タイミングに注意!結婚報告をメール・LINEでする時の注意点

記事の著者:Kanako

最近では、LINEやメールなどのSNSが発達し、いろんな人と連絡が取りやすくなりました。
ですが、友人や親しい人への「結婚報告」をメールやLINEで行うとき、報告のマナーを間違えると相手を不快にさせてしまうこともあります。
結婚を報告するときに、どのような点に注意すればいいのか、まとめました。
もうすぐ結婚する、近いうちに結婚式するという人は参考にしてみてください。

友人への報告三原則

報告漏れを防ぐため事前準備を!

結婚の報告をし忘れた!というのはありがちなことですが、相手に失礼にあたります。
まずは、報告する人をリストアップしておきましょう。
報告する人が決まったら、それらを「結婚式に招待する人」「人数次第で招待する人」「報告だけする人」と分類分けをしておくと分かりやすいです。
分類分けによって、報告する伝え方や時期も変わっていくので、ぜひ実践してください。
この事前準備を行うことで報告漏れを防ぐことができます。

タイミングは配慮が大事

あまりいないかもしれませんが、直前に報告するのは相手の都合もあるので控えましょう。
結婚式に招待する人は、予定が立てやすいように早めに連絡をした方がいいです。そうすれば、来てくれる人も増えるでしょう。
早くて半年前から、遅くても3か月前には報告するのがマナーです。ただし、相手の状況も配慮することが大切。
身内の不幸があったり、離縁したばかりの人には、少し時間をおいて報告するのが無難と言えます。

連絡方法は一人ずつ

一斉メールは軽薄なイメージどころか常識知らずをアピールしているようなものです。
結婚の報告をするときは、きちんと1対1で報告するようにしましょう。
そういった友人の立場を考えて行動ができれば、友情が壊れることはきっとないでしょう。

式に招待する時としない時の文面

招待する場合

例)「このたび結婚することになりました。△月◎日に結婚式をする予定です。また改めて招待状を送らせてもらうのでよろしくお願いします」
親しい友人にはできるだけ早く連絡をして、できれば同じ時期に報告するようにしましょう。
あまり送る時期に差が出てしまうと失礼に当たる場合があります。

招待しない場合

例)「このたび結婚することになりました。△月ごろ入籍し、結婚式は身内だけで簡単に済ませる予定です。また改めて彼を紹介させてください」
式に招待しない人には、「身内だけで済ませる」など報告時にその旨を伝えます。
いろいろ期待させてしまうと、あとで話がこじれてしまうので、伝え過ぎには注意するようにしてください。

結婚報告の連絡で注意すること


直接会って伝えるのがベストですが、準備や仕事といった事情でなかなか会えないこともしばしばだと思います。
そういうときは、まず電話・LINE・メールで結婚することを伝えて、後日合う日程を決めてみてはいかがでしょうか。
また、早急に報告した方がいいのが職場です。
当たり前ですが、結婚式後すぐに新婚旅行に行ってしまえば仕事に影響が出るので、上司には必ず報告しましょう。

その他の対応で注意すること

結婚式に招待していないけど報告したい、もしくはそもそも結婚式をやらないという人もいると思います。
こういった場合は、SNSを用いても一向にかまいませんが、より丁寧なはがき形式で知らせるのがマナーです。
また、「結婚式には呼べないけど二次会をするから来てほしい」と伝える方法も一つの手ではないでしょうか。
結婚式をしない場合は、SNSを使うのは避けたほうがいいでしょう。
しないとなると家族もかかわる問題になるので、親戚であろうとご近所さんであろうと必ずはがきで報告してください。
入籍後3カ月以内の投函が、もっともベストなタイミングです。

まとめ

マナーをわきまえずに思い込みで行動してしまうと、非常識な人だと思われてしまう原因にもなります。
礼節と誠意をもって、お世話になった方々や大切な友達に結婚の報告をしてください。
「親しき中にも礼儀あり」を心がけて、あなたも友達も嫌な思いをしないよう気を付けてくださいね。
新しい人生の爽やかなスタートを切りましょう。