両片思いとは?両想いにする方法:思い切りが大切!

Saras編集部
公開, 更新 , 片思い・告白

片思いの相手が、実は自分のことを好きだった。そんな見事なまでのすれ違いカップルを「両片思い」の関係と呼びます。

ここでは、そんな両片思いカップルの特徴やあるあるを紹介。最後には、両片思いから両想いになる方法を照会しているので、自分は両片思いの最中だという人は必見です。

両片思いの意味

両片思いとは、お互いに相手は自分のことを好きではないだろうと思っているが、お互いに好きなことを言います。両思いとの決定的な違いは、お互いの気持ちに気付いていないということ。

両思いの場合はお互いに好きであることがわかっているため、付き合うなど次に進展させることができます。しかし両片思いは、自分だけが相手に思いを寄せていると思っているため、お互い好きなのに進展しないのです。

両片思いの男女の特徴

どのような男女が両片思いの状況になりやすいのでしょうか。いくつかの特徴を紹介します。

過去にどちらかが告白して断られたことがある

昔どちらか一方が告白して断られた過去があると、2度目の告白はなかなか勇気が出ない…という経験をした人も少なくないのでは。断った方も今は好きでたまらないのに、相手を傷付けてしまった過去を気にしてなかなか好きといい出せないのです。

大切なのは今の気持ち。過去のことは忘れて、あらためて相手を見つめ直してみましょう。折角の好きな気持ちを無駄にしないようにしてください。

友だちの期間が長い

周囲はもう付き合っているものだと思っているほど、仲良しの二人。いつまで経ってもちゃんと気持ちを伝えられずにズルズルと両片思いの関係になってしまっている…。そんな男女も多いもの。恋人同士として向き合うより、仲良しの友だちでいた方が気楽。

それもわかりますが、男女の間にはタイミングというものがあります。後で後悔しないためにも、ここは思い切って気持ちを伝えてみては。

互いに恋の相談をしあった仲

お互いに恋の相談をしあったことがあると、もしお互い好きになっても好きな気持ちを伝えられないことがあります。相談しているうちに、相手の素敵な部分を意識してしまい、好きになったというパターン。

さらに相手の恋の顛末を知っていたりすると、自分とかつての恋人を比べられるのではと心配になってしまい、一歩が踏み出せないのです。比べられたって構うもんか!そんな開き直りもたまには必要。どうしても彼が好きなら、勇気を出して告白してみて。

噂を立てられたとき、2人で全面否定した

2人の雰囲気を察して周囲が「恋人同士でしょ」と噂を立てたとき、「そんなんじゃないよ」と全面否定してしまった。そんなことがあると、今さら「やっぱり、付き合うことになりました」とは言いにくいもの。

男女複数の仲良しグループで遊んでいる人にありがちですが、そのような理由で尻込みしていたらライバルに取られてしまうかも。お互い好きとは言えなくなってしまったとしても、後悔しないように勇気を出してみては。

お互い、もしくはどちらかが気持ちを隠すのがうまい

両片思いのどちらかが、自分の気持ちを隠すのがうますぎると、なかなか両思いに進展しません。お互いに募る思いがあっても、相手に脈がないと感じてしまうと告白に踏み切る勇気が出てこないのです。

そんな感じで長い間、友だち以上恋人未満の状態が続いてしまうというパターン。しかし、いくら気持ちを隠すのがうまくても、よくよく観察すれば何かのサインは出ているものです。

2人とも社交的すぎる

お互いに好きだったとしても、2人とも社交的すぎるとなかなか進展しません。誰に対しても異性であっても親しく接するので、お互いに小さな誤解が生まれやすいのです。

こういう人はしっかりした人が多く精神的にも大人なので、第三者に相談をするということも少ないのが特徴。好きな気持ちは募るのになかなか告白できないのであれば、2人をよく知る友人に相談してみるのも◎。案外、すんなり恋が成就するかもしれません。

かなりの年齢差がある

年齢差がある男女では、両片思いのまま終わってしまうことがよくあります。本当は好き同士なのに気持ちを隠し、先輩と後輩・先生と生徒・上司と部下といった関係のまま、お互い別の相手と結ばれていく…。

年長者の方は自分の立場や年齢を考えて気持ちを抑えてしまい、年下の方は相手の気持ちをうすうす感じながらも、自分は相手にされないのではと考えてしまうことも。

連絡をよく取り合う

両片思いの男女は、お互いによく連絡を取り合う傾向にあります。全く意中にない異性に、わざわざLINEを高い頻度で返す人は少ないはず。逆に言えば連絡頻度の多さこそ、好きな人に対する態度が現れると言えるでしょう。

もし自分からばかり送っていたら両片思いかははっきりとは分かりませんが、お互いが同じような頻度で連絡をしていたら、少なくとも好意はあると考えてよいでしょう。

付き合ってはいないものの、よく二人で遊びに行く

両片思いの男女は、はっきりと付き合ってはいないもののしょっちゅう二人で遊びに行く場合が多いそう。しかし残念ながらカップルのように手をつないだり、ツーショットを取ったりするまでには発展していない場合が多い傾向にあります。

もし彼のことが好きならカップルが行くようなデートスポットに誘ってみたり、暗いところや足場が不安定なところでどさくさに紛れて手をつないだりしてみましょう。思わぬ発展が期待できるかもしれません。

両片思いの男女あるある

以下に紹介することがよく起こる場合、あなたも両片思い中かもしれません。

よく目が合う

これは、普通の両思いにも見られるあるあると言えるでしょう。好きな人は無意識に見てしまいます。また目が合っているということは、あなたも無意識に好きな人のことを見ているのでしょう。

目が合うというのは何かしらの意図があるということ。もしかしたら、お互いに好きな可能性もあるので諦めないようにしましょう。

付き合っているのかよく聞かれる

両片思いの関係の人は周りからも仲が良い2人とみられることが多く、よく付き合っているのか聞かれることがあります。

これは逆に言えば、周りの人は両片思いの2人は両思いだと気づかれていることが多いということです。

最初は恋愛対象外

両片思いの2人は非常に仲が良いことが多いのが特徴。それは最初は恋愛対象外から入ったため、友達として仲良くなったからと言えるでしょう。

最初は友達として仲良くなったためもちろん恋愛対象外であり、そのままお互い自分のことを好きになるはずがないと思っているため、両片思いになってしまいがち。

両片思いから両想いにするには

デートスポットに行く

両片思いから両想いになるには、まずは恋人っぽいことをするのがおすすめ。デートスポットに誘って、自分が相手のことを恋愛対象としてみているということをさりげなくアピールしましょう。

当日は周りの雰囲気に飲み込まれ、手をつないでみても良いでしょう。時には大胆な行動も必要なのです。

一度距離を置いてみる

大変仲が良く、いつも一緒にいるような量片思いの相手なら、一度距離を置くことをおすすめします。

その間で相手があなたの必要性を強く感じ、行動を起こすかもしれません。また、自分自身も本当に相手のことを恋愛対象として大切に思っているのか確認するきっかけにもなります。

恋バナをしてみる

「好きな人はいる?」「どんな子がタイプ?」など恋バナを吹きかけてみましょう。そうすることで、相手への好意をさり気なく伝えることができます。

また、相手によってはその場で告白をしてくることも。両片思いであることが確実なら、積極的に引き出すようにしましょう。

告白する

思い切って告白してしまうのが一番手っ取り早い方法。相手も自分のことが好きだとわかっているなら、今すぐにでも告白してしまいましょう。

相手もきっと嬉しいはず。今躊躇することで、この先後悔してしまうことは絶対に避けてください。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

好きな人が彼女持ち!そんな彼を振り向かせる効果的な方法

好きな人に彼女がいるとわかった時、人の行動はいくつ...

2019年08月27日, 片思い・告白

好きかもしれないと気づく瞬間まとめ:彼が好きなのかチェック!!

最近仲の良い彼。笑顔が素敵で、仕事に打ち込む真面目...

2019年07月24日, 片思い・告白

好きな人へのアプローチ方法:難易度別にアプローチ方法を紹介!

あなたは好きな人ができたとき、自らアプローチするこ...

2019年08月28日, 片思い・告白