意外にかかる結婚費用を貯金するコツ:共通口座をつくり、2人で協力しよう!

記事の著者:Kanako

結婚には、結婚式や新婚旅行などとにかくお金がかかるものです。

はじめから結婚に備えて貯金していた、と言う方は結婚式を開くとき、比較的スムーズに事が運ぶでしょう。

しかし、独身時代に決まっても結婚資金を貯めている人は少ないはず。

今回はほとんど貯金をしてこなかった、という方の貯金のコツや実際にかかる結婚費用について紹介します。

また、高収入な男性と結婚して、豪華な結婚式や新婚旅行をしたいという方は、マッチングアプリで出会いを探してみてはいかがでしょうか。

具体的にかかる結婚費用と平均金額

結婚費用にかかるお金というのは、結婚式の費用だけでなく、プロポーズや新婚旅行、新居への引越し、新婚生活にもある程度の余裕をもってスタートした方が良いでしょう。

プロポーズ

プロポーズに婚約指輪というシチュエーションは女性なら、誰もが憧れるものです。そんな婚約指輪の平均値段は約34.7万円と言われています。

婚約指輪は、ダイヤの大きさやブランドなどで値段が変わってきます。

あらかじめ価格の相場を調べ、検討した上で購入しましょう。

結納・顔合わせ

ふたりが結婚を決め、互いの家族が一同に会す場は、「結納」、「両家顔合わせ」のいずれかによって機会が作られます。 結納は約200万円程、両家顔合わせ食事会は約10万円程かかります。

このように結納は値段が高いということや、場所も限られるために、現代では多くの方が「両家顔合わせ」を選択しています。

また、結納や顔合わせは親が主体となって計画することもあるので、その場合は、親が資金を援助してくれることもあるでしょう。

結婚式

実際に結婚式にかかる平均金額は300~350万円未満と言われています。

そのうちご祝儀やご両親からの援助金を差し引いての持ち出しの平均金額は50~100万円未満が多いようです。

また、列席人数や会場によって金額は左右されるので、ふたりでよく話し合って結婚式の方向性を決めましょう。 最近では、ペーパーアイテムや装飾を自分で作ってコスタダウンする花嫁さんもいることが特徴です。

また、最近人気なのが「ウェディングフォト」。結婚式をしない方は、写真で思い出作りをすることもアリですよね。

新婚旅行

そして、次に新婚旅行の平均金額が海外で50万円~70万円未満だそうですが、日本国内でなら10万円前後で済みます。

少しでも費用を削減したい場合は場所や時期も検討してみると良いでしょう。

早めの予約や、パッケージプランなどを利用すると、賢くコストダウンすることができます。ぜひ、早めに計画してお得なハネムーンを楽しみましょう。

新居への引っ越し

そして、新居への引越しにかかる費用ですが、最低でも100万円は見ていた方が良いようで、互いの給料でどちらがどのくらいだすのか、を決めている方もいます。

そこも二人でよく話し合い、節約するのであればもともと使っていた家具や家電を持ち込むなどして工夫をすると良いでしょう。

結婚費用を貯金する方法

目標を立てる

結婚式にどの程度お金がかかるのか、式のプランをおおまかに立ててみましょう。

招待客の人数や会場の広さで金額も大きく変わってきますので、実際に式場へ行って見積もりをしてもらうとよいです。

だいたいの費用を把握する事が出来ますし、双方のご両親とも事前にどんな結婚式にしたいかを話し合っておくとスムーズに決めやすくなります。

両家への結婚報告では、ご祝儀を貰える場合や結婚式の費用を何割か出してもらえる方もいるようです。

そういった場合はお返しの引き出物なども式場で相談してみるといいかもしれませんね。

家計簿をつける

家計の無駄な支出をなくすことから、始めることが大切です。はっきりとお互い見える化するためには、家計簿をつけるの一番良い方法です。

食費、外食、交際費、日用品などに渡るまで、細かく書くのがポイントです。収入と支出を書き出してみると無駄が多いことに気づき、削減することができるでしょう。

今はアプリなどもあるので、三日坊主にならない最良の方法を選んでくださいね。

共通口座をつくる

結婚を決め、お互いに結婚費用を貯金していなかった場合、お互いに共通の口座を作ると良いでしょう。

共通の口座をつくり、互いに結婚費用を貯金した方は多数います。

共通の口座であればいくら貯まったのかを互いに確認することができてとても便利ですね。

貯金したお金が余った場合、子供の学費の為に残しておくことができた、などのメリットもあるようです。

節約をしましょう

結婚費用を少しでも多く貯めるために大切なのは節約です。

例えば「デートの費用を安く抑える」「2人で手作り料理をする」など、工夫するとしながら一緒に楽しく節約してみましょう。

2人で節約したお金を貯金に回せば、お互いに無理なくお金が貯められます。

また、会社への通勤が不便でないのなら実家に帰らせてもらうのも良いですし、ご両親の了承を得られるのであれば同居を始めるのもいいでしょう。

一般的な貯金の期間

貯める金額や使う金額によって貯金の期間は個人差はあるものの結婚費用の一般的な貯金の期間は3年間、という方が多いようです。

結婚費用が足りなかった場合、親に援助してもらったりご祝儀で賄ったり、ブライダルローンを利用する方もいるようです。

スタートからローンというのも少し不安な気もしますね。

それでも足りない場合は挙式や披露宴をしない方も中にはいるようですが、せっかくなら身内の方だけでも招待して式は挙げた方が良いでしょう。

結婚費用を貯金するには2人の協力が大切!

結婚式はもとより新生活へのゆとりを考えれば、結婚費用貯金額は多いに越したことはありません。しかし、結婚を決意してから結婚式を挙げるまでの期間によっては、貯金可能額も決まってくるでしょう。

どのような結婚式を挙げるか、現実を見つめながらを2人でしっかりと話し合って、2人で協力して資金計画を立てることが大切ですね。