モテるための第一ステップ!男性が恋愛上手になるためのポイント9選

記事の著者:Kanako

恋愛上手になりたいと思うのは女性だけでなく、男性も同じ。女性のように友達と恋愛相談をすることが多くない男性にとっては、恋愛上手になる方法を考えるのは結構大変なものです。

そこで今回は、男性に向けて恋愛上手になるためのポイントを紹介します。

イベントを忘れない

女性はイベントが好きです。たとえばバレンタインデーにチョコをもらったら、ホワイトデーにお返しをしましょう。有名なイベント以外でも、相手のお誕生日や二人の記念日などがあれば、覚えておくとよいでしょう。

男性はイベントなどあまり興味がないかもしれないですが、女性はイベント好きな人が多いので一緒に楽しむ気持ちでイベントを迎えましょう。

自分の過去の恋愛を話さない

自分の恋愛をあまり多く語らない方がいいでしょう。

聞かれたから答えたのにと思っていても、あまり詳しく話すと相手はいい気がせず、逆にヤキモチをやかれてしまうかもしれません。ほどほどにしましょう。

聞き出し上手な女性は、さりげなく聞いてきます。デート中、「前にも来たことあるの?」などと聞かれたら要注意です。

たとえ元カノと一緒に来た場所であっても、サークルの仲間たちに連れてきてもらったなど、複数の友人と来たんだというスタンスを貫くといいかもしれません。

なんでもいいよ、と言わない

優柔不断なのは性格なので、一朝一夕にはいかないかもしれませんが、デートの時に何を食べたいかやどこへ行くかなど、前もって考えておける場合には考えておきましょう。

彼女が仕切り屋で、毎回デートプランを自分で決めたいという場合は、その提案に従ったほうがうまくいきます。その場合は、彼女の提案に対して「なんでもいいよ」ではなく、「いいね!」と答えましょう。

あなたも考えた上で彼女の提案に賛同している、という態度を示すことが大切です。

女心は複雑で、多くの女性は心のどこかで、ときには男性にリードされたいという気持ちをもっています。そんな女心に対応できるように、場面に応じたデートプランを、いくつか用意しておくのがおすすめです。

感謝しよう

何かしてくれたら、相手に感謝の言葉を伝えましょう。

したことに気づいてくれたこと自体喜ばれますし、喜んでもっとあなたに尽くしてくれることでしょう。

上から目線でダメ出しをしない

もし、彼女の言動に気になる部分があったとしても、上から目線でダメだししてはいけません。そんなことをしても、彼女は聞く耳をもたず、あなたに対して冷めてしまうだけです。

あきらかに彼女が間違った行いをしたときは、冷静にハッキリと注意してあげましょう。注意したあとは、そのことに触れず普段のあなたに戻ることで、彼女はあなたに一目置いてくれるはずです。

相手のいいところを褒める

彼女や女性のいいところを見つけたら、言葉にして褒めましょう。

彼女が髪を切ったら「似合うね」、気配り上手な彼女の一面を見つけたら「気が利くね」など、ちょっとしたことでいいのです。褒められてうれしくない女性はいません。

ただ、常に誰にでも言っていると、軽い人だと思われたり、ヤキモチを妬かれたりしますので、褒める相手は自分の好きな相手だけにするといいでしょう。

さりげない気配りを心がける

彼女と一緒に歩道を歩くとき、あなたはさりげなく車道側を歩きます。1本のカサを2人でさすときは、あなたがカサを持ち、彼女のほうに傾けましょう。

ドアを開けるときは、あなたがドアを開けレディーファーストです。彼女が疲れているときは、やさしく声をかけましょう。

そんなさりげない気配りで、あなたの好感度がグッとアップします。

聞き上手になる

話し上手で、楽しい会話ができたら好感度もアップするのでしょうが、なかなかそうもいきません。そんなときは、聞き上手になりましょう。

女性は多かれ少なかれ、おしゃべり好きです。自分の話に耳を傾けてくれる人に好感を持ちます。

彼女が口下手だったときは、こちらから話の糸口を作らなくてはいけませんが、彼女のことを知りたいと思ったら、自然といろいろな質問が思い浮かぶはずです。

よい姿勢を心がける

姿勢が悪いと、貧相に見え、自信がなさそうに見えます。姿勢が悪いせいで実年齢より老けて見えることも多いようです。

背筋を伸ばし、よい姿勢を心がけるだけで、あなたの印象は大きく変わります。健康のためにも姿勢は大事なので、普段からよい姿勢を心がけましょう。

おわりに

そのままの自分でうまくやれたら一番いいですが、ちょっとした気遣いをするだけで女性からの視線は変わったものになるかもしれません。

少しずつ心がけて、素敵な女性をゲットしてみてはいかがでしょうか。