自己顕示欲が強い男の特徴9選:承認欲求に飢えすぎ!

記事の著者:Kanako

目立ちたがり屋の男性は少なからずいます。そういった男性は一般的に自己顕示欲が強いと言われています。

面白くてかわいいと思える程度ならいいけれど、度を越して自己顕示欲の強さが感じられるようになると、引いてしまう人が。

自己顕示欲の強い男には、共通の特徴があるようです。

次のような特徴の傾向がみえたら、自己顕示欲の強い男である確率が高くなるので、注意を払ってください。

自己顕示欲が強い男の心理

自己顕示欲が強い人はどのような感情を抱いているのでしょうか。

一言で自己顕示欲が強いといっても、様々なタイプの自己顕示欲があります。

周りの自己顕示欲が強い男性は、どのタイプが一番近いか照らし合わせて考えてみてください。心理がわかれば自己顕示欲が強くても、気にならなくなるかもしれません。

常に注目されたい

他人に認められたい気持ちが強いので、人気者アピール、友達多いアピール、忙しいフリ、寝てないフリ、不調のフリと、あらゆることで注目を浴びようとします。

目立つことが要求される職業ならともかく、普段から過剰に自分をアピールされると、疲れてしまいます。

人より優位にたちたい

聞いてもいないのに人に教えたがったり、説教じみたことを語ったりしたがります。自分の方が優秀であると相手にわからせたいためです。

さらに悪い時には、自分のことを棚に上げて他人を批判したり、見下したりすることもあります。自分に対して見下してくるのはまだしも、大切な友達まで見下されたらいい気はしません。

ですが、自己顕示欲が強い人は、相手の気持ちなんて考えていないことが多いです。

人のアドバイスは聞きたくない

「そんなこといったら嫌われるよ」とか「もう少し抑えた方がいいよ」とか、有効なアドバイスをしてくれる人がいても聞こうともしません。

思い込みが激しいので、聞く耳をもてないのです。むしろ逆効果で、さらに自己顕示欲が爆発してしまうこともあります。

自慢したい

高い服を着ていることを自慢したり、昔ワルだったことを自慢したり、寝ていない自慢まで、とにかく自慢話が多いです。

皆が引いていることもわからず、アドバイスも聞かないので、自慢話はふくらんでいくだけです。

自慢話ばかりする自己顕示欲が強い人には、聞き上手になってうなずいてあげるだけで、相手は満足します。

人に認めてもらいたい

自己顕示欲で一番強い気持ちが、他人に認めてもらいたい、という承認欲求です。

小さい時に過保護だったり、あるいは両親に全く認めてもらえずに育った場合、こういう気持ちが強くなるようです。

自分の存在を証明して、自分は価値のある人間であるとわかってもらいたいのです。

グループの中で目立ちたい

自己顕示欲が強い男は群れたがる傾向があって、どこに行くのもだれかと一緒の時が多いようです。

一人でいても自己顕示する場はないわけですから、一人より二人、二人より三人と、ある程度の人数のなかで自分をアピールすることで、自己顕示欲を満たすのです。

有名な会社に就職しないと気が済まない

自己顕示欲が強い男性の場合、就職活動において周りの人よりも有名でかつ給料が高い会社に入ることに拘ります。

この特徴は、彼氏にする場合を考えると良い面でも悪い面でもあるでしょう。結婚を前提に付き合うとすれば、お給料がいい会社に入ってもらうに越したことはないかもしれません。

しかし、このようなタイプの人はプライドも高いため、多少仕事が辛くても転職を考えたりなどしません。

出世して偉くなりたいという一心で頑張りすぎ、体調を壊してしまう人も多くみられます。

SNSで彼女とのデート写真をUPしたがる

承認欲求の強い男性は、彼女とのデートなど、自分が日常生活で充実している姿をみんなに見てもらいたくて仕方がありません。

ゆえに、SNSで頻繁に彼女とのツーショットをアップするでしょう。彼女であるあなたも承認欲求が強いタイプで、SNS上に自分たちの写真をさらけ出すことに抵抗が無いのであれば何も問題はありません。

しかし、正直、みんなに写真を見せたくないというタイプの方も多いでしょう。そのような方には、自己顕示欲の強い男性はおすすめできません。

とにかく論破をしたい

人より優位にたちたいとも関連していますが、自己顕示欲の強い男性は、とにかく人に議論をふっかけて論破をしようとします。

まさに、論破をすることで自分が相手よりも頭がいいという事実を証明したいのでしょう。

付け加えると、相手に、自分の意見が正しいということを認めさせたい。議論をふっかけられる方からしたら、このような自己顕示欲の強い男性はかなり迷惑です。

ただし、議論をふっかけられた際に適当に流してしまうと、この手のタイプの男性はイライラしてしまいます。そのため、相手が議論を仕掛けてきた際は、無視をせず、議論に乗ってあげましょう。

そして、間違ってもこちらが論破をしてしまうことは避け、イイ感じに議論を進めて最終的に相手が勝つように仕向けてあげましょう。

自己顕示欲が強い男性に疲れたら

自己顕示欲の強い男に合う女性は、できるだけ男のいい点を認めてあげることで安心感を与えられる母性的な人がいいようです。

自慢話をたくさんすると、まわりから嫌われるよ、と愛情をもって教えてくれる彼女なら聞く耳をもつようになるかもしれません。

ついでに、自分で自分のことを認めると、自己顕示欲の強さは減らせることも教えてあげればいいでしょう。それがわかるようになったら、面白くてかわいいステキな彼氏になるかもしれません。