結婚とはどう違うの?気になる事実婚のメリット・デメリット

記事の著者:Kanako

近年、事実婚という言葉をよく耳にしますよね。
事実婚をしているカップルは、結婚の届出を役所に提出していないということ以外は、普通の夫婦として生活をしています。
法律に縛られないメリットや、社会上での問題など、事実婚におけるメリットとデメリットをお教えします。

事実婚のメリット

気軽で楽に生活できる

事実婚のメリットは、なんといっても、関係するあらゆる物事において、楽な気持ちで臨めることでしょう。
結婚するということは、どのような場合でも、重大な選択を迫られます。
例えば、改姓ひとつとってみても、今まで使ってきた証明書やクレジットカードの類の更新が必要だったり、関係者への周知や、呼びなれない名前に慣れないといけません。
結婚に関することは、一度決めてしまうと、なかなかキャンセルができず、我慢し続けなければならない問題もあります。
この問題を回避できるという点で、事実婚のメリットは大きいでしょう。

費用がかからない

結婚式にかかる費用は、ひと昔と比べてずいぶんと高額になってきています。
それは結婚を考える二人の肩にずっしりと重くのしかかり、「もしそれだけのお金を新婚生活に使えれば」とついつい考えてしまいがち。
それを実現できるのが事実婚です。賢い結婚手段として、いま事実婚は経済的な面からも注目されています。

親族とほどよい距離感でいられる

未だに日本では「嫁入り」という感覚も根強く残っています。
家庭によっては、結婚したら相手の実家や親族にまで、いろいろなことを要求されるケースも多く見られます。
そういった点においては、結婚相手の親族と、ほどよい距離を置ける状態を作りやすいかもしれません。
理想としては、親族とも良い関係でいたいものですが、好きな相手の親族が、好ましい人物とは限らないのも、また事実です。

離婚の記録がつかない

事実婚では、名前が変わらないため、離婚しても周囲にわかりにくいもの。
また事実婚では、法律婚のように戸籍を作らないため、離婚しても戸籍に傷がつきません。
万が一、二人の中が上手くいかなくなった場合でも、別れやすい環境が整っています。
あまり望ましくはありませんが、これもメリットの一つでしょう。

対等なパートナーシップが生まれる

婚姻届けという事務的な手続きがない分、双方が対等な気持ちになって、新たな生活を築いていこうという心と心の絆が深まります。
昔からある、結婚生活における夫と妻の役割のあり方を考え直し、対等なパートナーシップを持ちあえることも、事実婚が叶えてくれる、大きなメリットと言えるでしょう。

事実婚のデメリット

保障や相続において信用が取りにくい

事実婚は気軽に二人の関係を築けるものの、社会的に見れば、その責任をあまり背負わない代償として、信用という面ではデメリットもあります。
例えば、生命保険の手続きであったり、宿泊施設や病院などを利用する際に、夫婦であることも証明に手間がかかったりします。
相続においても、相続権がないために、相続税が発生します。
また子供が生まれた場合は、非摘出子扱いとなってしまうのです。
しかし、実は社会的な手続きをする際に「妻(未婚)」や「夫(未婚)」と住民票の続柄記載を行うことが可能。
これによって社会保険や年金関係、各種行政サービス、携帯電話の家族割りなど、多くの家族対象の恩恵が受けられようになります。

日本社会においてはまだまだ異端である

このように、法律上では結婚して、家族と言う社会の単位を形成する事が前提として成り立っているものも多くあるので、事実婚の状態では不都合な事にも多く遭遇する事が予想されます。
二人で生活を始めたばかりの頃は、あまり問題がないかもしれません。
しかし夫婦として、家族として、親子としての人生を歩み始めた時は、いろいろな問題が出てくるという認識は必要だと言えるでしょう。

まとめ

今後、日本の憲法整備や、社会のあり方、価値感などが変わってくる可能性も十分あります。
しかし、事実婚のメリットだけに目を奪われてしまわないように注意は必要です。
もし迷っているのであれば、この記事を参考にパートナーとよく相談してみてください。