医者の妻ならではの苦労、結婚するメリットを紹介!良い医者の妻になる方法もわかる

記事の著者:Kanako

医者の妻と聞くと、お金に恵まれて何の苦労もなく勝ち組だと思われがちですが、実際どうなのでしょうか。実は、現実はかなり違っています。我々が知らない気苦労や経済的苦労も存在し、また医者は浮気をしやすいなんてことも言われがち。

この記事では、医者の妻ならではの苦労や、医者の妻になるメリット。また妻として医者と上手く付き合う方法や妻になるにはどうすればいいのかなど気になることを紹介します。

目次

医者の妻になる方法

仕事は同業者の共働きや専業主婦が多い

医者が妻に共働きしてほしいのか専業主婦が良いのかは、医者のもともとの経済状況によって変わってきます。

共働きの場合に多い妻の職業は、女医や看護師です。医者の結婚相手が医療系の職業に多いということも関係していますが、同業者のほうが話が合うので妻になりやすいです。

また、夫の激務のため専業主婦にならざるを得ないこともあります。家事育児はもちろん親戚付き合いや夫の身の回りの世話もあるので決して楽ではありません。さらに、医者の家庭では、子供の教育に熱心であり、医者への道をサポートする必要があります。

妻の学歴は関係ない

親世代の人は高学歴の嫁を求めることが多いので、医者の両親に結婚を反対されることはあります。

しかし、実際はあまり関係なく、人柄が重視されます。学歴ではなく、家事育児や癒しを求められるでしょう。

美人が多い

医者は周りに看護師がいて若い女性に見慣れており、モテるので美人を好む傾向にあります。また、育ちの良くきちんとした女性を選ぶことから、自然と女性も身なりが整った綺麗な方が多いのでしょう。

医者と結婚するデメリット:苦労が多い

以下では、医者の妻になった際に苦労することをいくつかご紹介していきます。

とにかく留守が多い

病院での勤務医の場合で妻が苦労するのは、とにかく家にいないという現実です。

勤務医は激務の上に長時間労働、テレビドラマではそれが原因で夫婦の危機や離婚などの設定がよくありますが、あながちそれも作り話とは言い切れないようです。

たとえ帰宅後であってもお構いなしに病院からの電話で呼び戻されたりましますし、土日も他の病院でバイトしている医師も珍しくはありません。

つまり夫婦2人だけの時間が極端に少なく、妻の不満の種になります。

不満がたまってしまうと、いずれ離婚という結果に至ってしまうこともあるので、一人の時でもうまく寂しさを紛らわすことが大切です。

案外大変な金銭面

周囲の人達が誤解している事柄で一番多いのは、収入に関してでしょう。

医師の平均年収は1000万円といわれ、豊かな生活が想像されています。しかし、お金が足りないと感じながら、暮らしている医者の妻は意外と多いそうです。

実は、収入が多い反面、支出の額も半端ではありません。家計を圧迫する大きな原因となるものとしては、頻繁にある学会への出席にかかる費用と交際費だそうです。

学会へ出向くための交通費、宿泊費、それに伴う交際費は全てが自腹で、何の助成もありません。

医師の妻は案外やりくりが大変だとのことで、とても苦労をしています。

周囲の偏見が悩み

医者と結婚すると周囲の人達の偏見にいやな思いをする場面も増えます。

他人は無責任ですから、比較され、勝手に嫉妬されるという場面も結構多いそうです。

たとえ慎ましい生活をしていても、裕福なセレブの暮らしをしていると思い込んでいますし、謙虚に振る舞っても、それはそれで人を馬鹿にしていると捉えられます。

さらには夫のステータスもありますから、身ぎれいを心がけてたまにブランド物を身に着けると、嫉妬から攻撃の的になる場合も。

今まで親しかった友人達も離れてしまい、孤立無援の孤独な状況に置かれてしまうこともあります。

家事・育児は妻の役割

前述の通り医者の夫は家にいません。となると家事、子育ては妻がひとりで背負うこととなります。

経済的には出費も多いですが、生活費にかける金額は一般平均よりは高い水準であるので、専業主婦であり続けることは可能です。

しかし子育てには相談相手が必要になった時でも、夫を頼りには出来ません。自分の判断で決めなければならない事柄が山盛りで、心労はかなり大きいようです。

浮気が多い

妻の心を最も悩ますのが女性関係ですよね。医者はそんなに容姿が良くなくても女性にテモます。病院勤めであれば看護師を初めとする女性が多い職場ですから、自然とチャンスも増えてきます。

女性看護師は肉食系が多いとも言われていますから、留守の多い夫が心配にもなるでしょう。事実看護士との不倫の数は想像以上と聞きます。

家に帰れず、妻との接触が決定的に不足している身では、ついその気になってしまう気持ち。でも中には家に帰らなくても怪しまれない立場を利用する医者もいるので、妻の苦労は絶えません。

また、浮気が重なった結果、離婚に行きつき生活が転落してしまうという女性も数多くいるようです。

離婚の可能性もある

医者は基本的に忙しく、家庭での時間が取れない人が多いです。そのため、一緒に家事や育児をすることを望んでいた女性と対立し、それが離婚の原因になることがしばしばあるようです。

また、先ほども書いたように浮気をする人もいるので、浮気の結果、捨てられるように離婚するということも。

専業主婦として医者を支えていた場合は、離婚となると、どうしてもしがみつくしかないような状況になってしまうので、悔しい思いをする女性は少なくないようです。

離婚を回避するためには、医者である夫と自分の理想をうまく折り合いをつけて、平和な家庭を築いていくことが大切だと言えるでしょう。

医者と結婚するメリット:家計が安定する

医者と結婚するデメリットをご紹介していきましたが、もちろんメリットもあります。

以下では、医師と結婚した際のメリットをご紹介していくので、ぜひチェックしてみて下さい。

経済的に安定する

年功序列が時代遅れだとも言われている現代。旦那さんがサラリーマンであれば、不況になったときにいつ首を切られるかわかりません。

一方で、医者に多いのは開業医。自分で病院を営んでいれば急にリストラされるということはありません。

またどこかに勤めているとしても、急に減給されたりクビになるということはなさそうです。

社会的ステータスが高い

嫉妬の対象になりやすい一方で、社会的ステータスが高いのはメリット。

自分に自信がなかったが、医者婦人として扱われるうちに、自信を持てるようになったという方もいます。

病気のときに頼りになる

普通の旦那さんであれば、子供が熱を出したとしてもうろたえるだけ。

しかし、旦那さんが医者であれば、慌てずに基本的な対処をしてもらうことができます。

夜に病院をさがすというだけでも一苦労なので、家に信頼できるお医者さんがいるというのはとても心強いですね。

良い医者の妻として気をつけること

健康面でのサポートを心がける

専業主婦になることも多い医者の妻であれば、旦那さんの健康管理は必須。残業や夜勤が多い旦那さんの健康面を、栄養面も考慮した食事でサポートする必要があります。

また休みの日には疲れていて家族サービスが難しいという場合も。そんなときには無理をさせず、休ませてあげる気概も必要です。

自立した女性になる

旦那さんが家にいないことが多いため、医者の妻はほぼ1人で家事や子育てをこなさなければなりません。

また、他の医者の妻との交流や育児の悩みなどを、旦那さんに頼らずとも解決する必要があります。

そのため、精神的にもまた生活スキルの上でも、自立した女性になることが大切ですね。

精神的にサポートする

毎日激務で心も体も疲れている旦那さんの、精神的サポートも医者の妻の務めです。

旦那さんの愚痴を黙って聞いてあげたり、またお医者さんは自尊心が高い傾向が強いので、ある程度の亭主関白は受け入れる必要がありそうです。

まとめ

医者と結婚するデメリットとメリットを知ったうえで、お医者さんと出会いたいという女性は、高収入やエリートの男性のみが登録できるマッチングサイトのPREMIUM・MEMBERSがおすすめ。

登録するためには写真審査もあり、本気で婚活をしたいという男性が多いのが特徴。

月会費や成婚料は無く、マッチングしたときのみ料金が発生する安心の仕組みなので、思わぬ高出費になってしまう心配もいりません。

気になる方は、まずは公式サイトをチェックしてみて下さい。

PREMIUM・MEMBERSで出会いを探す