合コンのカラオケで好印象を残すコツ:盛り上がる曲を歌おう!

記事の著者:SARAS編集部

合コンの一次会で目当ての女の子と仲良くなり、二次会でカラオケへ。ここまで来たら確実に親密になって、女の子をゲットするところまで持っていきたいものです。

カラオケでは歌が上手いかどうかは実はあまり重要ではありません。いい印象を残すちょっとしたコツを知っているかどうかで、結果が大きく変わってきます。

「いい印象を残すコツなんて知らないよ!」という方のために、今回は合コンのカラオケで何をするべきかや、してはいけないことの注意点などを紹介していきます。

合コンのカラオケで好印象を残すコツ

カラオケでどのように振る舞えば、女性にアピールすることができるのかをいくつか紹介するので、しっかり抑えてモテを目指しましょう。

インターフォンが届く位置に座る

インターフォンの近くに座り、飲み物や食事などさりげなくオーダーをとってあげると、気が利く人という印象を与えることができます。

あまりくどくどとアピールしすぎると、逆にウザいと思われてしまって逆効果なので、あくまで自然にやることが重要です。

オーダーを頼まれてから電話するのではなく、誰かの飲み物が減っていたらさりげなく注文を聞いてあげるとポイントが高いです。

女の子の隣に座るときは画面側が鉄則

狙っている女の子がいるときはその子の隣に座るのは当然ですが、この時必ず女の子に対して画面側に座るようにしましょう。

カラオケでは歌っているときはもちろん、それ以外の人も基本的に画面のほうを向いていることが多いものです。

狙っている女の子に対して画面側に座っていれば、自然とその女の子と向かい合わせになり、会話のきっかけがつかみやすくなります。

盛り上がる曲が一番

合コンでのカラオケはみんなで盛り上がってコミュニケーションをとり、女の子とより親密になるためのものであって、自分の歌唱力を自慢するためのものではありません。

女性受けの良い曲としては、メジャーな男性ボーカルバンドなどが挙げられます。有名な曲であれば、女性と一緒に歌うのもあり。

場違いな曲選択で雰囲気を白けさせないようにしましょう。自分の得意な曲だけでなく、みんなで一緒に歌える有名な曲や最新の曲などもチョイスしましょう。

女の子の歌はさりげなく褒めよう

狙っている女の子が歌った後はもちろん褒めてあげましょう。ただし、下心丸出しでわざとらしく大げさに褒めると逆効果です。

歌うまいね、などとさりげない褒め言葉をさらっと言うのがコツです。歌をろくに聴かずに褒めると相手は白けてしまうので、女の子が歌っているときは歌をちゃんと聴いてあげるのも重要です。

歌わないなら、カラオケの盛り上げ役に徹しよう!

カラオケに行ったとしても、「歌には自信がないから歌いたくないな…」という人もいるでしょう。その場合は、せっかくの合コンなのですから、カラオケの盛り上げ役に徹しましょう。

いつもの友達とのカラオケでは、ただただ見ているだけで過ごしていたとしても、合コンでそんな態度をとってしまったら、「デート中もこんな感じでつまらなさそうにされるのかな…」と不安に感じて、なかなか付き合おうと思う女性はいません。

そうならないためにも、ほかの人が歌っている間には軽く合いの手を入れたり、楽しそうな表情をしたり、体を軽く動かしたりして、場の雰囲気をよくするように心がけましょう!

また、女性側にも歌を歌わずに見ているだけの人がいたら、その人と一緒に抜け出して別の場所に行ってみるのもおすすめです。

合コンのカラオケでやったらだめなこと

合コンのカラオケで好印象を与えるコツについて紹介しましたが、やったらだめなことについてもきちんと把握しておくことが重要です。どんなことに気をつけるべきなのか見ていきましょう。

選曲や入力でもたもたする

曲を選ぶときに、何にしようかといつまでもだらだら迷っているのは、女の子から見て印象がよくありません。得意な曲や盛り上がる曲をパパっと選択しましょう。

また、リモコンの使い方が分からずモタモタするのも非常にダサいです。スマートに使って女の子に良い印象を残しましょう。

カラオケ中にお酒を飲ませる

カラオケでの合コンとなると、当然密室での合コンとなります。そうなった場合、どうしても男性は下心から女性にお酒を勧めたり、飲ませたりする傾向にあります。

しかし、その行為はNG。合コンに慣れている女性は、決してそのような手には乗りません。「あの男は飲ませようとしてきた」なんて噂で回されてしまったら、次の合コンの機会を失ってしまう可能性も。

そうならないように、女性にはお酒の力を借りて迫るのではなく、しっかりとシラフかほろ酔いくらいの状態で真っ向勝負をするようにしましょう。

マイナーな曲ばかり歌う

マイナーで特定の人にしかわからない曲を歌うのは避けたほうが良いです。特に、ボカロやアニソンといった曲は、女性受けが良くないのでやめておきましょう。

また、ラップやヘビメタなどもノリが難しく盛り上がらない可能性があります。自分だけが楽しむのではなく、あくまでも楽しんでもらうという前提でいることが大切です。

マイクの持ち方がおかしい

カッコつけようと、マイクを独特の持ち方で歌う男性がときどきいますが、それは逆効果。ポーズだけキメキメで歌っていても、ただただ痛い奴だと感じさせてしまうだけです。

また、歌唱力があったとしても、ナルシストだと思われてしまう危険性が高いので注意。マイクは自然に持って歌うことをおすすめします。

合コンのカラオケまとめ

合コンでカラオケに行く際のポイントや注意点を紹介してきました。今後合コンでカラオケで行く機会があれば、今回紹介した内容を参考にしてみてください。

あらかじめ歌う曲リストをこっそり作っておけば、入れる時にもたつかなくてすみます。また、一人カラオケや友達とカラオケをして、練習しておくのも良いでしょう。