ボロボロでも諦めたらダメ!結婚指輪を売る時のポイント8選

記事の著者:Kanako

結婚する時には結婚指輪の交換という儀式を行います。結婚指輪を決める時には、二人で相談しながら一番気に入った物を選んでいるはずです。

しかし、離婚すると結婚指輪は全く必要の無い物になってしまいます。

最近では、自分で結婚生活に区切りをつける意味でも、結婚指輪を売る人が増えていますが、少しでも高く売るためのポイントをいくつか紹介します。

1.金やプラチナの買取専門店に売る

売る際には質屋などに持っていくのではなく、金やプラチナを専門に買い取ってくれる業者へ持っていく方が高く売れます。

金やプラチナの買取専門店は、質の高い物を仕入れたいと考えているので、結婚指輪のような質のいい品はちょうど都合の良い買取品になるようです。

また、できれば結婚指輪の入れ物も持っていくとより高く買い取ってくれることがあります。

2.査定基準がはっきりしている買取店を選ぶ

結婚指輪を高く売るためのポイントの一つに、買い取りの査定基準がはっきりしている買取店を選ぶ事をおすすめします。

金やプラチナというのは、相場が常に変動するため、専門店の方が相場をちゃんと把握しているので、売る側も納得して決められるはずです。

3.いろんな業者にしてもらう

複数の業者を回って査定してもらうことをおすすめします。

結婚指輪を早く売りたいからといって、一つの業者だけに査定してもらって売却しては損してしまうかもしれません。

いくつかの買取店に査定してもらって、一番高く買い取ってくれるお店で売るようにしましょう。

4.ボロボロでも諦めない

指輪がボロボロの状態だったとしても、売れないということはありません。

買取店が査定する時に重視しているのは素材の質の高さなので、指輪の状態はあまり関係がないことが多いです。

使えるような状態じゃないからといって売るのを諦めないでください。

5.宅配査定サービスを利用する

宅配査定サービスを利用してみるという方法もあります。

自分が住んでいるエリアに、結婚指輪を買い取ってくれるような業者がない場合などには、宅配査定サービスを利用すると良いでしょう。

ネットなどで申し込みすれば、指輪を入れる箱が送られてきて、それを送り返すだけで査定してくれるのでとても簡単です。

6.しばらく置いておいて売る

結婚指輪は、惚れ合って、好き合って一緒になった二人の大切な絆であり、結婚生活の証の一つです。

結婚式は経済的な理由がってあげられなくても、結婚指輪はほとんどの二人が交換します。

破局を迎え、鬱陶しい存在になっても、直ぐには売ってしまう勇気が持てない内は、踏ん切りがつくまで見えないところに放置し、気持ちに踏ん切りがつくまで待つのも一つの手です。

昔の結婚生活が思い出に変わったら、売ってみるといいでしょう。

7.フリマアプリで売る

「メルカリ」などのフリマアプリで売るのも新しい手段の一つです。

ハードオフやリサイクルショップなどまで足を運ぶには、二の足を踏んでしまうという感情がある内は、なかなか一歩を踏み出せません。

ところが、「メルカリ」などだと、案外執着心よりも、売るという行為に気が行くので、売り払う、という感情も少なく、しかも足を運ぶわずらわしさもなく手軽に売り払ってしまうことができるので、新しい方法の一つです。

しかも、リサイクルショップや質屋などで売るよりもずっと手軽な上に思いの外高く売れたりする可能性も大きいです。

8.リサイクルショップで売る

ハードオフなどのリサイクルショップで売るのも手軽な選択肢の一つです。

リサイクルショップというと現代的で聞こえはいいですが、一昔前の「質屋」です。

恋愛もリサイクルで、心機一転人生晴れやかに、と行くのも新しい時代の人生のリセット方法です。人生も初期化し、新しい人生をみつけましょう。