お見合いパーティーで意中の人をゲットするコツ:最後の自己紹介が肝心!

記事の著者:Kanako

お見合いパーティーでは、全員初対面であることや独特の空気感から、緊張して異性との会話も弾まないまま誰ともカップルになれずに終わってしまった、という人も多いです。

しかし参加するにはそれなりの費用もかかるわけですし、狙った相手を確実にゲットしたいもの。お見合いパーティーでは限られた時間でいかに相手に好印象を残せるかがポイント。そのために有効なコツをチェックしましょう。

お見合いパーティーで成功するコツ

初対面の人が集まるお見合いパーティーでは、以下のコツをあらかじめ把握して行動しましょう。

第一印象で差をつける

ある調査によると人の第一印象を決める重要な要素は、一位が見た目、二位が話し方。見た目が大事といっても、それは必ずしもイケメンかどうか、または美人かどうか、を意味するのではありません。

清潔感のあるさわやかな身なりと近寄りやすい雰囲気が相手への印象を良くします。TPOに合わせた服装やにこやかな表情で周りの女性と差をつけましょう。

自己紹介は簡潔に

婚活パーティでは始めお互いの自己紹介タイムが設けられていることが多いですが、このときに長々と話すのはよくありません。

自己紹介タイムで話すのは自分の番号と名前だけで十分。年齢や職業などの基本的な情報はそもそもプロフィールカードに書いてあるため、あえてもう一度自己紹介で話す必要はありません。

笑顔が大事

同じ内容の話をしても、その口調や表情で相手に伝わる印象はまったく変わってきます。いくら話す内容を一生懸命考えても、その話し方や表情がまずければ全く意味がありません。

ちゃんと相手の目を見て、自然でさわやかな笑顔で話すだけで、相手への印象は格段に良くなります。印象というのは様々な要素が絡み合って、そのトータルとして相手に伝わるのです。

共通点をアピール

初めて会った相手と会話を弾ませようとしたときに、一番自然で効果のある話題はお互いの共通点に関するもの。

好きなスポーツや音楽の趣味、または出身地が同じなどの場合は、必ずそのことを話題にしましょう。そのためにも相手のプロフィールカードをしっかりチェックしておくことが重要。

終わり際にもう一度自己紹介

いいなと思った相手と無事に会話を弾ませられた場合、ツーショットタイムが終了したときに「楽しかったです」などの自分の気持ちを伝えて終わってしまう人も多いはず。

しかし終わり際に相手にかける言葉として最もいいのは、自分の番号と名前をもう一度伝えること。相手の男性はあなた以外にパーティーで多くの女性と話しています。そこで最後にもう一度名前を伝えることで、ほかの女性より印象づけることができるでしょう。

お見合いパーティーに慣れていない人は

partyparty

お見合いパーティーが初めての人や男性と話すのが苦手な人でもおすすめなのがPARTY☆PARTY。

お酒好き限定や同年代限定、友達と参加できるパーティーなど、さまざまな種類のお見合いパーティーが用意されているのがポイント。事前にある程度の共通点があることがわかっていれば、親近感を持ちやすいはず。

また、初参加向けや高収入・人気職業など、相手の条件から絞ることも可能。細かい条件が付いているため、理想の条件に近い異性と出会いやすいでしょう。楽しく婚活できるPARTY☆PARTYなら、理想の相手を見つけられるはず。ぜひ一度公式サイトを確認してみて。

PARTY☆PARTY[公式]

SARAS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。