彼氏と会話が続かない時の対処法:連想ゲームで話題を膨らませよう!

記事の著者:Kanako

彼氏のことは好きだけれど、2人きりだとどうも会話が無く重たい空気が流れてしまうという経験はありませんか?話題を振っても一問一答で会話が終了してしまい、逆に話しかけなければ良かったと落ち込むことさえあるかもしれません。

それでも、少しでも彼氏と会話がしたい、会話を続かせたい、もっと会話を盛り上げたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

そんな人たちのために、彼氏と会話が続かない時の対処法をご紹介します。

彼氏と会話が弾まない原因

彼氏のことは好きだけれど、会話がいまいち弾まないことで悩んではいないでしょうか。

会話が弾まないと、彼とは性格があわないのかと不安にもなってきますが、意外とその原因は様々です。彼氏と会話が弾まない原因を紹介していきます。

お互い話しすぎている

自分も彼も話すことが大好きというカップルは、お互い話をしたいという欲求が強い故に会話をぶつけ合うような状態になっていることがあります。

そのためどこか会話がすれ違っている、盛り上がる前に話題がどんどん変わってしまうという状態になっているのではないでしょうか。

お互い、もしくはどちらかが口下手

自分か彼氏、もしくは二人ともが普段からあまり喋るタイプではないのではありませんか?元々性格的にあまりしゃべるタイプではないという場合は、あまり心配することはありません。

無理に会話を弾ませようと気負うと、逆に関係がうまくいかなくなる可能性があります。こういう関係も恋人の一つの形なのだと、二人のペースで関係を深めていきましょう。

話題があわない

相手の話している話題に興味がないことが多い、価値観が合わない場合、会話はもちろん弾みません。

趣味や生活スタイルが大きく異なるカップルに、多くみられるパターンです。

彼氏と会話が合わないときの対処法

彼氏の性格や人となりは嫌いではないけれど、会話が合わないということに関して悩んでいる女性は多いです。

会話が合わないと、だんだんと一緒にいるのが苦痛に感じてきてしまうもの。彼氏と会話が合わないときの対処方法を紹介します。

彼氏が話す話題に興味を持つ

彼氏がよく話す内容について、自分なりにリサーチしていみましょう。会話が弾まない、合わない原因には相手からの言葉をうまく返せないことがあげられます。

彼氏と会話のキャッチボールをするために、彼氏がよく話す話題があるのであればそのことについての知識を自分の中に入れてみましょう。

一緒に何かをはじめる

会話が合わない大きな原因の一つに、お互い趣味や興味がある内容がバラバラだということが挙げられます。共通の趣味をもてば、少なくともそのことに関しては共通の話題ができるため、会話が合うようになります。

共通の趣味を持つことが一番ですが、同じスマホのゲームをはじめてみる、同じ本を読んでみるなど些細なことでも構いません。

聞き上手になって話を引き出す

聞き上手というと、相手が話している事を聞く事だと思われがちですが、聞くだけではありません。聞き上手になるには、相手の話を引き出す事も必要です。

まずは、彼氏の興味を持っている事や彼氏の好きな事に関して質問してみましょう。人には自分の興味のある事・好きな事に関して話したい欲求があるので、質問をすればきっと話してくれるはず。

共通点をみつける

とはいえ、毎回会う度に趣味は?と聞いていては、彼氏も「この間話したのに、覚えてないのかな」と、警戒して離れていってしまいます。

ここでさらに会話を続けるためには、2人の共通点を見つけるのがカギです。

例えば、彼氏の趣味を自分も始めてみるのもひとつの手。自分にとって興味が全くないものでも、彼を知る上で趣味を共有することは不可欠です。

彼氏も、自分の趣味に彼女が興味を持ってくれると嬉しいもの。趣味の話題がでたときに「今度、私にも教えて」と言ってみましょう。

会話の引き出しを増やす

聞き上手になるためにとても重要な要素が、会話の引き出しの多さ。会話の引き出しを増やしておくことで、どんな会話にも対応できます。

それぞれの知識は広く浅くで構いません。むしろ、会話をするとき相手に「この人この会話に興味を持ってるな」と思わせるのに必要なのは、広く浅い知識です。

雑誌やニュースをチェックして、最新ファッションから国際政治まで幅広い知識を身につけましょう。

自分と違う意見を認める

うまく会話ができない人の多くは、相手との意見の相違を必要以上に心配する傾向にあります。

いくら恋人同士とはいえ違う人間なのですから、意見が違う部分があるのは当たり前のこと。もし食い違う部分があった時は、相手を否定するのではなく、相手の考えに興味をもつようにしましょう。

「なんでそう思ったの?」「なるほど、確かにそういう見方もできるね」という具合に相手の意見も受け入れてあげれば、意見の相違も決して悪いことではなくなります。

答え+付加情報で返す

また、会話を長く続けるコツとして、連想ゲームをイメージした会話方法が挙げられます。聞かれたことにただ答えるだけではなく、「答え+付加情報」を返すよう心がけましょう。

例えば好きな食べ物を聞かれたとき、「パスタが好き」とだけ答えてしまっては会話がすぐに終わってしまいます。そこで、「パスタが好きで、最近は自分で作るのに凝っているの」と情報を追加するのがこのテクです。

聞かれた質問から連想ゲームをして、別のキーワードを付加情報として付け加える。そうすることで新しくキーワードが増え、その後の会話に膨らみが生まれますよ。

デートのときはファミレスや回転寿司など手軽なスポットへ行く

デートスポット選びのポイントのひとつが、あえてがやがやした手軽なところを選ぶということです。

学術的に検証されているのですが、おしゃれな高級レストランよりも、手軽なファミレスなどでの食事の方が自然と会話がはずむのです。

話が続かないと困っている方はぜひ試してみてください。きっといつもよりスムーズに話ができるはず。

映画を一緒に見る

一緒にDVDを借りに行き、どちらかの家で鑑賞会をするのもおすすめです。

相手の映画やドラマの好みを知ることができるうえ、映画が終わったあとにお互い感想を言い合えるのも嬉しいポイントですね。

ポップコーンやポテトチップスなど、映画のお供を調達してお家映画デートを楽しみましょう。

一緒にシエスタ

忙しいカップルにぴったりなのがシエスタデート。会話が続かないからと無理に話して疲れるのであれば、脱力感ある昼寝デートを楽しむのもおすすめです。

起きたらご飯食べに行こう、などその後の予定を二人で決めておくのも良いですよ。一緒にいるのに寝るなんて時間がもったいないと思うかもしれませんが、二人でお昼寝というレアな機会を楽しんでみてはいかがでしょう。

彼の可愛い寝顔を見ることができるかもしれませんね。

彼氏との会話のネタ

二人でいても会話が盛り上がらずに、無言が続いてしまうとなんだか気まずい雰囲気になってしまうものです。

そういったことを防ぐために、彼氏との会話のネタをあらかじめ用意しておきましょう。
ここでは彼氏との会話のネタを紹介していきます。

ニュースや時事ネタ

最近話題になっているニュースの内容について話してみましょう。

折角カップルでいるのであまり重苦しくないネタが好ましいですが、彼氏の性格などを考えて会話が続きそうなネタをチョイスすると良いです。

ただ浮気や不倫ネタは避けた方が無難でしょう。

食べ物のはなし

カップルの会話の内容で無難な話題といえば、食べ物の話が挙げられます。

どこのランチがおいしかった、○○のケーキが気になっている、テレビで見たあれがおいしそうだった…など、自分が実際にいったところから気になっているものまでなんでもいいです。

食べ物の話題は非常に会話が広げやすく、またじゃあ今度デートでいってみようかと次回のデートプランに結び付きやすくもあります。

共通の話題

二人が共通して行っていることのはなしは、会話が広がりやすいです。

見ていると言っていたドラマの話、本の話、ゲームアプリの話などの話を積極的にしましょう。

LINEは無理のないテンポでする

あまり会えないカップルにとってはLINEは貴重なコミュニケーション手段なので、頻繁にやり取りするものです。しかし、しょっちゅう会えるカップルの場合、LINEで会話しすぎることが直接会ったときに話すネタや話題がなくなっている原因であることも。

彼氏とLINEで会話する時は、頑張りすぎないことが大切かもしれません。早く返さなきゃ、なにか話さなきゃとプレッシャーに感じていると、会話がから回ったり、LINEが負担になってしまったりします。

まずは挨拶を送ることを心がけましょう。「おはよう」や「おやすみなさい」を送ると同時に、「頑張ってね」「お疲れ様」といった相手を気遣う言葉も送ると、自然と今日あったことや明日の予定など、日常のことについて会話が広がりやすいです。

また、会話のきっかけがほしいと感じる時は、美味しかったご飯や綺麗な景色の写真を送ってみたり、可愛いスタンプや面白いスタンプを送ってみるのも良いでしょう。
ペットを飼っている人はペットの写真を送るのもおすすめです。ただし、一方的に送りすぎるのは、めんどくさがられてしまう危険があるので要注意です。

無理に会話しないのもアリ

いっそ、無理に会話しないのもいいでしょう。会話が無くてどうしようと思っているのは彼女だけかもしれません。彼氏は特に気にしていない可能性もあります。

沈黙が心地いいと感じる人もいますし、何も会話をせずに手を握ってぼ~っとテレビを見ていたり、同じ空間にいて2人別々の事をしていても苦にならない関係というのもあります。