柔道整復師がモテる理由5選:勉強熱心な姿が魅力的!

柔道整復師がモテる理由5選:勉強熱心な姿が魅力的!

Saras編集部
公開, 更新 , 出会い

異性と出会ったとき、その人の性格や容姿はもちろんですが、次に気になるのは職業です。職業はその人の印象を決める大事なポイント。

職業によっては、相手に好印象を与えることも可能です。柔道整復師は、接骨院や整骨院で骨や関節、筋などの治療を手術をしない方法で治療する職業。

柔道整復師には、優しくて力強いイメージがあるため女性にモテる職業だということができます。では、具体的にどういった理由で柔道整復師は女性にモテているのでしょうか。

気になる理由を見ていきましょう。

柔道整復師がモテる理由

手先が器用

柔道整復師は骨や関節、靭帯などといった箇所に発生した骨折や脱臼、打撲などを手術を用いずに治療します。固定や整復をおこなったうえで、人間の治癒能力を利用した手法を用いて治療するのです。

包帯を巻いたり、テーピングしたりする作業は、病院であれば看護師がおこなう仕事ですが、接骨院や整骨院では医師が自らその作業をする必要があります。そのため、柔道整復師は手先の器用さが求められる職業だということができるでしょう。

仕事に関する作業以外でも手先が器用な姿を発揮する場面はいくらでもあり、それを見た異性が頼りがいを感じることも。そうした一面が柔道整復師が異性からモテる理由になっています。

高収入

柔道整復師は、経験や勤務先によって給料に差が出る職業ですが、接骨院や整骨院を自ら開業した柔道整復師の年収は高いと言えます。またスポーツトレーナーとして名が知れれば、年収が1000万円超えることもあるようです。

そうでなくても、柔道整復師は経験を積めば積むほど給料が上がっていくため、長い目でみると十分に高収入な仕事だということができるでしょう。収入がアップし、裕福な暮らしができるようになるためにも、パートナーは相手を支えたいと思うもの。

最初から高収入な仕事ではない分、苦労もありますが、互いに支え合いながらの生活をしてきた夫婦は長続きするでしょう。そうした魅力が柔道整復師がモテている理由になっています。

コミュニケーション能力が高い

医療従事職には医師や看護師など、様々な職種がありますが、その中でも柔道整復師は比較的長く密に、患者と関わることが多いといえます。

なぜなら柔道整復師の治療は、主に人間の治癒能力を利用するので、治癒するまでに時間がかかったり、人や症状によっては長期化する場合もあったりするからです。

そうした長期間の治療は、患者との信頼関係があるからできるもの。患者の気持ちに寄り添い、相手の立場に立った治療をおこなう力も必要です。

信頼関係を築くためには、治療中やその前後の中での会話がポイントとなっていきます。柔道整復師はそうした時間をうまくつかって、患者とコミュニケーションをとることが上手な人が多いです。

コミュニケーション能力が高いため、患者以外の異性と出会った時もそれを発揮します。会話力や相手と信頼関係を結ぶのがうまいことが、患者と信頼関係を築くだけでなく、異性にもモテている理由となっているのでしょう。

年齢が高い人の扱いに慣れている

接骨院や整骨院を訪れる年代の層は様々ですが、最も多いのは加齢によって足腰が悪くなった高齢の患者。柔道整復師は、そうした年代が離れた患者とも、信頼関係を築くためのコミュニケーションをとらなければいけません。

そのため、柔道整復師は高齢者の扱いに慣れた人が多いのが特徴。そうした点は、「自分の両親とも同じように接してくれそう。」「よりよい関係を築いていけそう。」といったイメージをもちやすく、異性にとっても好印象です。

勉強熱心

柔道整復師は経験を重ねるごとにどんどん給料があがりますが、それは柔道整復師が日々勉強を重ねて技術を身に着けているからです。

一度資格をとればそれで良いというわけではなく、治療や勉強を通じて技術を身につけて、スキルを磨いています。そうした仕事への熱意は異性から見ても魅力的に感じられるので、その点もモテる理由だということができるでしょう。

SARAS編集部がおすすめ!いま人気の出会えるマッチングアプリBEST3

多くの人が使っている、まずは定番の3つのアプリを試してみよう

関連した記事

添乗員・バスガイドの出会い事情・出会いを見つける方法

ツアーの添乗員、バスガイドはかなりモテると言われて...

2019年07月24日, 出会い

海上自衛官・海上保安官と出会う方法5選

映画やドラマの影響もあって海上自衛官や海上保安官は...

2019年07月23日, 出会い

干物女の特徴やモテる理由を紹介!干物女のどこが可愛いの?

干物女といえば、恋愛を全く普段から意識せず、どこか...

2019年08月27日, 出会い