漏れのないように!友達への結婚報告のタイミングや伝え方

記事の著者:Kanako

親に結婚を認めてもらったら、ようやく友達への報告開始です。この時、「親しき仲にも礼儀あり」とわきまえて、友情にひびが入らないように注意しましょう。

では、相手の気持ちを考えたタイミングと伝え方などについて説明していきます。

友人への報告3原則

1.タイミング

挙式をあげる3~6カ月前に報告するのがベターです。

友人がスケジュールを調整しやすいように早めに連絡しましょう。

2.報告漏れに注意

まずは報告する人のリストを作りましょう。

そして、いざ連絡するときに報告漏れがないように、入念なチェックを心がけてください。

3.連絡方法

一斉メールは軽薄なイメージどころか常識知らずをアピールしているようなものなので、きちんと1対1で連絡を取るようにします。

そういった友人の立場を考えて行動ができれば、友情が壊れることはほどないでしょう。

式に招待するかしないか

招待する場合

例)「このたび結婚することになりました。△月◎日に結婚式をする予定です。また改めて招待状を送らせてもらうのでよろしくお願いします」

親しい友人にはできるだけ早く連絡をして、できれば同じ時期に報告するようにしましょう。

招待しない場合

例)「このたび結婚することになりました。△月ごろ入籍し、結婚式は身内だけで簡単に済ませる予定です。また改めて彼を紹介させてください」

式に招待しない人には、「身内だけで済ませる」など報告時にその旨を伝えます。

いろいろ期待させてしまうと、あとで話がこじれてしまうので、伝え過ぎには注意するようにしてください。

伝え方

はがきで連絡するのが一般的ですが、友人には電話・LINE・メールといったSNSを使った連絡方法が許されている部分があります。

ですが、できるだけメールや留守電は避けて、電話で直接話すよう心がけてください。

LINE・メールを使って文章で報告する場合は、マナーを少しでも間違えると相手を不快にさせてしまうことがあるので注意です。

まとめ

いかがでしたか?

せっかくの嬉しい出来事なのに、ちょっとしたミスで友情に亀裂が入るのは絶対に嫌なことです。

「親しき中にも礼儀あり」を心がけて、あなたも友達も嫌な思いをしないよう気を付けてくださいね。