相手を傷つけない告白の断り方7選:曖昧にせずきっぱりと断ることが大切!

Saras編集部
公開, 更新 , 告白・片思い・アプローチ

告白されたのは嬉しいけれど付き合う気はないから、相手を傷つけずに断りたい!という人も少なくないでしょう。

今回はできる限り相手を守りつつ、しっかりと告白をお断りする方法を7つ紹介します。ぜひ参考にしてみて。

1.はっきりと「ごめんなさい」と言う

一番いいのはやっぱりはっきりと言うこと。曖昧にすると相手も「まだいけるのでは」と期待してしまいます。あなた自身が「無理だ」という意思を見せないで中途半端にしてしまうと、相手を傷つけた結果人間関係が破綻してしまうことも。

はっきりと伝える優しさというのもあります。自分のためにも相手のためにも曖昧にするのはやめましょう。また、直接相手に言えないという人は、メールやLINEで断るのも一つの手です。

2.理由があるのならばちゃんと言う

例えば「好きな人がいる」「恋人がいる」などといった正当な理由があればはっきり言いましょう。いずれ相手は誰かから聞いて知ることになるかもしれません。人から聞くよりは本人から聞いた方が気持ちが良いはず。

きちんとした理由があるのであれば、相手も納得してくれるでしょう。

3.揺さぶるようなことは言わない

断る前に「私もあなたがいいと思ってた時期もあった」「あなたは本当に優しくて」など、事を面倒にさせるようなことは言ってはダメ。

後になって後悔するのは自分です。思わせぶりな態度をとれば、それこそあなたの評価はだだ下がり。くれぐれも相手を揺さぶるような発言はやめましょう。

4.「今は彼氏を作る気がない」と言う

「今はやりたいことをとことんやりたいから、彼氏を作る気はない」という意思をしっかりと伝えましょう。時に「付き合ったら変わるかもしれないじゃん」と押して来る人もいるので、きちんと伝えることが大切です。

「今は誰とも付き合う気はないよ」と多少きつめでもいいので自分を貫き通してください。

5.何度も謝らない

相手の好意を断ってしまうのは心が傷むかもしれませんが、むやみに謝るのは逆に傷つけ、惨めな気持ちにさせるので控えましょう。自分が告白したときに何度も謝られたらどんな気持ちになるか考えてみて。告白自体に後悔の気持ちさえ持ってしまうかもしれません。

相手に「言ってすっきりした」と思われるように、断る時の「ごめんなさい」の一回だけにしておきましょう。

6.「恋愛対象としてみることができない」

仲が良い友達にはこのように伝えるのがおすすめ。今後も関わる可能性がある場合は特に、人間関係を今のまま保つためにもはっきりといいましょう。

「恋愛対象としては見れないけれど、友達としては今後も仲良くしていこうね」としっかりと伝えることで、その後も気まずくなく接することができるかも。

7.相手のプライドは守る

いくらはっきりと伝えることが大切であるとはいえ、くれぐれも「あなたの○○なところが苦手」などと相手のプライドを傷つけるようなことはやめましょう。

相手も勇気を出して告白をしてくれたので、その気持ちを十分にくみ取りネガティブなことは伝えずに断ることができればベストです。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

両想いかチェック!好きな人と両想いになるためには?男性が確信する瞬間も紹介

気になる彼がいるけれど、彼が実際自分をどう思ってい...

2019年07月24日, 告白・片思い・アプローチ

片思いの相手の脈ありを判断する方法9選:脈ありサインもチェック!

片思いをしていると、片思いの相手が自分のことをどう...

2019年07月24日, 告白・片思い・アプローチ

好きかもしれないと気づく瞬間まとめ:彼が好きなのかチェック!!

最近仲の良い彼。笑顔が素敵で、仕事に打ち込む真面目...

2019年07月24日, 告白・片思い・アプローチ