僧侶に独身が多い理由・結婚できない理由:世間からのイメージが原因!?

Saras編集部
公開, 更新 , 職業別、独身率・傾向

どこにでも地域に密着した、お寺があります。多くの人がお正月や夏祭り、または法事などで僧侶にお世話になった経験があるでしょう。

いつ訪れても温かく迎えてくれる僧侶は、結婚しないで独り身を全うするものだと考えている人もいるのでは。気になる僧侶の恋愛・結婚事情についてみていきます。

僧侶は結婚してもいいの?

神様に仕える僧侶が結婚してはいけないものと勘違いしてしまう理由に、尼さんの存在があります。尼さんは20歳以上の未婚、もしくは結婚経験があっても沙弥尼(しゃみに)の期間を経て出家していないとなることができません。

そのため、僧侶にも結婚してはいけないというイメージがあるのでしょう。しかし、実際は法律的にも結婚してはいけないという規則はないのです。

僧侶に独身が多い理由・結婚できない理由

恋愛対象にされない

多くの人が僧侶は独身を貫くものと考えていることが、結婚できない理由の一つです。僧侶は多くの人と関わりを持っているので、出会いは多いのかもしれませんが、あまり恋愛対象として見られることはありません。

僧侶がデートに行ったり、イチャイチャするという想像ができない人もいるでしょう。結婚しないものとしてのイメージが定直してしまっていることが、結婚を遠のけてしまっているのです。

義理の両親との同居が必須

結婚相手が先祖の代から受け継いだお寺を守っている場合、ほとんどの確率で同居が必須になります。

義理の両親との同居生活を好ましく思わない女性もいるでしょう。そうでなくても、自分の育ってきた環境と違っている場合、精神的にも疲れてしまうこともあります。

普通のサラリーマンと違う

僧侶は普通のサラリーマンとは異なり、確実に休みが取れるということはありません。そのため、夏休みや連休を取ることも難しいでしょう。

家族よりも僧侶としての仕事を全うすることを優先しなければいけないので、結婚をする際には覚悟が必要です。

ご近所との人付き合いが大変

お寺は地域に密着したもので、地元民との信頼関係がなければ、存続していくことは難しいです。もし僧侶である男性の元へ嫁ぐ場合、ご近所付き合いをする必要があります。

嫁いだということは、その家に入ったということ。人見知りだとしても、ご近所さんと円滑なコミュニケーションを図っていかなければならないのです。

理想の相手を探すなら

Omiai

僧侶は世間からのイメージによって、恋愛から遠のいてしまっているケースが多いです。そのため、イメージさえ払拭できれば結婚のチャンスは広がるでしょう。

そんな結婚してはいけないイメージがある僧侶におすすめなのが、マッチングアプリ。アプリであれば出会う前に自分の職業について、相手に理解してもらうことができます。

男性は月額1,950円から、女性は無料で使えるマッチングアプリのOmiai(オミアイ)は、安心安全のアプリであり、数多くのカップルが実際に誕生していることから、人気を集めています。

Omiaiの特徴

  • 累計会員数が360万人以上、日本初・日本最大級のマッチングアプリ
  • 恋活・婚活に真剣な人が集まっており、本人確認などを通じて安心な出会い!
  • Facebookには一切投稿されず、友人に知られることもありません
[無料]Omiaiで出会いを探す

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

競艇選手に独身が多い理由・結婚できない理由4選:安定を求めづらい?!

競艇選手には、高収入でイケメンというイメージがあり...

2019年08月27日, 職業別、独身率・傾向

税理士に独身が多い理由・結婚できない理由:とにかく求める理想が高い!

税理士はお金、特に税金のエキスパート。税金に関する...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向

教師に独身が多い理由・結婚できない理由:職場以外の出会いを狙おう

子供が好き、まじめ、などのイメージを持つ教師はお給...

2019年07月24日, 職業別、独身率・傾向