お呼ばれマナーをチェック◎結婚式のご祝儀の相場まとめ

お呼ばれマナーをチェック◎結婚式のご祝儀の相場まとめ

Saras編集部
公開, 更新 , 結婚

地域や立場や年齢によっても違う結婚式のご祝儀。悩むこともありますね。

でも、基本はお祝いの気持ちをあらわす、ということにつきます。こちらの気持ちが相手にうまく伝わるように、ポイントを押さえてご祝儀を用意しましょう。参考になるポイントをまとめてみました。

ご祝儀の金額を決められない時は親しい出席者に聞く

地域によって違いがあるご祝儀は、わからない場合もあります。

出席者のなかに知り合いがいれば、恥ずかしがらずに事前に聞きましょう。

偶数でも「2」と「8」は許される

割りきれる数字は「別れる」につながる、ということでよくないとして偶数は避けられていますが、最近は「2」はペアをあらわし、2倍の幸せという意味もあるということで、20代の人たちは許されるようです。

まだ給料も多くない20代には少しでも助かるでしょう。「8」は末広がりに通じるということで、許されています。

絶対にNGなのは、いまも昔も「4」(死に通じる)と「9」(苦に通じる)です。

新札を用意する

お祝いの場合、気持ちをあらわすにはやはり新札です。もらった方も贈る方も気持ちがいいものです。

早めに銀行で新札に代えておきましょう。

親族以外の相場は3万円~5万円と覚えておく

友人関係の相場は3万円、親戚でご祝儀を出す側の方が年齢が高い場合は5万円、兄弟姉妹ならば10万円と覚えておくと、わかりやすいです。

自分が先にご祝儀をもらった場合は、同じ金額を相手のご祝儀にします。

ご祝儀袋は包む金額の1%に相当するものにする

包む額が3万円ならば300円相当のもの、5万円ならば500円相当のものにします。こういうふうにしておくと、中身と包む袋がピッタリ合っていることになります。

ご祝儀袋にはボールペン、万年筆は使わない

表書きは筆ペン(毛筆、サインペンも可)で、濃い墨で(薄墨は仏事)楷書体で書きます。

まとめ

決まり事は一応、ポイントだけでも押さえておく、というスタンスでいると、少し気が楽になります。地域や立場、年齢に応じて自分なりにポイントを増やしたり変えていけばいいです。

心は形を求め、形は心を求める、という言葉もあります。祝う気持ちがあれば、何らかの形を求めたくなります。そんな時、少しでも決まり事を知っていると気持ちが落ち着けます。ポイントを参考にしてください。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

婚姻届を入手する方法・提出先

結婚する2人が必ずやらなければならないことに、婚姻...

2019年07月23日, 結婚

仕事を辞めたいから結婚しよう!という判断が危険な理由5つ

イヤな仕事を続けるくらいなら、結婚して、専業主婦の...

2019年07月23日, 結婚

妻が喜ぶプレゼントを選ぶコツ5つ!惚れ直させるチャンス!?

長年連れ添った夫婦でも、いまいち妻の好みがわからな...

2019年07月24日, 結婚