成功率アップ!LINEでデートに誘う方法

Saras編集部
公開, 更新 , デート

女性からデートに誘うなんて恥ずかしい、上手に誘う方法がわからないと勇気や自信が持てずモヤモヤしてしまうことがあるでしょう。直接言うのはもっぱら難しいことです。

そこで便利なのがLINEです。気軽に連絡を取れるため誘いやすく、成功率が上がるでしょう。

しかし、文面でしか伝わらなかったり、既読機能があるため気を遣う面もあります。

それでは、LINEでデートに誘うにはどのような方法を使えばいいでしょうか?

LINEの頻度を増やす

LINEでのやり取りをどの位の日数で行っているかがデート成功か否かへの鍵となります。

やり取りは多い方が有利です。2週間に1度くらいという人は、せめて10日に1度くらいという風にピッチを少しずつ上げていく事が大切です。

週1以上のペースで、多少なりともやり取り出来ている人は、デートの取り付けの成功率が高くなります。なぜなら、自然な話の流れでデートで誘うチャンスがそれだけ多いからです。

既読されているのに返事がない場合

いわゆる既読無視が続くようならば、まだあなたを恋愛の対象として考えていない、もしくは二人で会おうという意図が見え見えで引いている可能性があります。その場合は、少しずつ距離を縮めましょう。

まずはみんなで遊びに行こう!

はじめは、共通の友人を誘ってみんなで遊びに行くという事にした方が無難です。そこで、周りの友人達に協力をお願いすることも忘れてはけない成功ポイントです。

相手が、なんとなく自分を気になる存在と意識してくれるように努めましょう。

仲の良い友だちになったらチャンス!

みんなで遊びに行って仲良くなったらLINEの頻度も増し、内容も充実してきます。しかし、ガツガツしては相手が逃げ腰になるということを、常に気に留める事が重要です。

慎重にゆっくりと、お互いの距離を縮めていきましょう。

頼み事でデートの理由を作る

いきなりデートと悟られては、断られる可能性も有り、いざ断られるとそれまでの関係がギクシャクしてしまう可能性があります。なので、断られない誘い方をすることが大切です。

買い物をお願いしてみよう!

理由をつけて、相手に買い物に付き合ってもらうということです!

「誰かへのプレゼントを選びたいから、一緒に来てアドバイスして欲しい」という感じで誘うのがベストです。

LINEの文面だけ見ても変な誤解を生むことはありません。

姉や妹へのプレゼント選びは良い口実

その誰かですが、自分とは恋愛関係になり得ない相手をチョイスします。女性の姉妹がいればラッキーです。いなければ、会社の女性の先輩などでもいいでしょう、でも、自分が代表でプレゼントを買いに行くことになった、と付け加える事が大切です。

「選ぶの手伝ってくれない?」と頼み、そのままお礼にと食事に持ち込んだりしましょう、会話が弾めばこれはもう立派なデートです。別れた後に、もう一度お礼をしたり食事が楽しかったことを伝えるLINEをすれば、次のデートにも繋げられるでしょう。

食事に誘おう

相手のことをもっと知りたい場合や、話してみたい場合は二人で食事をしたいものです。相手とそれなりに親しくなれたら、LINEで食事に誘ってみましょう。

「気になるから行こう!」は鉄板の誘い文句

LINEで会話が続いている流れで、彼の好みの食べ物を聞き出すことができたら、「美味しいお店を知ってるから一緒に行かない?」と誘うことができます。逆に、「自分が気になっているお店を挙げて一緒に行ってみない?」と言うのも誘いやすいでしょう。

互いに初めてのお店だと、同じように新鮮な反応を楽しめるので、会話も弾みます。

相談事を持ち掛ける

相談事は直接話したいし、聞いてほしいものです。LINEで相談事があるから聞いてほしいと言えば、たいてい断る人はいないでしょう。そのため、自然と二人で会う目的が作れます。会うまでの期間に相手側も、どうしたのだろうとあなたのことが気になります。

いずれ相手側からも相談事を持ち掛けてもらえたら、それだけ信頼度があがっている証拠となるでしょう!

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

初デートの食事で気をつけるべきこと:食前と食後も気をつけて!

今回は初デートの食事で気をつけることを紹介します。...

2019年07月24日, デート

デートの定番?映画デートの誘い方:服装、脈アリ行動を解説!

映画へ行くのがデートの定番とされている理由として、...

2019年07月24日, デート

彼氏と初めてお泊りする際の注意点:お泊りデート前のチェックポイント

色々な意味でドキドキな、彼氏との初めてのお泊り。彼...

2019年07月23日, デート