話題沸騰中!男女が出会える婚活バーで守りたいマナー5つ   

記事の著者:Kanako

最近では、婚活バーというものもあります。独身男女出会いの場としてとても注目されています。

婚活バーは店内は一般的なオシャレなバーです。落ち着いた雰囲気で、静かに音楽が流れて、大人の雰囲気を醸し出されていて、会話が楽しめます。

気になる異性が見つからない時間でも、一人の時間を気にせずに過ごすことができるので、婚活バーに参加しやすいという特徴を持っています。

婚活バーは基本的に会員制です。会話を楽しむ社交場です。最低限のマナーはとても重要。婚活バーのマナー5選を紹介したいと思います。

清潔感のある身だしなみをする

婚活バーはドレスコードはありません。普段着や仕事の帰りに立ち寄っても、もちろんよいのです。

婚活バーでは、男性はスーツ姿、女性はワンピース姿がとても多いのです。張り切ってオシャレをしていきたいところですが、オシャレしすぎも浮いてしまう可能性がとても高いです。

結婚式で着るような、男性はタキシードを着たり、女性ではドレスを着て来店したら、とても浮いてしまいます。清潔で自分をアピールしてくれて、お店の雰囲気を壊さない服装で行くのがマナーなのです。

自慢話しをしない

特に男性は自尊心が強い生き物です。なので、自慢話しを気になる人には特にしてしまう傾向があります。

しかし婚活バーに参加している女性は、自慢話しを聞いても何も面白くないし、退屈なのです。好きでもない人の自慢話しは、時間の無駄と思っているのです。

婚活なので、相手にアピールする必要があるのは間違いないのですが、やたらと自分ばかり話している人は、男女問わず人気はありません。自慢話しばかりするような人は、やはり相手のことを考えていないと判断されてしまいがちです。自慢話がやたらと多い人は基本的には避けられます。

ネガティヴな発言をしない

常識のある大人なら、人を不快にさせる発言は慎むのが当然だとわかっているはずです。しかし、他人を嫌な気分にさせる人がいます。自分では良かれと思って言ったことが、相手に上手く伝わらずに、失望させてしまうということもよくあります。

まったく自分に自信が持てない発言をしたり、苦労話・失敗した話・いじめられた話などを話すのも気分よくありません。せっかくオシャレなバーなのに勿体ないです。

そして、聞いてる方はどう対応したら良いのか困りますし、その場が気まずい雰囲気になり、テンションも下がります。美味しいお酒、オシャレな場を活かすような会話を心がけることがとても大切です。

表情がない

婚活バーなら、話し方や仕草、表情から相手のひととなりが伝わってきます。なので、表情はとても大切です。会話する前からいい印象、悪い印象は表情で推測されてしまいます。

口角を上げ、姿勢を良くしているだけで、印象は違います。不安気な顔や、暗い表情、挙動不振な態度、笑顔がないのは印象がとても悪いです。まったくの無表情で、何も発さないでいると、相手も話す気がなくなってしまいます。

どんな態度を取っていいのか分からない場合は、相手の発する言葉に共感することが大切。笑顔がとても重要になるのです。

香水がきつい

遊び相手には美男美女がよくても、結婚相手となると、やはり性格重視で、誠実さ・優しさ・思いやり感じられる人が好まれる傾向にあります。

最近増えているのが、香りがきつすぎる人です。体臭がキツイのではなく、香水やコロン、整髪料や柔軟剤などを大量に使用したために、香りが強烈すぎるのです。

香りの感覚は、人それぞれ違いますし、自分では物足りないくらいでも、周りの人にとっては強烈だったりします。ほのかに香るくらいでも、充分効果を発揮します。なので、香水・コロン・整髪料・柔軟剤には注意が必要なのです。

SARAS編集部がおすすめ!婚活サービス3選

編集部が、真剣度・信頼性などから厳選したオススメの3サービス。