浮気の原因にも?!不妊が原因で離婚するパターン

記事の著者:Kanako

いくら付き合いが長く、大恋愛の末に結婚を果たしたとしても、不妊問題で離婚に至ってしまう夫婦は後を絶ちません。

今回はそんな知られざる不妊の夫婦が抱え、苦悩し離婚に至ったパターンを紹介していきます。

不妊治療が苦痛

不妊治療は女性であれば生理周期を把握され、夫と共に一番受精の可能性のある時期にセックス指導されます。

男性は個室で自分で精子を出さなければならず、なかなか辛い作業を繰り返すことになります。

なので精神的な辛さから、不妊の原因がない方から離婚を申し出るパターンが多いそうです。

お金がない

不妊治療は平均的に一回の治療で40万程必要になります。勿論必ず成功する訳ではないので、費用は「40万円×成功するまでの回数」になってしまいます。

どうしても子供が欲しい夫婦は、借金をしてでも費用を準備するみたいで、その経済的な負担が原因で、段々と夫婦の仲に亀裂が入り、離婚に至ってしまうようです。

外に目が向いてしまう

悲しい事ですが辛い治療が続く中で癒しを求め、夫であれば外の女性に、女性であれば外の男性に目が向いてしまう事も少なくはありません。

不妊の原因側ではない方が浮気をして、あっさりと子どもが出来てしまって離婚に至ったケースもあるのです。

不妊側を責めてしまう

不妊治療を始める際に、絶対に不妊側を責めないと約束しても、度重なる治療や費用でイライラしてしまうもの。

つい不妊ではない側は、「何で自分は悪くないのにこんな目に遭うんだろう」と理不尽さを感じてしまいます。

その結果、不妊側を責める言動が目立つようになり、離婚に突き進んでしまいます。

辞め時で喧嘩

不妊治療に挑む夫婦は、大体のリミットを設定しています。

しかし、諦めきれずにリミットを過ぎても続けようとして喧嘩に発展してしまい、積もり積もった不妊治療のストレスもあいまって、取り返しのつかないほどの亀裂が入る事もあります。

不妊治療の際には、細かな話し合いが非常に大切になります。

不妊を通して嫌な部分が見えてくる

不妊治療をしていく中で、夫婦の共通の存在となる子どもがいないと、段々と相手の嫌な所ばかりが目についてくるもの。

特に不妊の理由ではない側は、ストレスをため込んでいる状態なので、最終的にはドアの開閉音を聞くだけで嫌悪感を感じるまでに相手を嫌ってしまうのだそう。

不妊治療を頑張るのも良いですが、子どもがいなくても相手を愛して添い遂げる為の努力も同時に進めていく事が大切です。