Aセクシャル(無性愛者)って知ってる?Aセクシャルの性欲・見分け方・付き合い方

記事の著者:Kanako

Aセクシャルという言葉の意味を知っていますか?レズビアンやゲイなどと比べて、まだ認知度が低いこの言葉。世界の人口のおよそ約1%の人々が、このAセクシャルに属していると言われています。

今回は、Aセクシャルの特徴や見分け方、付き合い方を紹介します。

Aセクシャルとは

恋愛や結婚に全く興味がない

Aセクシャルとは、無性愛者。つまり他人に対して性的欲求や恋愛感情を抱かない人々のことを指します。

成長途中の段階ではAセクシャルだと断定することができないので、成人後に診断される場合が多いです。

Aセクシャルに対する認識

多くの人が、「人間なら誰しも恋愛感情を抱いて人を好きになる」といった考え方を持っているでしょう。しかしAセクシャルの人々は、誰かを好きになることはありません。

「恋愛するのが当たり前」「将来は好きな人と結婚をする」などの考え方は、Aセクシャルの人々にとって、とても生きづらい環境となっています。

Aセクシャルだと気付くまでの苦悩

気付くきっかけ

Aセクシャルの難しいところは、自分がAセクシャルだと気づくまでに時間がかかることです。

恋愛に興味を持たない彼らは、小さいころから恋愛感情と言うものを体感したことがなく、恋愛というものが何なのか理解できません。

そんな葛藤の中で異性と付き合ってみるものの、やはり恋愛に興味がなくすぐに別れてしまう、というパターンが多く、次第に自分が病気ではないのかと考えるようになります。

Aセクシャルという概念を知らない人が多い

Aセクシャルの人々は、「大人になっても恋愛感情を抱かないのは、自分がまだ未熟だから」だと考える人が多いです。

恋愛感情を抱かないこと以外には特に違和感がないので、なかなか気づくことができません。

こういった背景には、Aセクシャルと言う言葉そのものがあまり認識されていないことにも原因があります。

Aセクシャルの人々とうまく付き合う方法

Aセクシャルは障害ではない

恋愛感情が抱けないことは、決して障害ではありません。他人に対して性的欲求が湧かないとしても、それがその人の自然体の姿なのです。

期待を持たない

「将来は恋愛感情を抱けるようになるかもしれない」と期待するのはNG。もう少し大人になれば恋愛できるようになるかも…といった考え方は、Aセクシャルの人々を追い込むだけです。

ありのままを受け入れ、理解を深めて付き合っていくようにしましょう。

Aセクシャルの人々の性欲

Aセクシャルだからと言って、性欲がないわけではありません。ただ恋愛感情を持てないだけで、性欲が湧くAセクシャルも中にはいます。

しかし、性的魅力を他人に感じることはないので、自慰で済ませてしまうのです。

Aセクシャルになる原因

ここで気になるのが、何故Aセクシャルと呼ばれる人々が出てきたのかということ。最近の研究では、性ホルモンが関係していると言われています。

我々が普段口にするコンビニ弁当や、ペットボトル飲料水など、様々な商品に化学物質が含まれていますよね。この成分が生殖器に影響を与えることで、Aセクシャルの人々が出てきたという説もあります。

Aセクシャルの見分け方

セックスに興味がない

愛する人とセックスをしたいというのは、誰しもが抱く感情です。しかしAセクシャルの人々はセックスに全く興味がなく、毛嫌いしている人もいます。

恋愛話に興味がない

周りの友人が恋愛話をしていても、Aセクシャルの人々は興味がありません。特に女性は恋愛話が好きなものですが、Aセクシャルの場合は恋愛感情を抱いたことがないため、話を振られてもうまく切り返すことができないのです。