薬剤師が結婚できない理由とは:合コンで素敵な出会いを見つけよう!

記事の著者:Kanako

薬剤師は現在、女性が7割を占め、若い人のなり手が減少している業界と言われています。

勤務場所も薬局や診療所など限られた人間関係という環境の中で、素敵な出会いを求め、さらに結婚をしたいとなるとなかなかうまくいかないのが現状です。

それでも素敵な男性と出会いたいし、いずれはしっかりと結婚したいですよね。そこで、以下では薬剤師が結婚できない原因や、合コンや婚活パーティーなどの出会う方法をご紹介していきます。

目次

薬剤師はモテるのに出会いがない

薬剤師は、あまり日常生活中では感じることはないかもしれませんが、実は婚活市場で男性にモテる職業。

合コンなどの場でも、「薬剤師をやっています」と言っただけで男性からの食いつきが変わったという話も聞きます。

国家資格が必要な職業で、これからの高齢化社会には必要不可欠な存在なので、失職することなく収入が安定しているため、結婚後の共働きを考えている男性にはうってつけの存在。

しかし、小さい調剤薬局やドラックストアなどの、小規模な職場で働いている人が多いため、なかなか出会いがないです。

また、新しい薬品の勉強などで日々忙しく、出会いがないうえに恋愛に時間を割いている暇がないのだとか。

そこで以下では、出会いの機会が少なく、時間も少ない薬剤師のための出会い方法をご紹介していきます。

薬剤師の結婚事情

薬剤師になるにあたって、大学の在学期間が長いため、結婚年齢は一般企業の女性よりも高い傾向があります。

また、仕事が忙しく出会いもないため、恋愛ができないという女性多くいます。しかし、結婚のことを考えると資格を持って働いているため再就職がしやすいので出産や子育てをしやすい環境でしょう。

また、旦那が転勤族であっても一緒について行き、その土地でも働くことができます。

そのため、結婚を考えたら男性人気もあるでしょう。しかし、女性薬剤師は結婚できない人が多く、未婚率が高いと言われています。

出会いのチャンスを逃さないためには、飲み会や合コンなどの場には積極的に参加してみて下さい。

人気の職業なのに薬剤師が結婚できない原因

出会いが少ない

薬剤師の女性が婚期を逃してしまう理由はこれが結構多いようです。

職場にいるのは基本的に看護師など同性が多く、男性の薬剤師や看護師がいても既に既婚のことが多いのだとか。

特に薬局やドラッグストアに務めている場合は職場の人数も少なく、それも出会いのなさに拍車をかけるようです。

もし学生時代の友人に合コンなどの出会いの場に誘われたら、ためらわずに積極的に参加してみるのがおすすめ。

忙しく時間がない

薬剤師の仕事は、新しい薬の勉強など、常に勉強の連続なので大変です。学校を卒業したからといって、それで勉強が終わりというわけではありません。

そのために、仕事に勉強にと忙しい薬剤師はなかなかプライベートの時間も取れないことが多いです。すると必然的に出会いのチャンスも減ってしまうということになります。

仕事が充実している

薬剤師の仕事は大変ですが、それにやりがいを持って楽しく働いている人が多いです。

給料も高く安定しているので、仕事に夢中になって過ごしていたら気が付いたら婚期を逃していた、というケースも多いようです。

仕事が充実しているがゆえに、結婚のほうはどうしても後回しになってしまうのでしょうか。

男性が引け目を感じてしまう

女性薬剤師は、男性にとって近寄りがたい印象を与えてしまうこともあるようです。

薬剤師は、国家試験に合格しなければ就けない仕事で、年収も一般のOLより高いことが多いため、男性からすると自分と同じぐらい、または自分より稼いでる女性には引け目を感じてしまいます。

そのため、男性からのアプローチも自然と少なくなってしまうようです。

理想が高い

薬剤師は理想が高い人が多いと言われています。

自身と同等もしくはそれ以上の知的レベルの人を自然と求めてしまうため、当てはまる人がなかなか見つからないという方もいます。

話が合う人を見つけたい場合は、そういった人が集まるコミュニティに入ってみたり職業限定のパーティに参加したりするのもおすすめです。

大学卒業が遅い

そもそも薬学部は、卒業するまでに6年かかる学部です。卒業するころには24歳ということになります。

20代前半を勉強に費やし、薬剤師になるために時間を費やすことは素晴らしいことですが、結婚を考えると時間がないことは確かです。

社会に出てすぐ結婚を意識する人は少ないため、あっという間に婚期を逃してしまう可能性が高いと言えるでしょう。

薬剤師は男性にモテる?

上で述べた理由から、婚期を逃してしまっている薬剤師さんは少なくないようですが、薬剤師の女性は結婚相手として人気の職業の一つで、合コンなどの出会いの場では人気なのだとか。

その具体的な理由をここでは見ていきましょう。

性格が真面目で頼れる

薬剤師には、真面目で清楚なイメージがありますし、頭がよくていざという時に頼れるという印象があります。またどこでも働ける上、収入も安定しているので共働きを求める男性には非常に評判が高いです。

堅実であまり派手な遊びはしなさそうで、男性から見ればお嫁さん候補としてポイントは高いでしょう。

結婚後の働き方と収入

正社員としての薬剤師の給料は特別高いものではないかもしれませんが、結婚して子育てしながらパートで働くとなると、薬剤師はとても給料のいい仕事だといえます。

時給で2000円以上出ることも普通なので、通常のパートと比べると家計はかなり助かります。家事や子育てと両立しながらある程度の収入が見込めるのは男性にとってとても魅力的なことです。

また働き口が多くパートでも求職が多いため、結婚後に転職せず、職場復帰しやすいのも利点でしょう。

薬剤師が出会う方法

以下では、薬剤師が出会う方法をいくつかご紹介していきます。

合コンや婚活パーティ、結婚相談所などのさまざまな出会いの場をご紹介していくので、自分に合った方法を試してみて下さい。

異業種と出会える合コンに参加する!

薬剤師で出会いがないという人におすすめなのが合コンです。

同じ職場の仲間でもいいですし、高校、大学時代の友人にお願いをして、合コンをセッティングしてもらうことで、普段はあまり関わらない男性と出会うことができます。

薬剤師は安定した職で、学力もないとなかなかなれない職業なので、結婚相手として知性と財力のある女性を探している男性には魅力的な存在。

合コンでもほかの女性とは一線を画した存在になれること間違いなしです。

もしなかなか合コンをする相手が見つけられない場合は、即席で合コンのような雰囲気を楽しむことができる、相席屋などの場で出会いを探してみましょう。

婚活パーティーに行く

partyparty
partyparty公式サイトより

薬剤師として働いていると、普段の生活ではなかなか出会えないと感じる人は、思い切って婚活パーティーに行ってみてはいかがでしょうか。職業別や趣味別のパーティーもあり、ある程度決まった枠の中から自分に合った相手を効率よく探せると評判。

地域主催のものや、結婚相談所によるものなど様々なイベントがあるので、まずは試しに行ってみましょう。PARTY☆PARTY、首都圏、関西、東海を中心に全国でイベントが行われています。

初参加向けや高収入・人気職業など、相手の条件から絞ることも可能。細かい条件が付いているため、理想の条件に近い異性と出会いやすいでしょう。

PARTY☆PARTY[公式]

知り合いに紹介してもらう

知り合いや職場の人に紹介してもらうのも1つの方法です。双方のことを知っている人による紹介なので上手くいくことが多いと言われています。

自分から積極的に好きなタイプや理想の男性像をアピールすることでピッタリの人を紹介してもらえるかもしれません。

また、紹介してもらう場合は、同じ薬剤師仲間を当たっても同じく出会いのない人ばかりの可能性が高いので、そのほかの枠組みの人から紹介してもらうように頼みましょう。

行動パターンを変えて出会う

薬剤師の仕事柄、日々新しく開発される薬のことはもちろん、病気や治療法の知識なども勉強し続けなければならないでしょう。休日や空き時間に勉強している人も多いのではないでしょうか。

そこで、家で勉強している方は、ぜひ外へ出てみましょう。図書館でもいいですが、出来れば会話がしやすいカフェがおすすめ。

行きつけのカフェを見つけ、店員さんと親しくなるだけでも人脈は広がります。オーガニック食材を使ったカフェ、健康志向のカフェなどに行けば、店員さんと話題も合うかもしれません。

その他、いつもは職場から直帰していたところを、美術館、映画に行くなど新しいものに触れることは出会いを引き寄せるきっかけになります。

住む場所を変える

これはなかなかハードルが高く感じるかもしれませんが、引っ越しをすれば、新しい出会いができる可能性はぐっと高まります。

知らない相手と同じ空間で住むシェアハウスに挑戦してみるのもよいかもしれません。

シェアハウス専用の便利な検索サイトなどもあるので、興味のある方はぜひ気に入る物件を探してみてください。

例えば「アウトドア好き」、「お料理好き」などテーマ別に入居者を募集している物件もあるため、趣味嗜好の似ている人が集まりやすいため、恋人だけでなく友人もたくさんできるはずです。

また、職場の近くのシェアハウスに引っ越せば、シェアハウスの人に薬剤師としての働きっぷりも見て貰えるのでおすすめです。

結婚相談所に登録してみる

マッチング精度が非常に高い結婚相談所を利用して婚活する人は年々増加しています。自分の性格や理想の相手を丁寧にカウンセリングしてもらうことで自分と相性バツグンの人に出会える確率が高まります。

また、薬剤師として働いていると、出会いが少ないので、どのように男性にアプローチしたらいいかわからない方も多いと思います。

そうした方にも専任カウンセラーがアドバイスをくれるので安心して婚活できるでしょう。

全国に支店がある楽天オーネットは、200種類以上のデータから精密なデータマッチングができることで高い人気を集めています。毎年の成婚者数実績が5000人を超えているのも、信頼できるポイントではないでしょうか。

随時結婚チャンステストやカウンセリングを行っているので、仕事で忙しい薬剤師の方もまずは気軽に訪れてみてください。

楽天オーネットの結婚チャンステスト

マッチングアプリで探す

Omiai

薬剤師の仕事が忙しく、なかなか出会いの場に行く機会がないという人もいるでしょう。そうした人には仕事の合間や休みの日に相手を探せるマッチングサイトがおすすめです。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す