たちの力だけで挙式を挙げなくてはならなくなった等の理由から結婚式を諦めるまで追い込まれている事があります。

そんな時に組むことのできるブライダルローンを利用してみるのも手です。ブライダルローンは、月々の返済金額が少ない点が利点です。

まとめ

いかがでしたか?

一生に一度の結婚式。あまりケチケチせずに通常の挙式とほぼ何ら変わらない状態のこだわり婚を出来るような方法をご紹介しました。

ぜひ、最高の一日にしてくださいね♡