どうしたらいい?離婚歴がある人と付き合う時のコツ5つ

記事の著者:Kanako

好きな人が出来て幸せの絶頂のはずが、その人には離婚歴があることが判明。

「本当に大丈夫?」と不安になる気持ちは分かりますが、離婚歴で別れを選択という気にもなかなか切り替えられませんよね。

今回は、そんな離婚歴のある人と付き合う時のコツを紹介していきます!

相手の過去は聞かない

離婚歴のある男性は、深い事情を抱えている人がほとんど。

奥さんに不倫されたなど、まだ癒えない傷を抱えている場合が多いので、無理に過去を聞き出そうとすると喧嘩に発展してしまいます。

気になる気持ちはわかりますが、出来れば過去は相手が話してくれるまでゆっくりと待ちましょう。

相手を褒める

離婚に至った経緯は様々ですが、夫婦仲が冷めきったために離婚した人の場合、圧倒的に足りなかったのはお互いの愛情です。

相手に好かれたいからといって、駆け引きをしていては相手を不安にさせる一方です。

離婚経験のある男性は、とにかく褒めて良い気分にさせてあげることができれば、男性はどんどんあなたに惹かれていく事間違いなしです。

不安にさせない

男性は結婚自体に重い責任を感じて嫌がる傾向にあります。ましてや、一度離婚している男性ともなれば、独身のとき以上に結婚に対して警戒心が強くなっています。

離婚理由にもよりますが、正直男性側からしてみれば、二度と離婚など経験したくないと思っているので、女性を見る目も自然とシビアになります。

少しでも怪しい異性関係が見えれば、男性側は容赦なくあなたと別れるでしょう。怪しまれる行動は極力控え、相手にしっかりと自分の交友関係をオープンにしておく事が大切です。

老後の安定を意識させる

誰だって年老いた老後は不安です。離婚した男性は心の底では離婚し一人になった事で尚更老後の事を心配しながら暮らしています。

そんな相手の不安を突いて、自分といればいかに老後に寂しくないか、自分がどれだけ相手の人生に貢献できるかをアピールしましょう。

結婚をせかさない

女性は出産や周りからの目もある為に晩婚を好まない傾向がありますが、バツイチ男性を相手にする時はその考えを捨てなければなりません。

バツイチ男性は離婚後すぐに(1年~5年以内)再婚した人の割合は少なく、逆に時間がかかった(5年~10年以内)方が多いのです。

傷付いてなかなか再婚に踏み切れない気持ちを受け入れ、いつかは結婚してくれると気長に構えておきましょう。