穏やかな人の12の特徴と恋愛傾向

記事の著者:Kanako

常にのんびりとしていて、その人の近くにいるだけで優しい気持ちになれる穏やかな人。そんな穏やかな人と呼ばれる人の特徴や、恋愛傾向、穏やかな人になる方法を紹介します。

穏やかな人の恋愛傾向からは、付き合い方や付き合うメリットなどもわかりますよ。また、日記を書く、趣味を持つなどストレスを軽減する方法も紹介。穏やかな人になりたいという人はぜひ参考にしてください。

穏やかだと思われる人の特徴

話し方がゆっくり

早口な人よりも、ゆっくりとていねいに話す人のほうが穏やかな印象なのは、当たり前ですよね。

また、流行り言葉などを使わず、正しい日本語を使うのも重要なポイントです。

褒め上手

悪いところよりも、人の良いところを見つけようとするその姿勢が見られると、平和を好む穏やかな人だなと思う人が多いです。

また、普段からにっこりと優しい笑顔を浮かべていると、穏やかな印象になります。

人に好かれている

ピリピリしている人よりも、穏やかでいつも笑っている人のほうが好かれやすいのは必然。

人に好かれているからこそ、周りの力を借りたり、意見を聞きやすいので、より問題解決がしやすく、穏やかでいられるということもあるかもしれませんね。

穏やかだからこそ、何を考えているかわからず怖いと思われてしまうこともしばしばなので、誤解を受けないよう自分の意見は伝えるようにするのがおすすめです。

常にゆとりがある

せっかちな女性は、雑で適当な印象を与えてしまいます。

いつでも忙しそうに見えてしまうので、気が短く感じ、一緒に過ごしていても空気がピリピリしてしまうのですね。

ゆっくりと行動し、人と接することで、心に余裕があり、穏やかなイメージになります。普段から次のやることや予定を把握する、計画性も必要になりますよ。

ハプニングが起きても冷静

何かのハプニングが起こったとき、普通であれば慌てて、普段は言わないようなことを言ってしまうということもありますよね。

しかし、穏やかだと思われるような人はどうしません。また、誰かが問題を起こしたときにもそれを責めず、すぐに解決法を探そうとします。

人に対して怒ったり、責めたりしないのも、穏やかで好かれる人の特徴です。

穏やかな人の恋愛

穏やかだと言われる人は、どんな恋愛をするのでしょうか。恋人に穏やかだと思われたい方、穏やかで優しい彼との恋愛をしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

彼氏が穏やかな人の場合は、どのように対応すべきかもわかります。

安定した感情

穏やかな人は感情の起伏があまりないので、恋愛をしている時も波風が立たず、安定した恋愛ができます。

価値観や意見の相違が合ってぶつかってしまいそうなときも、言い合いになるのではなく、お互いを尊重した話し合いで解決することができるのも特徴ですね。

また、今日は不機嫌でピリピリしているなど、そのときどきによって、性格や相手への対応に差がないのもポイント。

包容力がある

相手の気持ちを優しくしてくれるタイプなので、包容力があります。

悩んだり、落ち込んだりしている相手にそっと手を差し伸べて理解してあげることができるので、いざという時に実はとても頼りになるタイプなのです。

人間関係で悩んでいるときも、一緒に愚痴を言い合うのではなく、どう付き合っていったらいいか、相手の性格をどう捉えればいいかなどの建設的なアドバイスをくれますよ。

甘えん坊

穏やかな人は、実は甘えん坊の一面もあるよう。頼られたり、人に優しくする場面が多いので、自分自身も時には誰かに甘えたり、自分の感情を素直にだしたい傾向があります。

そのギャップにやられる人も多いよう。

八方美人に間違われる

穏やかな人は、誰にでも隔たりなく応対するので、見方によっては八方美人と捉えられてしまうことがあります。

また、自分以外の異性にも当然優しく接するので、誤解を与えてしまうこともしばしばなようです。

友達感覚

みんなに公平に接するので、恋人だからといって特別に態度や接し方を変えたりということはありません。

恋人であったとしても、特別にラブラブな関係というよりは、友達のような付き合い方をします。

許す習慣

穏やかな人は、人の失敗なども許す習慣があります。

もし喧嘩をしてしまった場合でも、相手の気持ちを理解して許してくれるので、大きな事態にはならない傾向があります。

自身を把握

自分自身をしっかり把握しているからこそ、感情をコントロールできたり、相手を受け入れることができるのが、穏やかは人の最大の特徴です。

穏やかな人との恋愛は相手側からすると、自分を最大限に受け止めてくれる相手なので、とても落ち着いた恋愛になります。

自分のコントロール方法がわかっているので、放っておいてほしい、ちょっと距離を置きたいという相談があった場合は、従ったほうが関係が良い方向に進む傾向にあります。

穏やかな人になる方法

穏やかな人の特徴を見てきましたが、常に穏やかでいるというのはなかなか難しいですよね。そこで、ストレスを軽減し常に穏やかな人でいるための方法を紹介します。

ポジティブを意識する

穏やかな人は、常に物事をポジティブに捉えます。予期せぬ失敗やハプニングも、おかげで良いことも合ったとポジティブに捉えることで慌てず穏やかに対処できるのです。

また人間付き合いも、人のいい面を見ようとすることで、陰口やケンカがなくなります。

自然と笑顔が増えることで、明るい印象も与えられるようになります。いきなりポジティブに変わるというのは難しいですが、物事のいい面を探そうとする意識が大切です。

なんとかなるを口癖にする

せっかちな人にありがちなのが、もう終わりだ、もう無理だと決めつけ、勝手に焦ってしまうこと。

焦っても余計失敗を繰り返すだけでいいことはありません。予期せぬハプニングや失敗に見舞われたときでも、「なんとかなる」と唱えてみましょう。

心を落ち着けてから解決しようとしたほうが、穏やかでいられるだけでなく、いい方法が思いつきやすくなりますよ。

瞑想をする

心を落ち着けるのによく使われるのが瞑想。朝の習慣にしているという人も多いのではないでしょうか。

瞑想は、リラックスした体勢で10〜15分何も考えない時間を作ります。呼吸がポイントで、普段よりもゆっくりと深く呼吸をするように心がけましょう。

日記を書く

日記を書くのは、自分や自分に起こった出来事を整理するためにおすすめの方法です。

ついイライラしてしまうことがあるのであれば、それを日記に書き下ろしてみてください。

書くだけで頭が整理されれ気持ちが落ち着きますし、続ければ、自分の気持ちを落ち着ける方法なども分かることがあります。

音楽を聴く

ストレス解消法としておすすめの方法の1つが音楽を聞くこと。

職場や家でも気軽にでき、また簡単に自分の世界にこもることができます。

何かに焦ったり怒ったりしてしまいそうなときは、好きな音楽を聞いて、一度心を落ち着けましょう。

また、普段でも、好きな音楽を聞くだけでストレスが改善されますよ。

趣味を持つ

趣味を持つことで、好きなことをしてストレスを軽減するだけでなく、新しい出会いや友だちが増え、悩み事を解決しやすくなります。

職場や家の悩みを気軽に相談できる人が増えれば、1人で抱え込まなくて良くなるので気持ちも軽くなり、穏やかでいることができます。