連れ子同士は結婚できる!?連れ子同士が仲良くする方法も紹介!

記事の著者:Kanako

バツイチ子持ち同士が出会って再婚するケースは少なくありません。

一緒に暮らしているのですから、連れ子同士が男女でお年頃であったり場合恋心を抱いてしまうこともあるでしょう。その場合、連れ子同士の結婚は日本で認められているのでしょうか。

一方で、なかなか仲良くなれない子連れ同士のパターンも。どちらかの連れ子がまだ赤ちゃんだったりする場合だと、実際の兄弟や姉妹のように仲良くやっていけるかもしれません。

しかしある程度大きな子連れ同士が結婚すると、子ども同士が仲良くやっていけるのかは一番の心配事。今回は仲良くなりにくい連れ子のパターンと、その解決法を紹介します。

子連れ同士の再婚の戸籍

子連れの人の再婚では、基本的には婚姻届けを出した後に養子縁組をします。同じような要領で、子連れ同士でも養子縁組をすることが可能です。

婚姻届けを提出した後にどちらかの戸籍に養子縁組をします。しかし、子どもがまだ小さい場合は苗字を変えたくないなどの理由からすぐに養子縁組をしないケースもあります。

子どもが小学校に入学するタイミングにするなど、子どものことをよく考えて手続きをしてあげることが重要です。

連れ子同士で結婚はできるのか

答えを簡潔に紹介すれば、連れ子同士の結婚は可能です。

先に紹介したように、親が再婚した後に一方が一方の養子縁組をした場合、連れ子同士は法律上兄妹になります。

しかし民法734条1項では、血のつながっていない法律上の兄妹であるに過ぎず、近親婚による遺伝的・倫理的弊害が生じないため、義理の兄妹同士で結婚することは例外的に認める、とされています。

そのため養子縁組をしたか否かに関わらず、連れ子同士結婚は認められているのです。

お互いの連れ子が仲良くなれないパターン

連れ子同士というのは、親の再婚によって急に一緒に暮らし始めることが多いので、すぐには仲良くなれないこともしばしば。ここでは仲良くなれないパターンと、その解決法を紹介します。

子ども同士の年が近い場合

お互いの連れ子の年が近すぎると仲良くできないことが多いそう。性別が男女だったり、どちらかが活発でどちらかが大人しい性格だったりすると、あまり喧嘩はしませんが距離ができてしまうことも。

反対に、似たような性格の子ども同士だとライバル視してしまって仲良くできないことがあります。

決して彼らのことを比べることはせず、一人一人を見て大切にしてあげることが重要です。

年齢が離れすぎている

子どもが仲良くできないのは、子ども同士の年齢が離れすぎているためだったケースも。

連れ子の片方が高校生なのにも関わらず、片方がまだ赤ちゃんや幼児だったりすると、仲良くする以前にまだ親から手が離れられない状態です。

高校生にもなると自分自身の生活で忙しいので、相手にする暇がなかったりするもの。

こういった場合は、高校生のスキマ時間に赤ちゃんのお世話を一緒に手伝ってもらうなど、積極的に関わる機会を与えてみてはいかがでしょうか。ただし、お世話を押し付けるようなことは逆効果になるので、言い方には注意しましょう。

連れ子同士が異性のケース

時には連れ子同士が異性という場合も当然あります。

少し歳が離れている関係だと、お兄ちゃんやお姉ちゃん的な役割をしてくれたりしますが、歳が近いとお互いを異性として意識してしまって、なかなか仲良くできなかったり。

もしくは逆に恋愛感情を持ってしまう事態も。離婚という現実を受け入れるだけでもいっぱいいっぱいなので、癒やしてくれる相手を探してしまうかもしれません。

そのような状況下で、身近にいることになった新しい家族に異性としての感情を抱いてしまうことがあります。

家族になった他人、そばにいる異性が恋愛対象になってしまうことも自然です。親が同じように抱いた恋愛感情を、同じ血が流れる子どもが同じように抱いても不思議ではありません。

連れ子同士の恋愛については後に紹介しているので、そちらを参照してみてください。

連れ子が結婚に賛成していない

どちらかの子どもが結婚に賛成していないと、意見の相違で不仲になるでしょう。

母親側の子どもに多いのですが、母親が再婚して相手の男性や子どもに取られてしまったという感情を抱いてしまい、仲良くできないケースがあります。

まずはきちんと子どもの賛成を得てから再婚をするというのが基本です。そのためこの場合は後からになりますが、子どもに賛成してもらえるようにしっかりと話し合いの場を設けるようにしましょう。

相手の親に優しくしてもらえない

相手の親から優しくされていないせいで、お互いの連れ子が険悪になることも。いくら再婚したからといっても、やはり自分の子どもが一番可愛く思えるのは当然です。

相手の子どもと平等にしようとしてもどうしてもできなかったりすると、相手の子どもからは距離を置かれてしまいます。

たとえ血がつながっていないとしても、再婚したのなら相手の連れ子も家族。できる限り平等に愛情を注げるよう、まずは子供のことをよく知ることから始めましょう。

連れ子が新しい家族に馴染めない

親が離婚しただけで心も感情も壊れしまいそうで、その上生活環境や家族環境まで大きな変化が起こることまで、対応できないことも。

心の準備と感情を解きほぐすための時間的余裕と準備が必要です。それでもたいていの場合は、離婚も再婚も電光石火で起こってしまうことが多く、子どもたちからしたら理不尽であり悲しいこと。

少しでも子どもたちの負の感情を抑えるためにも、常に子どものおかれている状況や気持ちを考えながら行動するように心がけましょう。